google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

DSO Shell のファームをバージョンアップ (v113) たぶんこれで最後

 特にやりたい工作も無いので、JYEtech製のミニオシロ、DSO-Shell (DSO-150) のファームのバージョンアップを行いました。これまでにバージョンアップは2回やっています(V054→V055V055→V111)が、最近のJYEtechのDSO Shellのフォーラムを見ていると、ほとんど書き込みが無くなってきて、バグ潰しも終わった、つまり枯れて来た感じです。ということで、ここらで最新版のファームを入れることにしました。

 ちなみにv111のファームは、波形のパラメーター情報の左側が、波形の振幅が小さいと表示されないという問題があります。写真で説明すると以下のような現象です。テスト信号として三角波を入力しています。

▼波形の振幅が4Div. 以下だと一部の情報が表示されない
振幅が4Div以下では左側の項目が表示されない
 緑の四角で囲った範囲の情報が表示されません。

 もう少し信号の振幅を増やしたのが次の写真です。

▼波形の振幅が4Div. 以上あれば表示される
4Div以上あればOK
 振幅が4Div. 以上あれば情報が表示されます。表示されるのは時間軸に関係する情報です。なお、私の個体がたまたま4Div.を境に表示の有無が別れましたが、他の個体でどうなっているのかまでは判りません。

 私はこの画面はほとんど使わないので、あまり問題は無いのですが、ファームを v113にすれば直るようです。なお、この問題はV110 頃から発生しているようで、このバグフィックスに、nekosan が協力されています。詳しくはこのあたりから始まる一連の記事の中に状況が書かれています。

 そんなことで、遅まきながらファームの書き換えを行います。

▼ファーム書き込みの様子
ファーム書き換え中
 これで3回目なのであっという間に完了しました。電子工作好きが持つべき物は、信頼できるUSBシリアルアダプタです。

▼v113へアップデート完了
ファームV113
 なお、JYEtech のサイトにはもっと新しいバージョンの v120が公開されていますが、これはLCDコントローラーのST7789Vに対応したものらしいものらしく、あまり関係無さそうなのでパスしました。

▼動作確認
ファームアップデート後
 ファンクションジェネレーターから、振幅の小さな信号を入れて確認している様子です。表示の振幅が 0.2Div. 以上あれば、情報が表示されるようになりました。あと、v113ではEEPROMのリードエラー対策などの改良が行われているようです。

◆まとめ
 たぶんこれで、ファームのバージョンアップは最後になると思いますが、良いオシロになりました。このまま故障せずに、動いてくれることを期待します。

 なお、DSO Shell には模造品が出回っており、そのような物ではバージョンアップ出来ない、というかバージョンを上げると使えなくなるようなので要注意です。

キャノンのコンデジ S110のレンズエラー(修理完了)

 コンデジの修理は、前の記事で、仮修理して動作を確認してみたのですが、残念ながらうまく動きませんでした。ということで、修理部品の到着を待っていたのですが、思ったより早く部品が届きました。

▼修理用の部品
絞りユニットとフレキ
 上が絞りユニットで、下の二本がフレキケーブルです。フレキケーブルは買わなくても良かったのですが、安かったのでついでに手配しました。ちなみに、Aliexpressで買ったので、深圳あたりから送られてくるものと思っていたら、絞りユニットはシンガポール、フレキは香港から送られてきました。

 さっそく修理を再開したのですが、分解すると新たな問題発見です。なんと、鏡筒内のカゴ状のガイドレールの部品が一箇所折れているではありませんか。

 これ、いつの時点で折れたのか判らないのですが、こういう不具合は見逃さないと思うので、前回組み立てを行った時の最後の段階で折れたのではないかと思います。これがうまく直せるかどうか、自信はないのですが、2液のエポキシで接着してみました。なお使ったエポキシ接着剤は金属/陶器用で、カチカチに固まるタイプです。

▼折損部の接着修理完了(?)
折損部修理
 折れたのはこの写真で示す、フレキが入る溝とガイド爪の間のかなり細い部分です。ちなみにこの部品は、アルミのダイキャストだと思っていたのですが、破面を見ると樹脂でした。だったらもっと丁寧に取り扱うべきでした。

 ここの接着は正確な作業をやりたかったので、実体顕微鏡で見ながら行いました。また接着部は細くてとても折れやすいので、少し温度の高い場所(冷蔵庫の上)で、十分時間をかけて接着剤の硬化を行い、万全を期しました。

 以下、再組立てを行いますが、その前に新旧の絞りユニットを比較しておきます。

▼絞りユニットの比較
絞りユニット
 左がカメラから取り外した、フレキ断線が発生した絞りユニット。右が修理用に購入したユニットです。

 修理用の部品は、中古カメラから取り外したものが来ると嫌だなー、と思っていたのですが、ケーブルの曲がり具合から判断すると、少なくともフレキの部分は新品のようです。ちなみに、部品の販売業者は DH camera parts store というところです。現品にはD&Hと書かれた品質保証用のシールが貼られており、このシールは剥がすとバラバラになる、つまり再利用が出来ないようになっていました。品質には気を使っているベンダーなのでしょう。

 組立のポイントは前の記事に書いた通りですが、特に絞りとシャッターユニットの組み込みが難しいです。

▼あと少しで完成
組み立て最終段階
 前ケースのフレキの接続が完了した時点です。

▼新しい絞りを使ったファーストライト
ファーストライト
 後ろカバーを取り付ける前に試しに電源を入れると、レンズがすっと移動して液晶に画像が出ました。修理は成功したようです。

▼修理完了
S110修理完了
 部品やネジが余ったりすることなく、無事に組み立て完了です。

▼修理に使った道具をS110で撮影
修理に使った道後
 左は、ここまでの記事の記録に使ったコンデジ(GX100)です。アルミ箔は、エポキシ接着剤を混合するために使ったものです。

▼接写で試し撮り
S110試し取り
 スマホのカメラではこういう写真は、なかなか撮れないです。

◆まとめ
 ということで、無事修理することが出来ました。修理中に内部の部品を折損させてしまい、接着で修理したので、その部分の耐久性が心配ですが、ともかくこのまま使ってみたいと思ます。

 もしフレキがまた断線し場合、今回取り外した絞りユニットのフレキを新しい物に交換すれば、修理出来そうです。

 あるいはもっと手っ取り早くやるなら、レンズユニットをアセンブリで交換する手もあります。S110用のレンズユニットは、色がシルバーなら、$29.99 で手に入るようです。ちなみに黒は$49.99。ただ、カメラ本体のファームにはレンズのクセなどの情報が工場で記録されていると思うので、レンズを変えちゃうと何か変なことが起きそうで、そのあたりがちょっと心配です。まあ、修理出来ないよりはずっとマシなんでしょう。

 あと、今回の修理で、いろいろなタイプのフレキコネクタの挿抜を体験出来たのは、良い経験になりました。これも、くっしーさんが書かれた、「PowerShot S100ジャンク修理1 本体分解編」から始まる詳しい解説記事のおかげです。改めて感謝感謝です。

キャノンのコンデジ S110のレンズエラー (仮修理と動作確認)

 コンデジのS110の修理は、前の記事で不良原因の特定と、修理用の部品の手配まで行いました。部品が到着するにはしばらくかかりそうなので、フレキの断線部をはんだで仮接続し、再組立てを行ってみました。レンズの組み立て方法など、まだ良く判らない点があるので、そのあたりの確認を行うという目的もあります。

▼ばらばらの状態
バラバラ
 分解した状態です。右下のレンズユニットをばらすと、もっと部品が増えます。

▼フレキの仮修理
断線をはんだで仮接続
 断線しているパターンにはんだを盛って導通させます。こうやって修復しても、フレキケーブルは激しく曲げられるので、何回も持たないと思いますが、とりあえずの動作確認は出来ると期待。

 組立手順はくっしーさんの、PowerShot S100 ジャンク修理6 修理完了編に詳しい解説がありますが、よく判らなかった点になどついて、写真を交えて説明(記録)しておきます。

▼カム溝の位置
カム溝の位置
 ズームや鏡筒の収容のために各部が複雑な動きをしますが、そのためのカム溝は上の写真のような分担になっているようです(違うかも?)。

 赤字で示す三つの矢印がカム溝の入口で、前玉用、絞り用、シャッター用があり、ここからカムのピンを入れます。この写真にはありませんが、ここに差し込まれるカゴ状の直進ガイドで回転方向の角度を固定しつつ、絞りとシャッターユニットなどを移動させる仕掛けになっています。

 絞りとシャッターユニットのピンを差し込む位置は赤矢印の位置ですが、最終的なピンの位置は緑矢印の位置になります(なると思います)。

▼レンズを組み上げた状態
組み上がった状態
 この写真はレンズを縮めた位置、つまり格納時の状態です。この後で、レンズを繰り出して、フレキケーブルを外に出します。

 以下、注意点をいくつか。

▼ヘリコイド位置センサー
ヘリコイド位置センサ
 収納や、ズーム動作のために鏡筒は複雑な動きをします。その位置を検出する(原点位置を検出する)センサーは、コの字型のフォトインタラプタの構造になっています。ということで、メカ的に噛み合っているので、このセンサーを抜かないと鏡筒が抜けません。なお、どこか特定の位置では抜けるのかも知れません。

▼フレキの収容状況の確認
フレキの収容状態
 この写真はレンズユニットをボディのフレームにネジ留めした状態です。赤矢印の下にフレキが収容されているのですが、フレキがねじれたりしているとまずいので、状態を確認した方が良いです。かなり狭い場所にフレキが押し込まれているので、断線が発生し易いのもうなづけます。

 以下、順に組み立てていきます。

▼S110のWifiモジュール
S110のWifiモジュール
 S100では、ここにGPSモジュールが取り付けられていたようです。

▼仮組みして動作確認する
動作確認
 すべてのフレキの接続を終え、電源を入れて動作確認すると、、

 だめでした orz。

 電源を入れるとレンズがすっと出ましたが、その後レンズエラーが出た後でシャットダウンされました。なにかおかしなところがあるようです。ちなみに、画像表示モードは動くので、マイコンとしては正常に動いているようです。つまりフレキの接続に大きな間違いは無いと言うことだと思います。

◆ここまでのまとめ
 仮修理の状態で動作を確認して、組立手順に間違いがないことを確認したかったのですがうまくいきませんでした。なかなか手ごわいです。

 こうなった原因ですが、「絞りのフレキの断線の修理がうまくいっていない」あるいは、「レンズの組み立て方法が間違っている」、「各部のフレキコネクタが正しく接続されていない」、「他の場所を壊した」などが考えられますが、よく判らないです。

 修理部品としては、Aliexpressに絞りユニットと、絞りユニット用のフレキを手配していますが、レンズユニットのアセンブリーも買っておいた方が良かったかもしれません。でもレンズユニットは $50くらいするので、そこまでお金をかけるのもどうだかなーと思います。

 さて、どうするかですが、ハードオフのジャンクを漁って、ニコイチを目指した方が早いのかも知れません。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード