google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

パソコンを入れ替え (DELL OptiPlex 7010)

メインで使っているデスクトップパソコンの調子が悪くなってきたので入れ替えました。

以前から少し変な挙動が気になっていたのですが、とうとう「windowsのライセンス認証を行ってください」なんて出るは、IEが立ち上がらなくなったり、他にも動かなくなったプログラムがいろいろあります。最初はWindows Update が何かやらかしたのかと思っていたのですが、調べてみるとHDDが死にかかっていました。たぶん今年の夏の高温がとどめを刺したのでしょう。

HDDのSMARTを見ると黄色く注意の表示が出ています。項目としては、代替セクターカウントが上がっています。

▼HDDのSMART
smart

使用時間が12087時間となっていて、1万時間を超えているので、そろそろお迎えが来てもおかしくない時期です。

ちなみに重篤な状態になった時にSMARTを見ると、リードエラーレートが跳ね上がっていて、健康状態が赤い文字で危険表示になっていました。後で見るとその時の危険表示は出なくなっていましたが、エラーレートのグラフを見ると、

▼エラーレートのグラフ
SMARTのリードエラーレート

直近で指標を示す値が急減し、スレッショルドを超えていた(下回っていた)ことが記録されていました(上のグラフの右端)。

▼外観
HP pavirion

これ、HPのミニタワーマシンの Pavilion P6-2171というBTOマシンで。ヤフオクで店頭展示品の中古を買ったもの。CPUはCore i7 3770 なので今でもそこそこ強力です。

ともかくこれでは危なくて使っていられないので代替機を購入することに。アマゾンで中古のビジネス機を探して買ったのがこれ。

▼DELL OPTIPLEX 7010
DEL OP-7010

作られた時期はこれまで使っていたHPのミニタワーと変わらないと思います。たぶん2013年製。CPUは同じ core i7 3770 でメモリーは16GB、ストレージは480GBのSSDと豪華仕様です。正規のWindows10 64ビットプロフェッショナル版で、Office2016 (Home and Busyness) のライセンスも付いています。たぶんビジネス機の下取りを性能強化して再販している感じでしょう。この内容で4万2000円なら悪くないと思います。

▼裏面
背面

ビジネス機らしく、RS232C のD-sub 9 ピンコネクタがついています。USBコネクタは前後合わせて10個あり、うち4個はUSB3.0でした。

ディスプレイポートは VGA が1つと、DisplayPort が2つあって、トリプルディスプレイが可能な仕様です。とは言ってもチップセット内蔵グラフィックです。ディスプレイの接続コネクタは日本ではHDMIが多いですが、アメリカではDisplayPort の方が主流みたいです。なお、DisplayPortからHDMIやDVIへの変換アダプタはアマゾンで750円くらいで手に入るので大きな問題にはなりません。

▼内部
DEL OP-7010

工具無しで簡単に分解できるようになっていて、とても良く出来ています。SATAのポートが余っていたら、1TBくらいのHDDを増設してデータ保存用に使いたいです。

▼まとめ
これから少しずつ環境を移動させていきます。なお、この記事は新PCで書いています。

あと落ち着いたら、不調になったHPのミニタワーのHDDを入れ替えて修理する予定です。サブマシンがあると、何かあっても慌てないで済みます。それにミニタワーのマシンは、あれこれ増設できるのが魅力です。とは言っても、これ買ってから何も増設していないんですけどね。

AndoroidタブレットからUSBシリアル通信、続編 (FT232RL)

 前回の記事では Prolific のUSBシリアルアダプタを試しました。実は他に、FDTI のアダプタを買ったまま使わないで放置していたので、同じようにタブレットで動くか試してみました。

▼aitendoで買ったUSBシリアルアダプタ (FT232-6P-ISP)
AitendoのFT232-6P-ISP(USBシリアルアダプタ)
 850円が 50% Off で売られていたのでとりあえず買っておいた物です。これ、FTDIのFT232RLが乗っています。

▼USBシリアルアダプタ
USBシリアルアダプタ
 シリアル用の 6ピン コネクタに加え、ISP用の6ピンコネクタが付いています。 スイッチはインターフェイス電圧を5Vと3.3Vに切り替えます。USBのコネクタはmini-USB です。

 ところで、FT232RLのチップなら偽物かどうか気になります。

▼FT232RLのチップ拡大
FT232RL
 私に鑑定眼はありませんが、1ピンマークの窪みのエッジがシャープになっているのは偽物という話を聞いたような気がするので、このチップは偽物でしょう。まあ、この値段で買った人に、パチ物の心配などする資格は無いのですが。

▼普通に使えた
気圧計からのシリアルデーター受信
 Andoroidのタブレット (nexus7) にOTGケーブル経由で接続して、USB Serial Lite のアプリから普通に使えました。この写真は自作のアナログ気圧計からのデーターを読んでいるところです。

▼接続情報 (device descriptions)
Android のデバイス ディスクリプタから見たFT232
 FTDI の FT232 として認識されています。特にドライバとか入れた記憶は無いのでこのタブレットに最初から入っていたのだと思います。

 このアダプタはWindowsでも一度も使ったことが無いので、こちらの動作テストもしてみました。環境は Windows10です。

▼Windows10 のデバイスドライバから確認
デバイスドライバから見たFT232RL
 VID_0403, PID_6001 となっていてちゃんと FTDI社 の FT232 として認識されています。

 ちなみに2014年10月頃のWindows Update で FTDI のドライバが偽物のチップ内部に書かれている PIDを 0x6001 から 0x0000 に書き換えるという破壊活動をやらかして非難を浴びたのですが、その現場を確認出来る場所がここです。もちろん現在ではそんなことはやられていません。

 話を戻して、この後 Windows の TeraTerm を使ってシリアルポートからデーターが正常に読み書きできることを確認して、Windows からの動作確認は完了しました。

 ということで、動作確認が取れたUSBシリアルアダプタが一つ増えました。FTDI のチップでも正常に動くなら使わない手はありません。

 悪乗りしてもう一つ、

▼トラ技2014年3月号付録のARMライタ
トラ技付録のシリアルアダプタ
 これ、ファームを書き換えるとUSBシリアルアダプタになるのですが、提供されていたドライバのPIDの設定が間違っていて、そのままでは動かなかったものです。なお、ドライバを修正することでWindowsから動くようになっています。

 このアダプタが nexus7 で動くかやってみたのですが、流石に動きませんでした。まあそうでしょうね、こんなニッチなデバイスまで面倒見てくれるはずはありません。

◆まとめ
 ということで、ともかくUSBシリアル変換アダプタの手持ちがもう一つ増えました。余分に持っていれば、付けっ放しにしておいたり、そのまま何かに組み込んじゃう、なんてことも出来るので何時か役に立つはずです。

AndroidタブレットからUSBシリアル通信 (PL2303)

 アナログ気圧計作りは一段落して、とりあえず他に作りたい物はありません。こういう時は電子工作の環境整備をやりましょう、ということで、タブレットからシリアル通信を試してみました。

 マイコンを使った電子工作ではシリアル通信は欠かせません。普通は Windows の PCを使うのですが、タブレットでもシリアル通信が出来るようにしておくと、フットワークが良くなって何かと便利になるはずです。ということで、Nexus7 にUSBシリアル通信アプリを入れて動かしてみました。

 どのアプリを使うのがいいのかよく判っていないのですが、とりあえず目に付いた USB Serial Teraminal Lite というアプリを入れてみました。

▼ USB Serial Terminal Lite
Free USB Serial
 アプリインストール完了。もちろん無料アプリです。

 使用したUSBシリアル通信アダプタは Aitendo で500円くらいで買った Prolific のチップが入っています。

▼USBシリアル通信アダプタ
USBシリアル通信アダプタ
 これはいつも使っている物で、Arduino のシリアル書き込み用のケーブルを付けて使っています。なお、基板全体に収縮チューブがかかっているので、インターフェイスチップのマーキングは読めません。

▼アナログ気圧計に接続
Android タブレットでUSBシリアル通信
 作ったばかりのアナログ気圧計にOTGケーブル経由で接続しました。この気圧計は運転データーを常にシリアルに流しています。

▼受信したデーター
シリアル通信データー
 ちゃんとデーターの受信が出来ました。ちなみにカンマ区切りで流れているデーターは先頭から、気圧(hPa)、針の位置(パルス)、針の移動量(パルス)、電源電圧(V)です。

 ということで割とあっさりと通信に成功しました。といっても正しく接続してボーレートなども合わせないといけません。

▼接続情報
Prolific PL2303
 USB device descriptions はこのようになっていて、Prolific の PL2303 として認識されています。VID:1659、PID:8963 は10進表記なので、16進ならVID:0x067B、PID:0x2303 ということになります。
 ちなみに、この画面は nexus7 (2013) V6.0.1 のものですが、nexus7 (2012) V4.4.4 にもインストールしていて同じように動いています。あと、動かすにあたってドライバのようなものは要求されませんでした。OSにデフォルトで入っている、あるいは何かの時に入れたのかも知れません。

◆まとめ
 ということで、タブレットからシリアルデーター通信が出来るようになりました。こういう環境整備を余裕のある時にやっておくと、後できっと良いことがあるに違いありません。

 そういえば aitendo で買ったまま放置しているUSBシリアルアダプタが一つあるのでこれも立ち上げておこうと思います。

【2017/05/04追記】
 このアダプタは Windows10 の Anniversary Update で不具合が生じていた物で、ドライバの差し替えで対策した物です。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード