google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

キラウエア火山の噴火(2018年)状況、8月14日時点

 前回の記事(6月26日)からだいぶ間が空いてしまいましたが、キラウエアの噴火というか、LERZ (lower East Rift Zone) の溶岩流出の状況をまとめておきます。なお、日時は現地時間、またこの記事の写真やマップはUSGS(U.S. Geological Survey)のサイトに掲載されたものです。

 前の記事の時点で、亀裂火口8 (F8) からの溶岩でカポホの町が飲み込まれてしまいました。でも町の北東部に10軒くらいの家屋が無事に残っていました。残っているとは言っても、町の大半が失われたので、電気や水などのインフラ復旧は難しく、たとえ溶岩の危険が無くなっても、再び住むことはすぐには出来ないだろうな、とその時点では思っていました。

 その後もF8からの溶岩の流出が続きます。

▼F8と溶岩流
F8の溶岩流
 中央やや右がF8で、そこから溶岩が流れ出しています。はるか遠く、地平線の右付近の水蒸気が、溶岩が海に落ちている場所です。

 溶岩流はカポホの町(があった場所)の南側に流れ、大きな溶岩デルタを作りつつ海へ落ちて行く、という状態がしばらく続いていました。ところが、突然溶岩が北側にも範囲を拡大し始めて、かろうじて残っていた10軒くらいの家を飲み込んでしまいました。これでカポホの町は完全に消滅してしまいました。

 やれやれ、これでようやく建物の被害発生が終わったか、と思っていたら。その翌日に、カポホクレーターの北側を廻り込んで流れていた溶岩の流れが変わり、カポホクレーターの手前で右に曲がって流れるようになりました。これはまずいです、この方角には学校とアハラヌイ パークがあります。どうも人間社会の被害が最大になるように、溶岩流れがコントロールされているみたいで、悪魔が背後で手引きしているのではないか、とさえ思いました。

▼溶岩のマップ(7月9日)
7月9日
 北側に拡大し、残った家を飲み込みつつ、南側への拡大が始まっています。

 この後溶岩はあっという間にアハラヌイ地区の学校を含む建物と、温泉の沸く天然プールを飲み込んでしまいました。その後は、南側にゆっくりと広がっていきます。

▼溶岩マップ(8月14日)
溶岩の流出範囲
 これが現時点の最新のマップです。アイザック ヘイル パークの船着き場まで溶岩が到達するかどうかが一番の懸念事項でしたが、幸いぎりぎりで止まったようです。(現時点)

 しかし、脅威は溶岩流だけではありませんでした。

▼アイザックヘールパークのボートランプ
アイザックヘールのボートランプ
 ここは小さな港になっていて、防波堤の内側にはボートを海に降ろすためのランプ(坂)があるのですが、その先の海面がブラックサンドでふさがれてしまいました。

 ここより北東側に数キロの範囲で溶岩が海に落ちました。溶岩は砕けてブラックサンドが生成され、それが貿易風で流されて来たのでしょう。膨大な量のブラックサンドがあるので、いずれこの湾全体が砂で埋め尽くされてしまって、ボートランプを復旧させるのは難しくなるかも知れません。この港が失われると、このあたりの海岸に行くには、ヒロから出航することになり、かなりつらい航海になりそうです。

▼F8の現在の姿
F8
 溶岩の噴出は止まって、中心に小さな溶岩の池があります。溶岩池は細長で、その長辺は割れ目 (Rift) の方向を向いているのが注目されます。確かに割れ目地帯なんですね。

▼キラウエア山頂
キラウエア山頂の陥没
 ハレマウマウ火口の陥没は広がり、キラウエアカルデラ底面の30%くらいの範囲まで拡大しています。左上の白煙は、山火事に伴う煙だそうです。

 ちなみに、山頂付近の地震頻度には周期性があり、だんだん地震の頻度が上がった後で、ドカンとM5.2くらいの大地震が発生して噴煙が上がる。その後は地震の発生頻度が下がる、ということが7月末くらいまで続いていました。この現象の周期は約1日で繰り返されていて、最後の大きな地震が発生すると、F8からの溶岩流出が増えるという不思議な現象が発生してました。
 50kmも離れた場所で起きる事象が、同期しているということは、その寸法相当のメカニズムが背後にあるはずで、自然現象の巨大さを思い知らされます。
 ちなみに山頂付近の地震は現在は少なくなっており、LERZでの溶岩の流出の停止と整合的です。

▼時系列な整理
・7月 9日:カポホの町の北に残されていた家屋が溶岩に埋まる。
・7月10日:溶岩の流路が変わり、カポホクレーターの手前で右に曲がるようになった。
・7月12日:溶岩流がアハラヌイパークに達する。(学校と温泉プールが失われる)
       その後溶岩の覆域は徐々に南に向かう。
・7月18日:遊覧船に溶岩が直撃し、重軽傷者が出る。
・8月 5日:F8からの溶岩流出が止まる。但し、流路に残っている溶岩の海へ流入は続く。

◆溶岩流の方向と風向き
 今回のF8から出た溶岩はまずは北に向かいました。一番の理由は地面の傾斜した方向でしょうが、もう一つの要因として風の影響があります。このあたりは北東からの貿易風が常に吹いていますが、その結果、火口からの噴出物は南西側に多く堆積することになります。つまり、風上側の火口丘の方が高さの方が低くなる訳で、溶岩はそちらの方向(北東側)に流れ出しやすくなるはずです。

▼付近のクレーターの形状
溶岩の流出方向
 これは付近の地形図です。右上の大きなクレーターはカポホクレーターです。、クレーターのフチが欠けている方向に赤矢印を記入してみましたが、ほとんどのクレーターの欠損部は北東を向いています。
 ずっと昔から同じ方向に風は吹いていたということなんでしょうか。あるいは、単に地形的な要因なのか、興味深いところです。

◆まとめ
 めったにない現象をほぼリアルタイムで知ることが出来て、良い経験でした。USGSは良い仕事をしています。

 とりあえず現在は小康状態で、この状態がいつまで続くか判りません。キラウエアはずっと活発な活動を続けてきたので、溶岩の噴出や、山頂の大規模噴火などは、将来必ず起こるはずです。いつどんなことが起きるかを予測することは難しいと思いますが、少なくとも今起こっている現象を出来るだけ正確に記録しておくことは、未来の人類に対する現在の人間の義務なんだろうと思います。

キャノンのコンデジS110のレンズエラー(再発、再修理)

 約一ヶ月前に修理したばかりのコンデジのS110がまた壊れたので、再修理しました。

▼キャノンのコンデジ、PowerShot S110
Canon PowerShot S110
 症状は前回と同じレンズエラーです。前回の修理には中華な部品を使ったので、その品質の悪さが現われたか、もしくは新たな故障モードの発生かは判りません。もう新しいのを買えばいいのですが、いざ探すとなると面倒です。それに、このカメラはサイズの割には高性能のようで、評価が高いようです。

 そんなことで、直るかどうかわからないですが分解してみることにしました。とにかく、手順は判っています。

 レンズユニットを取り外し、その状態で絞りユニットのコネクタから導通を当たってみます。なお、レンズユニットを分解すると、元に戻すのが大変なので、この状態で不良個所の絞り込みが出来ると作業量が減ります。

▼レンズユニットの状態で絞りコネクタをチェック
レンズユニットの状態で絞りのコネクタをチェック
 左から画面中央に延びているのが、絞りユニットのコネクタです。なお、ONと書いてある部品は単に高さ合わせのために使ったもので、特に意味はありません。Arduinoを使って絞りユニットを単独で動かしてみたことがあるので、このコネクタのピンアサインは判っています。

▼絞りユニットのコネクタ
絞りユニットのコネクタ
 フレキコネクタです。ピン番号をこの写真のように定義したとしたら、

▼絞りユニットの回路図
絞りユニットの回路図
 こういう接続になっています。

 テスターで導通を当たってみると、LEDの導通がありません。どうもここの配線が切れているようです。なお、フォトトランジスタが健全であるかどうかは、この状態では確かめる術がありません。

 ということで、結局はレンズユニットを分解して絞りユニットを取り出すことになりました。

▼絞りユニット
絞り原点センサーを調べる
 絞りユニットに接着されている原点センサー(反射型フォトインタラプタ)を外した状態です。

▼原点センサー拡大
反射型フォトセンサー
 右側がLEDで左側はフォトトランジスタだと思います。LEDのアノード(A)とフォトトラのコレクタ(C)とエミッタ(E)の端子のはんだの色が悪くて、接合品質が怪しい感じです。

 この状態で顕微鏡で見ながらフォトトランジスタの抵抗をテスターで当たると、照明の明るさにに応じて抵抗が変わるので、素子としては生きているようです。なお、コレクタ側にプラスの電圧が加わるようにプロービングします。

 とにかく、この部品のはんだ付けが故障原因と判断し、はんだコテを使って再はんだ付けして修理しました。

 全部組み直して、直ったかと思ったのですが、、ダメです。どうもフレキのケーブルも断線しているようです。

 そんなことで、フレキを新しい物に交換することにしました。最初の修理の時についでにフレキも買っておいてよかったです。

▼交換用のフレキ
絞りユニットとフレキ
 以前の記事の写真の使いまわしですが、下の二本が交換用に買っておいたフレキです。(上は最初の修理で組み込んで、今回故障した絞りユニットです。

 ここで最大の難関は、光センサーを取り外して新しいフレキに打ち直すことですが、なんとか出来ました。すみません、作業に集中していたので写真を撮り忘れました。

 なお、光センサーは接着して固定する必要がありますが、グルーガン用のグルーをごく少量切り取って、対象位置に載せ、温度を下げたはんだコテで溶かして接着しました。こうすると、変なガスが出ず、再分解も可能な接着が出来ます。

▼ステッピングモーターへの配線
絞りモーターへの配線
 新しいフレキをはんだ付けしたところです。 

▼レンズユニット組み立て中
組み立て中
 よく見たら、この写真の状態は間違いで、左のスリーブ状の部品のスリットにフレキのケーブルを通さないといけません。

▼組み上げ中
組み立て中
 作業中はレンズの前玉に指が触れて汚れるので、紙をテープで貼って保護しておくと安全です。

 もう一度全部組み上げて、動作確認するとOKとなり、修理完了となりました。やれやれ。

◆まとめ
 もうダメかと思ったのですが、分解・組み立ての手順は判っているのでやってみたら、修理に成功しました。とは言っても、最初の分解・組み立てでは直らず、フレキのケーブルまで交換した二回目の分解・組み立てで修理に成功しました。

 メカ的な摺動部にはシリコングリスを少量塗って、フリクションの低減を図りましたが、こんなことやってもよかったのか判りません。あと、メカをいじるとどうしても指に油が付くので、フレキの差し込み前に、指を石鹸でよく洗ってから作業を行いました。

 前回の修理後1ケ月も経たないで、交換した部品が故障した訳で、修理用の中華な部品の品質はあまり良くないのかも知れません。そんなことで、重要な撮影には危なくて持って行けない、というか常に代替手段を用意する必要があります。まあスマホを必ず持ち歩いているので、常に保険はかかっています。

 あと、このブログの写真や動画のほとんどはこのカメラで撮っているので、使い慣れた道具が復活して嬉しいです。

MFT2018の秋月のブースで買った「Makerお楽しみ袋」を開封

 MFT2018へ行った時に秋月電子のブースで買った、「Makerお楽しみ袋」を開封して何が入っているか確認して、使えそうな物をパーツボックスへ入れました。

 なお、このお楽しみ袋は1000円で、正月に秋月の店頭で売っている物と同じ感じような物だと思います。でもお正月に秋葉原まで行く余裕は無いので、MFTの会場で買えたのは嬉しいです。

▼Makerお楽しみ袋
秋月のMFT2018お楽しみ袋
 先に重さを測れば良かったのです、測り忘れました。中身を取り出した後で袋の寸法を測ると、20x30cmあって、かなり大きなサイズです。ともかくこの袋がパンパンになるまで部品が詰め込まれています。袋によって中身は違うようですが、大きなACアダプタが入っている物は、お買い得感が下がる気がしたのでやめときました。とは言っても、この袋は大きな蛍光表示管が見えていますが、これ私は使わないのでちょっと失敗したかも、という感じです。

▼中身を出す
中身を机にぶちまけた
 作業机の上に中身をぶちまけたところです。えらい量の部品が入っています。

▼部分拡大
拡大
 これを整理するのは大変ですが、何が入っているか判らないので、この作業嫌いじゃありません。それに電子パーツの目利きのトレーニングになります。
 やってて厄介なのはマウンターのテープに入った部品で、短縮マーキングされていたり、チップコンなどはマーキング自体が無かったりします。ということで、LCRメーターやテスターなど使って中身の確認を行って行きます。

▼整理完了
分類・整理
 同じ部品をまとめ、袋に入れて整理した状態です。なお、ピンヘッダーやコネクタなどは、整理中に部品箱へ放り込んで行ったので、これが全部ではありません。

 どんなものが入っていたか、美味しそうな物を書き出すと、
1) 2SK656(TO-92、入力抵抗付き)  400個
2) 0.01μFチップセラコン (テープ入り) 20個入り x 8本 = 160個
3) 2.8μFチップセラコン (テープ入り) 30個入り x 7本 = 210個
4) FMMVA06(SMD、NPNトランジスタ、テープ入り) 20個入り×5本=100個
5) SBD(SMD、テープ入り) 25個入り×8本=200個
6) SBD(ラジアル型、60V/2A) 24個
7) 高輝度赤色LED(OS5RAA511P、60mA) 10個袋入り
8) SMD型電解コンデンサ(16V、100μF) 20個

 まだまだあるのですが、数の多いのはこんなところです。ここにあげただけで1000個以上あり、単価はそれぞれ1円以上するので、充分元は取れています。

 1)項はデジトラのFET版と言う感じでしょうか、400個も絶対に使いきれません。2) 3) 項のチップコンについては、他に0.1μFが入っていれば完璧だったのですが、贅沢は言えません。7) 項の赤色LEDは秋月の店頭売りの袋に入っていたので、たぶん型番が古くなったので引っ込めた物でしょう。ちなみにこれの最新版を持っていますが、明るさの違いは感じませんでした。

◆まとめ
 これは良い買い物でした。こういう出し物でイベントを盛り上げてくれる秋月さん、大好きです。ちなみに、売り場の人は私が首からぶら下げていたLEDバッチにすぐ喰い付いてきました。流石は秋月の店員さんです。あと、「これはC基板で作ってます」と伝えると、近くにいた店員さん含めて大うけでした。

 最後に電子パーツの目利きの話ですが、どうにも判らない部品がいくつか残りました。主にマウンターのテープに入ったSMD部品です。まだまだ修行が足らないということでしょう。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード