google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

拡大して見てみよう、イチゴの実と種

 拡大して見てみようのカテゴリの記事はなかなか増えません。そんな中、読者の方から、以前のイチゴの記事へのコメントがあり、「種と思っているのは実。本当の種はその中にあるので、時間があったら中を見てみたらどうでしょう」とういう連絡を頂きました。

 そうなのか、ということでやってみました。

▼食卓に出てきたイチゴ
食卓に出たイチゴ

 とりあえずピンセットで種、いえ「実」を採集。そのまま数日間放置して乾燥。

 それを先ほど実体顕微鏡で観察してみました。

▼実の外観
このイチゴの種のサイズは1.5mmくらい
 背景は1mmのスケールで、実のサイズは1.6mm×0.8mmくらい、
 つまり1608のチップ部品くらい ←この例えはごく一部の方しか判らないか、汗;

 この倍率の写真では判りにくいのですが、乾燥させた影響だかで表面にヒビが入っています

 で、リクエストがあったように、この実をカッターで割ってみると、

▼実の中身
イチゴの種
 殻の中に種が入っていました。殻の内側はツルツルしています。

 ここでは殻と書いていますが、これはじつは果実(果肉?)で正しくは痩果と呼ぶようです。つまり痩せて栄養分が無い果実ということなんでしょう。

▼も一つ、実の中身
イチゴの種の中身
 ピーナッツだか、カシューナッツみたいな感じで栄養価が高そうです。

 縦に二つに割ることが出来そうな構造なので、顕微鏡で見ながらやってみたのですが、ちょっとムリでした。縦に二つに割ることが出来れば、胚芽の部分が見れると思うのでちょっと残念。きちんと固定できれば縦割りが出来るかもしれません。

 実の先端が少し尖っているのですが、その付近は少し茶色がかった色になっています。この写真で左側の殻に近い種の部分なのですが、ちょっと判り難いかも知れません。

▼中身がほとんど無いやつも
殻だけで中身がほとんど無いのもある
 殻だけはしっかりと出来ているのに、中の実が成長していないのもありました。殻付きピーナッツで、外観は普通なのに中身がしょぼいやつがあったりしますが、それと同じ感じなんでしょうか。

 ということで、イチゴの種と思っていた部分は実(果実)で、本当の種はその中にあるということがよく判りました。自然って本当に不思議がいっぱいです。

 あと、最後になりましたが、イチゴの実と種の関係について教えて頂いた mobaradesuさん、ありがとうございました。

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

拡大して見てみよう、ネジバナの種 (タネ)

 ネジバナの記事の続報です。

 ネジバナはあっという間に姿を消してしまいます。これはいったいどうなっているんだろう?と以前から不思議に思っていたので、今年は詳しく観察してみました。

▼花が終わったネジバナ
花の終わったネジバナ

 これを持ち帰って実体顕微鏡で観察してみました。

▼ネジバナのタネのサヤ
種のつまったサヤ
 サヤの中には無数のタネがびっしり。ちょっと叩くと細かいタネが周囲に散乱します。

▼ネジバナのタネ
ネジバナのタネ
 ものすごい量です。

▼ネジバナのタネの山の上を拡大
ネジバナのタネ、大量

▼スケールで寸法測定
ネジバナのタネ、スケール付き拡大
 接眼ミクロメータの上にタネをばらまいてみました。目盛りの間隔は0.1mm(100μm)
 タネのサイズは長さ0.3mm、太さは0.06mmくらいでした。写真にうまく撮れないのですが、直径10μmくらいの透明な繊維が20本くらい長手方向にあり、タネを包んでいます。この繊維の中心付近の内側にタネの本体らしい茶色の部分があります。

 ネジバナのタネは栄養を持たず、成長には特定の菌と共生する過程が必要らしいです。たしかに栄養のような物はこの大きさでは持てないでしょう。

▼タネのサヤの開き方
ナジバナのタネのサヤ
 サヤは3枚の葉(ガク?)で出来ていて、タネが熟すとその間隔が開いてスリットが出来、タネが放出される仕掛けのようです。ただし、そのスリットの中央にはリボン状態の繊維が1本通っており、無節操にタネが飛散するのを防いでいるようです。

▼成長中のタネ
成長中のネジバナのタネ
 三つに分かれた葉から内側に向けてタネが大量に生成されています。葉の間にはリボン状の飛散抑止テープも準備されています。

 ネジバナは、花の開花からタネが出来るまで1ケ月くらいという仕事の早さ。どうもその狙いは、いかにして大量のタネを残すか、という点に絞られているような気がします。

▼大量のタネ
大量に集まったネジバナのタネ
 この写真を撮るのに3本のネジバナを採集しましたが、こんなにタネが落ちてきました。とてつもない数です。上の棒は大きさ比較用に置いた、つまようじです。

 芝生が好きな植物のようなので、このタネは近所の日当たりの良い芝生に蒔いておきたいと思います。

テーマ : 園芸
ジャンル : 趣味・実用

拡大して見てみよう、ネジバナ

 近所の緑地にネジバナが咲く季節になってきました。どんな具合にねじれているのか前から興味があったので調べてみました。ちなみに、右巻きと左巻きがあって、ちょうど二本が逆向きに咲いていたのがこれ。

▼右巻き、左巻きのネジバナ
右巻き、左巻きのネジバナ
 開花した頃は、花が一直線に咲いているのですが、成長するとクキのねじれが少し戻り、その結果花が螺旋状に並ぶようになるようです。(たぶん)

▼ネジバナの花
ネジバナ、屋外
 調べてみると、ラン科の植物だそうです。屋外ではこの程度の拡大が限界なので、家に持ち帰って顕微鏡で見てみました

▼若い花を横から
ネジバナ拡大

▼若い花を正面から
ネジバナの花弁
 なんだかランらしい華やかさがあります。

▼赤い色が濃い個体
色の濃い個体
 実は、花の中にはかなりの確率で小さな虫が入っていました。虫が映るとちょっと気持ち悪いので、引っ込んだタイミングで撮影しています。

▼ネジバナのクキ
クキ
 3本撚りと、という感じでしょうか。植物の常として、拡大すると細かい毛が沢山生えています。

 ネジバナは、最初は真っ直ぐに花が咲き、その後クキがねじれて花がらせん状に並ぶのだと思ってました。しかし、実際にはクキは最初からねじれていて、それがゆるむので花がねじれるという予想外の結果でした。何でも実際に調べてみるものですね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード