google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

キラウエア火山の噴火(2018年)状況、8月14日時点

 前回の記事(6月26日)からだいぶ間が空いてしまいましたが、キラウエアの噴火というか、LERZ (lower East Rift Zone) の溶岩流出の状況をまとめておきます。なお、日時は現地時間、またこの記事の写真やマップはUSGS(U.S. Geological Survey)のサイトに掲載されたものです。

 前の記事の時点では、亀裂火口8 (F8) からの溶岩でカポホの町が飲み込まれてしまいました。でも町の北東部にはまだ10軒くらいの家が残っていました。まあ残ってはいても、町の大半が失われたので、電気や水などのインフラ復旧は難しく、たとえ溶岩の危険が無くなっても、再び住むことはすぐには出来ないだろうな、とその時点では思っていました。

 その後もF8からの溶岩の流出が続きます。

▼F8と溶岩流
F8の溶岩流
 中央やや右がF8で、そこから溶岩が流れ出しています。はるか遠く、地平線の右付近の水蒸気が、溶岩が海に落ちている場所です。

 溶岩流はカポホの町(があった場所)の南側に流れ、大きな溶岩デルタを作りつつ海へ落ちて行く、という状態がしばらく続いていました。ところが、突然溶岩が北側にも範囲を拡大し始め、かろうじて残っていた10軒くらいの家を飲み込んでしまいました。これでカポホの町は完全に消滅してしまいました。

 やれやれ、これでようやく建物の被害発生が終わったか、と思っていたら。その翌日に、カポホクレーターの北側を廻り込んでいた溶岩の流れが変わり、カポホクレーターの手前で南に曲がって流れるようになりました。これはまずいです、この方角には学校とアハラヌイ パークがあります。どうも人間社会の被害が最大になるように、溶岩流れがコントロールされているみたいで、悪魔が背後で手引きしているのではないか、とさえ思いました。

▼溶岩のマップ(7月9日)
7月9日
 北側に拡大し、残った家を飲み込みつつ、南側への拡大が始まっています。

 この後溶岩はあっという間にアハラヌイ地区の学校などの建物と、温泉プールを飲み込んでしまいました。その後は、南側にゆっくりと範囲を拡大していきます。

▼溶岩マップ(8月14日)
溶岩の流出範囲
 これが現時点の最新のマップです。アイザック ヘイル パークの船着き場まで溶岩が到達するかどうかが一番の懸念事項でしたが、幸いぎりぎりで止まったようです。(現時点)

 しかし、脅威は溶岩流だけではありませんでした。

▼アイザック ヘイル パークのボートランプ
アイザックヘールのボートランプ
 ここは小さな港になっていて、防波堤の内側にはボートを海に降ろすためのランプ(坂)があるのですが、その先の海面がブラックサンドで塞がれてしまいました。

 ここより北東側に数キロの範囲で溶岩が海に落ちました。溶岩は砕けてブラックサンドが生成され、それが貿易風で流されて来たのでしょう。膨大な量のブラックサンドがあるので、この湾(ポホイキ湾)全体が砂で埋め尽くされてしまって、ボートランプを復旧させるのは難しくなるかも知れません。この港が失われると、このあたりの海に行くには、ヒロから出航することになり、かなりつらい航海になりそうです。

▼F8の現在の姿
F8
 溶岩の噴出は止まって、中心に小さな溶岩の池があります。溶岩池は細長で、その長辺は割れ目 (Rift) の方向を向いているのが注目されます。確かに割れ目地帯なんですね。

▼キラウエア山頂
キラウエア山頂の陥没
 ハレマウマウ火口の陥没は広がり、キラウエアカルデラ底面の30%くらいの範囲まで拡大しています。左上の白煙は、山火事に伴う煙だそうです。

 ちなみに、山頂付近の地震頻度には周期性があり、だんだん地震の頻度が上がった後で、ドカンとM5.2くらいの大地震が発生して噴煙が上がる。その後は地震の発生頻度が下がる、ということが7月末くらいまで続いていました。この現象の周期は約1日で、最後に大きな地震が発生すると、なぜかF8からの溶岩流出が増えるという不思議な現象が続いていました。
 50kmも離れた場所で起きる事象が、同期しているということは、ういうサイズのメカニズムが背後にあるということで、自然現象の巨大さを思い知らされます。
 ちなみに山頂付近の地震は現在は少なくなっており、LERZでの溶岩の流出の停止と整合的です。

▼時系列な整理
・7月 9日:カポホの町の北に残されていた家屋が溶岩に埋まる。
・7月10日:溶岩の流路が変わり、カポホクレーターの手前で右に曲がるようになった。
・7月12日:溶岩流がアハラヌイパークに達する。(学校と温泉プールが失われる)
       その後溶岩の覆域は徐々に南に向かう。
・7月18日:遊覧船に溶岩が直撃し、重軽傷者が出る。
・8月 5日:F8からの溶岩流出が止まる。但し、流路に残っている溶岩の海へ流入は続く。

◆溶岩流の方向と風向き
 今回のF8から出た溶岩はまずは北に向かいました。一番の理由は地面の傾斜した方向でしょうが、もう一つの要因として風の影響があります。このあたりは北東からの貿易風が常に吹いていますが、その結果、火口からの噴出物は南西側に多く堆積することになります。つまり、風上側の火口丘の方が高さの方が低くなる訳で、溶岩はそちらの方向(北東側)に流れ出しやすくなるはずです。

▼付近のクレーターの形状
溶岩の流出方向
 これは付近の地形図です。右上の大きなクレーターはカポホクレーターです。、クレーターのフチが欠けている方向に赤矢印を記入してみましたが、ほとんどのクレーターの欠損部は北東を向いています。
 ずっと昔から同じ方向に風は吹いていたということなんでしょうか。あるいは、単に地形的な要因なのか、興味深いところです。

◆まとめ
 めったにない現象をほぼリアルタイムで知ることが出来て、良い経験でした。USGSは良い仕事をしています。

 とりあえず現在は小康状態で、この状態がいつまで続くか判りません。キラウエアはずっと活発な活動を続けてきたので、溶岩の噴出や、山頂の大規模噴火などは、将来必ず起こるはずです。
 いつどんなことが起きるかを予測することは難しいと思いますが、少なくとも今起こっている現象を出来るだけ正確に記録しておくことは、未来の人類に対する現在の人間の義務なんだろうと思います。

キラウエア火山の噴火(2018年)状況、6月26日時点

 ハワイ島のキラウエア火山の噴火につき、前回の記事以降の状況についてまとめておきます。なお、記載している時刻は現地時刻(HST)です。

▼5月31日、14:00時点の溶岩流の位置
最新マップ
 これは前回の記事の最後に掲載したマップで、Flow Fronts 5/31 12:30PM と書かれているのが溶岩流の先頭位置です。

 青い線が最急勾配ラインなので、流れは北と、東方向の二つの方向に分かれるのではないか、と思っていました。しかし、実際には全ての流れは東に進みました。途中の勾配の緩やかな場所では溶岩の進むスピードが落ちたりしたのですが、着実に東方向に進みました。

 そして、カポホクレーターを過ぎたあたり、つまりR132とR137の交差点 (four corners) で流れは南東方向に曲がり、その先は傾斜が急なのでしょうか、溶岩流は速度を増して海へ向かい、Kapohoの町を飲み込んで、カポホ湾を完全に埋め尽くしてしまいました。
▼カポホ湾に到達した溶岩(6月4日)
6月4日カポホの町
 USGSのウエブより転載。(https://volcanoes.usgs.gov/observatories/hvo/multimedia_uploads/multimediaFile-2170.jpg)

 その後もF8から大量に供給される溶岩流は続き、現在では下図のようになっています。

▼6月26日、10:00時点の溶岩流
6月26日の溶岩流マップ
 Kapohoの町の大部分と、Vacationland Hawaii が完全に溶岩に埋まってしまいました。Google map の航空写真を見ると、被災前の建物の様子を見ることが出来ますが、100軒以上の家や建物が失われています。また、ここは海が綺麗な場所で、”カポホ タイドプール”で検索するとその様子を見ることが出来ますが、今は全て溶岩の下になってしまいました。

 もう一度溶岩流の動きを時系列に振り返ってみます。

・6月1日:21:50時点で溶岩流はカポホクレーターの北東エッジを回り込む。(forur corners の位置)
・6月2日:10:00に溶岩がカポホクレーター内にあるグリーンレイクに流れ込み、15:00には湖は溶岩で満たされた。つまり水が蒸発して無くなった。
・6月3日:溶岩流はカポホの町を進み、7:30時点で海まで430ヤード。
・6月4日:10:30時点で溶岩はカポホ湾に到達
・6月5日:6:30時点でカポホ湾は溶岩で埋め尽くされる
・6月6日:南側の Vacationland地域が溶岩で埋め尽くされる。(この時点でタイドプールが無くなったと思われる)
 
 以降F8からの溶岩流は続き、海への流入ポイントは徐々に南に移動。溶岩の扇状地のような状態になり、海岸線の1.5km以上の幅が溶岩により覆われる状態になっています。

 途中の溶岩流は自然に出来た溶岩の堤防に守られて、流路の位置は安定しているようです。たまに小規模の越流はあるものの、すぐに治まるようです。溶岩は冷えれば固まるので自己修復される仕組みになっているようです。

 溶岩の噴出点となっているF8の周囲には、高さ55mくらいのコーンが出来ています。

◆キラウエア山頂の状況
 上記のような、イーストリフトゾーンの割れ目噴火と溶岩流に目を奪われている間に、キラウエア山頂でも大きな変化が発生していました。それはハレマウマウ火口内の崩落発生です。何が起こっているかを正確に把握するためにはキラウエア山頂の構造(地形)を理解しておく必要があります。

▼キラウエア山頂の地図(図は、https://www.alohakumax.com/bigisland/kilauea.htmlより転載、加工)
キラウエア山頂地図
 これはキラウエア山頂の地図です。灰色で塗られた範囲がキラウエアカルデラで、このサイズは4kmくらいありますが、これをキラウエア火口と呼ぶことがあるので話が混乱します。(ちなみにこの地図もキラウエア火口と書いてあります)

 キラウエアカルデラの中にハレマウマウクレーターがあって、ここはカルデラより一段陥没した地形になっています。さらにハレマウマウクレーターの中にオーバールッククレーターというほぼ円形の穴があり、そこには溶岩湖があります(ありました)。この地図の赤丸が溶岩湖の部分です。

 今回崩落が起きているのは、大雑把にはこの地図で緑色の線で示した範囲です。(正確にはUSGSの資料をご覧ください) つまり、ハレマウマウクレーターの内部で、オーバールッククレーターを含む範囲が陥没しています。なお、赤丸は元の地図に書かれたものものですが、実際の位置間もう少し南西です。緑の線は私が追記したものです。

 ニュースでは単にキラウエアの火口が陥没と報じていて、あたかもカルデラの火口壁を含む広い範囲が崩落した、と思わせるような表現になっていることがあるので困ります。

 なお、ハレマウマウクレーター内の溶岩湖の溶岩は、イーストリフトゾーンの割れ目の方に移動したようで、見えなくなったのですが、更にこの付近の地面が大きく陥没しているので、地底のマグマ溜りが小さくなった、ということではないかと思います。

◆今後の予想など
 F8 からの溶岩の流出がいつまで続くかが一番のポイントだと思います。何しろ、50kmも離れたキラウエア山頂の地形の変化まで関係した、大規模な現象なので、鎮静までには長い期間がかかるような気がします。

 溶岩流が現在の位置のまま変化しなければ、海に落ちて行くだけなので、被災地域はこれ以上拡大しないで済みそうです。それにアメリカの国土が拡大する訳で、嬉しいことなんでしょう。でも、溶岩流の先で固まった溶岩が増えれば、その方向には流れ難くなるはずなので、突然別の方向に流れ始めないとも限りません。これは怖い話だと思います。

キラウエア火山の噴火(2018年)状況、6月1日時点

 ハワイ島のキラウエア火山の山麓で割れ目噴火が発生し、溶岩が流れて住宅地帯に大きな被害が出ています。これ、大事件なはずなのですが、日本ではあまり報道されていません。また、ニュースを見ていると、キラウエアの山頂の噴火(噴煙)と、今回の割れ目噴火が、同じ場所で起きていると思わせるような映像になっていて、状況が正しく伝えられていないような気がします。

 この噴火についてはUSGS(アメリカ地質調査所)から詳細な情報が発表されているので、ほぼリアルタイムで詳しい状況が把握できます。ということで、その情報をここに整理しておきたいと思います。

 ちなみに私、キラウエアの溶岩流には以前から興味があって、昔ハワイに行った時に溶岩が海に落ちる場所を遠くから見たことがあります。

▼2009年に見た溶岩が海に落ちる様子
2009年5月の溶岩
 これは溶岩流の東側の海岸から見たものです。この場所に行く途中で、現在溶岩が噴出しているレイラニ エステーツ(Leilani Estates)の横をハイウエイ130で通過しました。ということで、なんだか他人ごとではない気がしています。なお、溶岩流の位置はどんどん変わっています。

◆キラウエア火山(USGSの資料から転載)
キラウエア火山の位置
 まずは今回の噴火の発生位置を把握しておく必要があります。この図はハワイ島ですが、キラウエア火山はこの図で肌色に塗られた部分です。Summitと書かれた位置が山頂で、ここに大きなカルデラがあり、その中に溶岩湖があります。キアウエアの山頂から上がっている噴煙(噴火)は主にこの溶岩湖から出ています。

 一方で今回溶岩が流出しているのは、この図の黄色の枠の中央付近です。ハワイ島は大きな島で、その面積は四国くらいあるらしいのですが、キラウエア山頂と、今回溶岩が噴出している場所は、40kmくらい離れています。40kmというと、富士山頂から小田原あたりの距離に相当する訳で、それくらい離れた場所で起こっている現象を、あたかも同じ場所で起こっているように報道するのはちょっと無理があると思います。まあどちらも、キラウエア山というくくりでは同じ領域に入るので、間違ってはいませんが。

 なお、両者はイース トリフト ゾーン ( East Rift Zone ) という地質構造で繋がっているので、相互に無関係ではありません。でも、とりあえず今回の溶岩流の話をする場合は、キラウエアの山頂のことは考えないでも良いと思います。ただ、もしキラウエアのカルデラが吹っ飛ぶような大噴火が起きれば、周囲に大きな影響が及ぶので注意が必要なことは言うまでもありません。
 なお、イースト リフト ゾーン のリフト(Rift)は割れ目という意味で、持ち上げるという意味のリフト(Lift) ではありません。

 前置きが長くなりましたが、以下キラウエアに関する情報のページの話です。情報はUSGSのWebサイトからたどれば出てきますが、メニューをたどるのは面倒なので一番使い易いと思われるページを紹介します。

▼USGSのキラウエアの情報ページ
USGS HVO map
 これはUSGSのキラウエアの情報のマップのページで、溶岩流の最新情報が出てきます。(あくまでもこの記事の執筆時点の話です)
 最新情報を収集するには、このページを起点にすると探し易いです。

 このページの左の Current Alerts では最新情報がテキストベースで入手出来ます。これが公式発表ということになると思います。

 Photo Chronology には解説付きの写真や動画が、webcams にはウエブカメラの画像が出てきます。ウエブカメラ画像のうち、地熱発電所(パホア ジオサーマル ベンチャー)の画像からは、#8噴火口(以下F8と表現) を中心とした溶岩の噴出状況が見て取れます。

 これ以外に、youtube などで hawaii lave 等の単語で検索すればニュースなどの情報が出てきます。ただ、USGSの情報の焼き直しのものが多くて、情報の品質としては落ちると思います。

 情報の所在の話はこれくらいにして、今回の噴火の経緯をUSGSの Current Alerts のアーカイブから順に振り返ってみます。

・5月1日以前:特に異常無し。キラウエア山頂の溶岩湖の溶岩がカルデラ内に流出するかどうかが主な関心事。
・5月1日:イースト リフト ゾーンで地震が増加、地殻変動検出。
・5月2日:地震、地殻変動が継続。レイラニ エステーツで数センチの地割れ発見。住民が地鳴りを聞く。マグマがイースト リフト ゾーンに貫入したと考えられる。
・5月3日:10:30HSTにM6.9の地震発生。震源はプウオ山の南。18:30HST頃、レイラニ エステーツで小噴火発生(F1)。
・5月4日:噴火口が3つになる(F1, F2, F3)。プウオ山の溶岩湖から溶岩が無くなり、溶岩流61gへの溶岩の供給が止まる。マップ
・5月5日:レイラニエステーツの噴火口が増える。キラウエア山頂の溶岩湖の液面低下。
・5月6日:F8, F9 出現。 山頂溶岩湖の液面がカルデラ底から220m下まで下がる。
・5月7日:F10, F11。ハイウエイ130 にクラック発生
・5月8日:F13,14 出現。
・5月9日:F15 出現。溶岩湖の液面はマイナス295m マップ
・5月10日:小康状態
・5月12日:F16, F17 出現。
・5月15日:F20 出現。
・5月20日:F20 の溶岩が海へ流入。マップ
 以降省略・・・

 キラウエア山頂の溶岩湖の液面が地下水レベルより下がると、大爆発する可能性が高いらしいのですが、液面高さの情報が途中から出なくなっているので心配です。

▼5月31日HSTのマップ
最新マップ
 5月10日頃に小康状態になった時は、そのまま活動は終息するのかと思ったのですが、その後えらいことになりました。地球観測衛星「だいち2号」の合成開口レーダー(SAR)観察で変形が大きかった部分で大規模噴火が続いている感じです。NASAも同じようなデーターを取得しているはずです。

 現時点ではF8から溶岩流出が続いており、右上の Kapoho の町まで溶岩が到達するかどうかが、一番心配な点だと思います。

 地熱発電所(PGV パホア ジオサーマル ベンチャー)は周囲を溶岩に囲まれた状態になっています。ただ、PGVに設置されているウエブカメラはまだ生きているので、最小限の電力の供給は続いているようです。また、熱水組み上げウエル(井戸)などの中枢部分は被害を免れている感じです。

▼PGVのウエブカメラの現在の画像 (2018/5/31  HST)
PGcam 2018 19:10
 中央の火柱がF8から噴出している溶岩とガスで、溶岩流はカメラの右横を通ってずっと後ろへ流れ、3kmくらい先まで進んでいるはずです。

◆まとめ
 火山の噴火の状況を、こんなふうにほぼリアルタイムで詳しく観察出来る機会はそうそうないでしょうから、地学好きな人間としてはまたと無い機会です。ただ、多くの方が家を失っている中で、こういう記事を書くのは大変申し訳ない気持ちです。

 この資料の最初の方のマップを見れば判りますが、噴火の影響があるのは、ハワイ島の東部の一部地域です。ハワイ島の観光観光地の多くは西海岸にあるので、普通に観光するのに大きな問題は無いと思います。とは言ってもキラウエアの山頂付近は現在は立ち入り禁止になっているはずです。 

 ともかく、まだまだ状況は変化するでしょうから、機会を見て続報の記事を書きたいと思います。

 USGSのサイトの写真は、利用条件を満たした状態で使用しているつもりですが、不備があれば修正します。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード