google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

アナレンマの作図状況 2017年冬至

 太陽電池パネルの電圧を監視することでアナレンマを描く試みの最終回です。開始から1年経ち、二回目の冬至を迎えましたが、これで作画完成です。

▼Ambientで公開中のアナレンマのグラフ元のデーター(2017/12/23現在)
Ambientのグラフ

 左上から順に、日の出時刻、日の入り時刻、昼の長さ、南中時刻で、左下がアナレンマのグラフです。日の出、日の入り時刻が変化していく様子がよく判ります。
 秋分の日の記事ではアナレンマのプロットの左下が開いていましたが、今回の図ではきっちりと閉じていて見事に (?) アナレンマの8の字が完成しています。

▼同じデーターをエクセルで作図
元データ

▼エクセルで描いたアナレンマ(vs理論値)
エクセルのグラフ(理論値との比較)
 赤いプロットが天文台が発表している日の出/日の入り時刻で描いたアナレンマ、つまり理論値です。

 1年分のデーターが揃ったので、プロットの色を月別に分けてみました。

▼アナレンマの月別カラープロット
アナレンマの月別カラープロット
 こうするとプロットが交差している部分の構造が判り易いです。このグラフは手っ取り早くエクセルで12色に分けて描いていますが、VBAなどのプログラムで色を滑らかに変化させればもっと判り易くなると思います。

◆まとめ
・どうなるか判らないのでとにかくやってみたのですが、何とかアナレンマ(らしきもの)の作図が出来ました。必要な物は、太陽電池パネルとIOT環境だけなので、チャレンジし易いと思います。

・私の環境はマンションなので、太陽電池パネルから全天の半分しか見通すことが出来ません。これがもし、全天を見渡せる屋根の上に設置された太陽電池パネルだったら、もっと綺麗なアナレンマの8の字が描けたのかも知れません。また経緯度が違えばアナレンマの形も微妙に変わってくるはずです。どなたかチャレンジしてみませんか。特に学校の地学部や科学部などでみんなで取り組むと良い経験が出来るはずです。これ、大げさに言うと天体観測なので、天文部の人にもお勧めしたいです。

・この仕掛けを今後どうするかですが、特に手を掛けないでもAmbient側にデーターが溜まっていくので、当面はこのまま動かし続けて2年目のプロットに入りたいと思います。
 但し、現在のプログラムは1分間隔でパネルの電圧を送信しているのですが、これではAmbientに負荷を掛けてしまって申し訳ないので大幅に間引く、もしくは電圧の送信は中止してしまおうかと思っています。
 なお、使わないデーターを保存していただくのでは心苦しいので、電圧測定家結果は逐次削除しています。(この記事を執筆時点のパネル電圧のグラフはこちら)

・最後になりましたが、Ambient様のサービス無しにこの試みは実施できませんでした。ありがとうございました、感謝いたします。

 この試みについては、「アナレンマを描く」というカテゴリーに関連記事をまとめています。興味のある方はご覧ください。

アナレンマの作図状況 2017年秋分の日

 太陽電池パネルの電圧を監視することでアナレンマを描く試みを行ってます。始めたのは去年の冬至の頃で、昨日は秋分の日だったので4分の3のまで進んだことになります。

 なお、作図はAmbientのサービスを使わせて頂いてリアルタイムで公開しています。まあ、リアルタイムと言っても朝夕一回、つまり一日に2点しか新しいデーターは追加されません。

 現在のプロット状況を見てみます。

▼Ambientで公開中のグラフ(2017/9/24現在)
Ambientで公開中のアナレンマ作図状況
 このグラフは、Ambient で アナレンマを描く試み (チャネルID: 200) というページのスクリーンショットです。

 左上から順に、日の出時刻、日の入り時刻、昼の長さ、南中時刻で、左下がアナレンマのグラフです。日の出、日の入り時刻が変化していく様子がよく判ります。現在は秋分の日なので、振れ幅の中間までプロットが進んでいます。

◆秋の日はつるべおとし
 せっかくグラフがあるので一つ豆知識です。右上の日の入りのグラフを見ると、上りと下りの傾斜が違っていて、下りの方が傾斜がきつくなっています。こうなる理由の説明はさておき、この現象は「秋の日はつるべおとし」という言葉の説明によく使われます。秋は日があっという間に沈む、という意味だったと思いますが、日が沈む時刻がどんどん早くなっていくので、日が沈むのが速くなったように感じるということだそうです。

 話を戻します。同じデーターをローカルのPCの Excel にも保存しているので、そのデーターでグラフを書くと以下のようになっています。

▼ローカルPCの Excel で描いたグラフ
EXCELに書いた日の出日の入り時刻

▼Excelで描いたアナレンマ
EXCELで描いたアナレンマ

 青い点が実測値、赤い点は天文台の暦のページのデーターからプロットしたもので、いわば理論値です。実測値はかなりばらつきがあり、また理論値より右上にオフセットしています。でもプロットのばらつきの中心はほ、ぼ理論値通りに行われている感じです。

 秋分点なのでアナレンマの8の字の上のループを終わり、下の大きなループに入って少し進んだところです。上のループは、バラツキの影響でかろうじて存在が確認出来る程度になってしまいました。下側の大きなループは、たぶんはっきりと判るグラフが出来上がるのではないかと期待しています。

◆まとめ
 あと3ケ月でアナレンマが完成するはずです。もう一息なので、それまでプロット用のハードソフトなどが無事に動き続けることを祈っています。あとAmbientさん、よろしくお願い致します。

アナレンマの作画状況、2017年夏至

 太陽電池パネルの電圧を監視することでアナレンマを描く試みは、開始から約半年過ぎてだいぶ形が見えてきました。2日前(6月21日)は夏至だったので、アナレンマの図形の折り返し点を過ぎたことになります。

 ということで、現在の状態を見てみます。

▼Ambientで公開中のグラフ(2017/6/23現在)
Ambientに描いたアナレンマ
 左上から順に、日の出時刻、日の入り時刻、昼の長さ、南中時刻で、一番下がアナレンマのグラフです。

 日の出時刻は最小値(早い時刻)をちょっとだけ通り過ぎたあたりで、これから上昇に転じるはずです。一方、日の入り時刻の方はもう少し遅れてから減少に転じるはずです。

 なお、このデーターは、Ambient で アナレンマを描く試み (チャネルID: 200)というページで最新のものを公開しています。上の図はそこからのスクショです。

 また、ほぼ同じデーターをローカルのPCの Excel にも保存していますが、そのデーターで描いたグラフは以下のようになっています。

▼ローカルPCの Excel で描いたグラフ
エクセル

▼Excelで描いたアナレンマ
アナレンマ、理論値と観測結果
 青い点が実測値、赤い点は天文台の暦のページのデーターからプロットしたもので、いわば理論値です。実測値はかなりばらつきがあり、また理論値より右上にオフセットしています。でもプロットの中心は理論値通りに行われているようです。

 現在、アナレンマのプロットは8の字のてっぺんあたりにあります。この先、右回りに小さな弧を描いた後は左下に進み、最終的には、12月の初め頃に8の字が閉じて完成するはずです。

◆まとめ
 この試みは、うまくいくかどうかわからないのでやってみるしか無いと思って始めたものですが、思ったよりうまくいっているようで安心しました。このまま大きな問題が発生しなければ、アナレンマを完成させることが出来そうです。AmbientData Inc. さん、というか下島さん、よろしくお願い致します。(他力本願モード)

 なお、この試みについての次回の記事は、秋分の日を過ぎたあたりを予定しています。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード