google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

Aliexpress から不良品が届いたので Open dispute して返金してもらった

この記事は電子工作ネタでは無いし、長いので興味のある方だけお読みください。

◆まえがき
前の記事の画面割れのタブレットの修理では、修理用の液晶パネルを Aliexpress から買いました。しかし、これがとんでもない業者に当たってしまって、2度送ってもらったのに全部使えないパネルでした。結局その業者には見切りを付け、別の業者からパネルを買って修理を完了することが出来ました。

この記事では、最初の業者とのやり取り。さらには、Open Dispute して Aliexpress を巻き込んだ紛争までエスカレーションさせて代金を回収した手続きの内容について、順番に紹介したいと思います。Aliexpress で買い物していると一定の確率で不良品に当たると思うので、どなたかの参考になれば幸いです。

◆最初のパネルの購入
買ったのはHUAWEI のタブレットのMediaPad M3 Lite 8 用の液晶パネル。Aliexpress で検索してこのパネルの販売数が一番多く、かつ値段も安かった業者に注文しました。ちなみに値段は $23 (送料込み)でした。(7月4日発注)

▼最初に届いたパネル (7月16日受領)
最初の商品
うん、8インチ用のパネルが届いた、割れも無くなく無事に届いて良かった。と思いながら修理対象のタブレットにあてがってみると、、サイズが少し違います。MediaPad M3 には指紋センサーが付いていてそのための長円穴があるのですが、その形も明らかに違っています。

▼表示ラベルが T3 となっている orz
1回目、型格違い
これ、MediaPad T3 用の液晶パネルです。互換性は無いので全く使えません。

ちなみに送られてきた商品の型格の表示は、現物に貼られているこのラベルだけです。静電気防止袋に入れて、ラップでぐるぐる巻きにされ、それが段ボール箱に入り、最後はおなじみのゴミ袋に入っているのですが、そのどこにも商品の型格を特定出来る表示はありません。これでは作業中にちょっと離席しただけでも、送り先を間違えてしまうでしょう。

少し話が飛びますが、ISO9001では製品の識別やトレーサビリティがきっちり確保されていることを要求されます。そんなこと当たり前でしょ、と日本の感覚なら思うのですが、こんなふうに何も考えていない業者もいるので、うるさく言わないとダメなんですね。

◆最初(1件目のオーダー)へのクレーム
で、早速セラーにクレームを入れました。Aliexpress の contact seller からショートメッセージで連絡を取ることが出来ます。なお、PC の IE11ではcontact のページにうまく入れなかったので、ブラウザは chrom を使いました。

私:間違った物が届いたんだけど、どうすればいい?
 セラー:送料として6ドルをPayPal で送るから、それで物を送り返してください。届いたら代わりの商品を送ります。
私:PayPal のビジネスアカウントを持ってないから、お金を受け取れないです。それに余分なアカウントは作りたくないです。あと、物の往復を待ってたら時間がどんどん経っちゃう。現物の返却は無しで、新しいのを送ってくれない?
 セラー:じゃ、$6 払ったら新しいのを送る。
私:どうやるの?
 セラー:一旦新しいオーダー入れ、支払い前の状態にして止めておいてください。そのオーダーをディスカウントして値段を $6 に変える。
私:なるほど、それで行きましょう。

てなやり取りがあって、めでたく $6 で新しいパネルを送ってくれることになりました。(7月22日発注)

なお、支払いをクレジットカードにしていると、発注のタイミングで即時支払いされてしまうので、ディスカウントを受けるタイミングがありません。そこで、一旦別の支払い方法を指定しておいてそのまま待ち、ディスカウントされたことを確認してから支払いを行いました。

6 ドル余分に支払うことになりますが、それでちゃんとした物が届くならまあいいかと思いました。後で考えると、この時点で Open Dispute して全額返金を要求した方が良かったのかも知れません。

ともかく良い経験だったと思って 2 回目の商品の到着を待ちました。

◆2回目の商品到着 (8月3日受領)
二回目の商品到着

▼ラベルは合っている
二回目の商品、タブレット名は合っている
ちゃんと MediaPad M3 用になっています。早速組み込んで動作テストすると、、

▼内部のガラスが割れているじゃん orz
2回目、液晶ガラス割れ
表面のガラスは割れていませんが、内部のガラス(たぶん液晶表面)にクラックが入っていて表示がめちゃくちゃです。

これは流石に頭に来ました。1ケ月の時間と 合計 $29 が無駄になってます。

もうこのセラーは信用できないので別のセラーにパネルを発注しました。さらに、これまでの 2 回のオーダーの返金を求めるべくセラーにコンタクト

◆セラーとのコンタクト
私:届いたけどパネル内部の液晶ガラスが割れてて使い物にならないよ。
 セラー:え、証拠に動画を送って。
私:送ったよ。
 セラー:ごめん、すぐに送り直す。
私:もう他の所に頼んだから送らなくてもいいです。Open Dispute の手続きに入るよ。

▼セラーとのやり取りの画面 (以降の画面のスクリーンショットは、クリックで別窓に拡大)
業者とのメッセージ
最初のクレームからこんな調子で何度もやり取りしてます。あらためて数えてみると、こちらからの文章の書き込みが22回で、写真は6枚送っています(これ以外に先方のメールアドレス宛ての動画が1件)。なお、オーダーは別でもセラーが同じなら同じフローでコンタクト出来ました。

◆Open Dispute 開始 (8月6日)
これ以上セラーと交渉しても無駄なので、Aliexpress を巻き込んで Open Dispute を開始することにしました。なお、Open Disputeはオーダー毎にやらないといけないので、2つのオーダーそれぞれに Open Dispute を開始しました。

どちらも現物の返却無しで、代金全額の返金を求めた内容で起案しました。まあ稟議書みたいなものです。

必要な項目を選択して、簡単な説明文を書きます。面倒なのは写真と動画の準備ですが、私はブロガーなのでそのあたりは慣れてます。写真は3枚までなので、効率的に説明できるように画面内に注釈を書き込みました。動画のサイズの上限は確か500MBまでしたが、150MBくらいのファイルを送り込みました。なお、1回目のオーダーのOpen Dispute は動画無しで済ませました。

ネットを読むと、「Open Dispute の写真にセラーとコンタクトした画面のスクリーンショットを入れる」 と書かれていることがあります。そんなものは Aliexpress の中の人には見えるはずなので、このスクリーンショットは不要ではないかと思います。写真は3枚までなので、そんなことに1枚使うのはもったいないです。

◆Open Dispute の途中経過(コンタクトでの裏交渉)
1件目のオーダーは、
 セラー:$23 の全額を PayPal で返金するので Open Dispute を取り下げて貰えない?
私:PayPal でお金を受け取れるアカウントを持ってないです。じゃ、不便かけるので $18 の返金に下げるけどどう?
 セラー:その条件でOK。もしできるなら、dispute の理由を、「この商品が不要になった」に変えてもらえない?
私:うーん、、了解。

▼1 件目のオーダーの Open dispute
最初の商品のオープン紛争
結局 $23 の支払いに対し、$18 の返金で決着。商品の返却無し。(8月8日合意)

▼2 件目のオーダーの Open Dispute
二回目の商品のオープン紛争
こっちは、Open Dispute を開始したら、すぐにセラーが条件を受け入れました。つまり全額 ($6) 返金で、商品の返却無し。(8月6日合意)

Open dispute は4日以内に解決(合意)しない場合は Aliexpress による裁定が行われますが、今回は裁定の前に合意しています。

◆返金手続き
Open dispute の決着から数日後に、Aliexpress から refund が行われたことが下記の画面で確認出来ました。
▼最初のオーダーの refund (8月13日完了)
1回目の商品の返金

▼2回目のオーダーの refund (8月13日完了)
2回目の商品の返金

これで全部片付きました、やれやれです。

◆まとめ
文中にも書きましたが、中華なセラーの商品管理はいい加減です。Aliexpress のページに立派なオフィスの写真が入ってたりしますが、本当にそんなところで商売をやっているのか怪しいです。

でも、後で手配に使った別の業者は、現品に商品名と仕向け先(私)が特定できるような紙が入っていたりして、それなりに管理している感じです。但し、こっちは同じ物でも値段が $23 から $28 に上がります。

ちなみに、現物のマーキングなどを見ると、後でオーダーした業者から送られてきたものは、ダメな業者から来たものと同じでした。つまり、作っているところは同じではないかと思います。

セラーは返金の時にPayPalを使いたがります。これは返金ルートに Aliexpress が入ると手数料を取られたり、悪い評価が付けられたりするのではないかと思います。私はこれまで PayPal からの入金ルートを持っていなかったのですが、今後も Aliexpress から買い物をするので、PayPal からの入金ルートを作っておくのも悪くないかなと思い始めています。PayPal 経由でお金を受け取るためには、ビジネスアカウントもしくはプレミアムアカウントが必要なので、手続きしておこうかと思います。

Aliexpress への返品についてネットでいろいろな情報が書かれています。その中には、「Aliexpress で返品する時の送料は購入者負担」と書かれているページがあったりします。
これって、商品としては問題無いけど、例えば色が気に入らなかった、という場合に適用されるルールではないかと思います。何でもかんでも返品送料は購入者負担だったら、 「いい加減な物を送り付けておいて泣き寝入りする人を期待する」 なんて商法も成立しちゃいます。いくら何でもこれは無いと思うのですが、甘いかな、、

この経験をしてから、Aliexpress から届いた物を開封する時はビデオを撮るようにしています。ビデオがあれば、何か問題があった時に、それが間違いなく Aliexpress から受け取ったものであることを証明出来ます。つまり、Open Dispute になった時の有力な証拠になるはずです。

8インチタブレット, HUAWEI MediaPad M3 Lite8 (LTE) の液晶パネル交換

◆まえがき
これまで使ってきたタブレットの Nexus7(2013) もそろそろあちこちが限界なので、新しい物が欲しくなりました。

とは言っても新品を買うのでは無く、液晶割れの物をヤフオクで安く落とし、液晶パネルを修理する作戦です。ちなみに今使っている Nexus7 (2013) も同じことやってます

◆機種選定
8インチクラスの Android のタブレットが欲しいのですが、最近はこのサイズはあまり売られていようで選択肢は少なかったです。結局手に入れたのは、MediPad M3 Lite8 (LTE) です(RAM 3MB, ストレージ32 MB)。これ最近何かと話題になっているHUAWEI 製で2017年頃に販売開始になった物です。まあ、発売済の物がいきなり使えなくなることは無いだろうし、最新の製品でなくても私は気にしません。それにタブレットって消耗品なので、私にはこれで充分です。

▼手に入れた MediaPad M3 Lite8
画面割れのMediaPa M3 Lite8
激しく画面が割れていますが、これでも画面は正常だし、タッチパネルの問題はありません。なお落札価格は約4000円でした。

Aliexpress から交換用のパネルを入手して修理開始です。

▼交換用に入手したパネル
修理のために入手したパネル(ゴミ含む)
いろいろパネルがあって、苦難の道だっとことを物語っています。使ったのは右上のパネルで、Aliexpress で 28$ でした

左上は、電源入れてみたら内部の液晶のガラスが割れていた物。上段中央は、届いたものの全然別の機種用のパネルだったものです。これらは Aliexpress で Open Dispute して代金を取り返したのですが、その話はまた別途。

下段は最終修理直前のタブレットで、修理のために液晶を取り外した過程で、ガラスが破損して無残な姿になっています。こんなになってもちゃんと動くんだから、たいしたものです。

以下、修理の過程を写真多めで紹介して行きます。

▼分解準備
ガラスの飛散防止のために、新聞紙で作った受け皿の上で作業
修理のためには前面ガラス(と液晶)を本体から外さないといけないのですが、その過程でガラスが割れる可能性があります。割れたガラスが飛散すると後始末が厄介になるので、新聞紙で作った簡単なトレーの中で作業しました。なお、当然ですが、電源は OFF にしておきます。

▼徐々にガラスを浮かせていく
少しづつガラスを浮かせていく
吸盤で引っ張りってガラスの縁を浮かせ、そこに PET樹脂 の薄板を潜り込ませ、ガラスを少しずつ浮かしていきました。なお、ガラスは本体のアルミ枠に両面テープで接着されているだけです。

シリンジに入れたエタノールを隙間にたらして、両面テープの糊を緩めながら作業を行うとうまく剥がれて行きました。ただ、エタノールが液晶パネル内に染み込むと明るさムラを発生させるようなので、もしパネルを再利用するつもりなら、エタノールは使わない方が良さそうです。他にはドライヤーで温めて両面テープを柔らかくする手もあるそうですが、手加減が難しそうです。

▼剥がれてきた
あと少し

▼二枚降ろし完了
液晶パネルの分離完了

▼パネルの接続フレキコネクタの止めネジを外す
フレキコネクタの押さえねじ

▼HUAWEI MediaPad M3 Lite8 LTE モデルの内部 (クリックで別窓にもう少し大きな写真)
Media Pad M3 Lite8 の内部
本体の基板は意外と小さいです。部品の表面がシールド板などでおおわれているので、どこで何をやっているのか判らなかったです。あちこちに指紋が付いているのが気になりますが、中華な製品ではよくあることです。でも、売り物を扱っているんだから手袋くらいしろよな。

▼液晶コネクタと指紋センサー付近
コネクタまわり
導電テープ?やポリイミドテープで補強されているので剥がします。なお、これらのテープは再使用するので、丁寧に剥がして保管しておきます。

▼指紋センサーの押さえ金具を剥がす
指紋センサーの押さえ金具を外す
指紋センサーは新しいパネルには付いてこないので、古いパネルから取り外す必要があります。このセンサーの押さえ金具は接着で固定されているので、カッターの刃を喰い込ませて慎重に剥がしました。押さえ金具を外せばセンサー本体は簡単に外せます。

▼ポリイミドテープを剥がす
ケーブル押さえテープ
これは指紋センサーの押さえ金具を外した状態で、指紋センサーのケーブルを固定しているポリイミドテープを剥がしているところです。コネクタを押さえているテープを外したら、フレキコネクタのロックレバーをリリースしてコネクタを抜けば、各部品が分離できます。

▼分解で取り外した部品
取り外した部品
下に見えるのは、新旧の液晶パネルです。なお、この写真を撮った時点では不良パネルだとは知りませんでした。

この後の仮配線で、新しく買った液晶パネルが不良品であることが判ったので、パネルの再発注を行い、続きは約2週間後に再開しました。

新しいパネルを仮配線して動作確認を行い、問題無さそうだったので作業の続きを再開しました。

▼新しいパネルに指紋センサーを接着
指紋センサーを接着中
2液のエポキシ接着剤で指紋センサーの固定金具を表面のガラスに接着します(緑矢印部)。この写真はエポキシが硬化するまでクリップで固定している様子です。

次に液晶パネルを両面テープで接着しますが、その準備として、

▼ストライプ状の両面テープ作り
両面テープをストライプ加工
剥離紙付きの両面テープシートが液晶パネルに同梱されていたので、これを切って幅 1mm くらいの両面テープを何本か作りました。ハサミで切っても良いのですが、真っ直ぐ着る自信が無かったので、ガラス板の上で金属製の定規をガイドに使ってカッターで切って作りました。

▼本体に両面テープを貼る (クリックで別窓に拡大)
両面テープのストライプを本体の合わせ面に貼る
本体側のガラスの受け面にストライプ状に加工した両面テープを貼り付けます(赤色矢印部)。面積の広い所でも、べったりとテープは貼るのでは無く、ストライプ状のテープを貼っておきした。こうしておけば、万一剥がすようなことになっても、その作業が楽になるはずです。フロントカメラ部にはゴム製のリングが貼られているので、これも両面テープで貼っておきます(緑色矢印部)。

ここまでやったら、両面テープの剥離紙を剥がす前に、本体と液晶パネルを合わせてみて、無理なく入ることを確認した方が良いです。また、電源を入れて正常に動作することも確認しておきます。

問題が無ければ、いよいよ接着です。

▼両者を結合、接着
吸盤を使って本体に位置合わせ
両面テープの剥離紙を全部剥がし、パネルを接着します。変な位置に接着されると困るので、吸盤を2個使ってパネルを持ちながら、慎重に位置合わせしました。まあ、落とし込み構造になっているので、中途半端にズレることはありません。

▼完成
修理完了して動作確認、OK!

▼タブレットケースに入れる
タブレットケースに入れた
このケースはAliexpressで $4.4 で買ったものですが、裏側は透明な PU 樹脂になっていて、全体の厚さは 11mm と薄いので具合が良いです。探し方が悪いのかも知れませんが、アマゾンを含んで国内でこういう物は見つからなかったです。

◆まとめ
これで数年はしのげると思います。このタブレット (MediaPad M3 Lite8) は中級よりやや下のクラスだと思いますが、動作はそこそこ軽く、Nexus7 と比べると画面も大きいので、一度使うともう戻れません。

Nexus7と比較するとGPSの性能がすごく良くなっていて、衛星捕捉までの時間が短くなり、位置精度も上がっています。Yahooカーナビで使うことが多いのでこの点も助かります。

ドライブレコーダーの発生ノイズ調査

◆まえがき
先月に中華なドライブレコーダーの電源アダプタのノイズ対策を行いましたが、どうも効果は不完全だったようで、地デジへの妨害がまだ残っています。

次の対策として電源ケーブルのシールドケーブル化を考えていたのですが、前の記事への 丸かさん のコメントを読むと、電源ケーブルが犯人では無さそうな感じです。このあたりをもう少しはっきりさせてから、次の対策を打った方が良さそうです。

◆モバイルバッテリーを使って調査
そんなことで、簡単に出来る調査ということで、モバイルバッテリーを使ってドラレコを動かし、地デジへの妨害(フルセグからワンセグに切り替わる)の様子を調べてみました。ここで使うモバイルバッテリーは日本の信頼出来るメーカーの製品で、以前ノイズの測定を行ったことがありますが、ほとんどノイズが出ない物を使いました。(BUFFAROの5200mAhのモバブです)

▼ドラレコをモバイルバッテリーで動かす
ドラレコを別配線のモバイルバッテリーで動かす
ドラレコに接続されている線を全部外し、モバイルバッテリーだけで動かしてみました。なお、テストするのは電波が弱くて、地デジがワンセグに切り替わってしまう場所で行います。なお、モバイルバッテリーからドラレコへの電源供給はmini-USBのケーブルを使いました。

こうすれば電源ケーブルがフロントガラスの上辺を通過しなくなるので、地デジへの妨害は無くなると思ったのですが、、状況は改善しませんでした。つまり地デジへの妨害は無くなりませんでした。

うーん、ということはドラレコの電源ケーブルが犯人ではなかったことになります。更に確認のためにドラレコをフロントガラスから外して手元に置いてみます。

▼ドラレコをフロントガラスから取り外す
ドラレコを手元に置いてモバイルバッテリーで動かす
同時にUSBの電源線もいっぱいに巻き取って長さを最小限にします。

この状態にしても地デジへの妨害は無くなりませんでした。念のためにモバイルバッテリーの電源を切ると、地デジへの妨害は無くなったフルセグで受信出来るようになりました。いろいろやってみると、ドラレコ本体が車内にあれば地デジへ妨害が入りました。

◆この結果から言えること
どうもドラレコの本体からノイズが出ていて、それが地デジの電波に妨害を与えているようです。

ドラレコでは動画の圧縮と記録を行っているので、内部には高速デジタル信号がいっぱいあり、これが漏れていると考えられます。ちゃんとした製品なら、問題にならないレベルになるように設計、対策が行われているのですが、このあたりがいい加減に作られているみたいです。

対策としては、ドラレコを分解してシールドの強化をやるしかないと思いますが、うまくいくかどうかはやってみないと判らないです。イメージとしては、ケースの内側に銅箔テープを貼ってシールドとし、これを回路のアースに接続すると効果があるはずです。また、液晶はケースをきちんとアースに落とす。それが無理なら銅箔テープを貼ってシールドすると良さそうです。

まあそうは言っても、内部にそういう対策を行うスペースがあるかどうか、それにケースの開け方も判りません。そんなことで本件の対策は一旦保留にしたいと思います。

あと、本体からの輻射ノイズを見るのに、スペアナがあると便利だと思いますが、持ってないんですよね。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード