google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
fc2ブログ

SMD部品のマーキングから型番を特定する -2

◆まえがき
前回の記事に引き続きSMD部品のマーキングから型番を特定してみます。

◆今回の対象部品
下記の3種です。
22H YB 3686
マーキングとパッケージは、左から22H (SOT-23, 0.95mmピッチ)、YB(SOT-523, 0.5mmピッチ)、36 86 (SOT-89, 1.5mmピッチ)です。

以下順番に調べた結果です。

◆22H
・検索
Marking SMDのサイトで22を調べると、SOT-23パッケージだとUTCの22Vのツェナーダイオードが該当します。しかし22Hというマーキングはヒットしません。

Googleの画像検索結果を見るとShanzhen ERIC のMA3220-Hというのがフォントの雰囲気が同じです。
そこでGoogleでこの型番とdatasheetを検索すると、出てきました。Panasonicの22.7Vのツェナーダイオードのようです。

データーシートはこちら
MAZ3000dataSheet


・確認
CVCCな安定化電源を使い、仕様書に記載のピン間でツェナー電圧を確認しました。ということでこの部品の判定結果は間違い無さそうです。

◆YB
・検索と測定
あちこち検索した結果と、現物のピン間抵抗を測定して出した答えは、東芝のPNPのデジトラのRN2102Fです。なお、あちこち探したので正確な途中経過は判らなくなってしまいました。

RN2102F
YBのマーキング

このデーターシートのR1=10kΩ, R2=10kΩの物みたいです。現物のEB間を逆電圧で抵抗測定すると20kΩ程度でした。

・確認
テスト回路を作って動作確認し、想定したデーターシート通りに動くことを確認しました。

◆36 86
・検索と測定
外観はパワー系の半導体ぽいのですが、ピン間の抵抗を測ると単純なトランジスタやFETでは無さそうです。

シリーズレギュレーターである可能性を考え、ピン間に電圧を掛けて残りのピンの電圧変化を見ましたが単純なシリーズレギュレーターではありませんでした。ただ、電圧が1.25V付近で引っかかる挙動があったのでシャントレギュレーターかとも思ったのですが、1.25Vの状態で外部に流せる電流が僅かだったので、これも違う気がしました。

ネットをいろいろ検索すると、Googleの検索結果の画像に似た雰囲気の写真を発見。
マーキング36

どうもAliExpressの販売ページの写真みたいです。記載されているM5236という型番のデーターシートを検索で発見。

M5236のデーターシート
(SOT-89のパッケージのピン番号がBottom Viewで書かれていて、凄い違和感あります)

内容としてはシリーズレギュレーターの制御回路だけ抜き出したデバイスで、実際に動かすにはPNPのパストランジスタを追加する必要があります。そんな面倒なことをやるくらいならLM317を使った方が楽になりますが、このデバイス(M5236)を使うと最小電圧ドロップが0.2Vで済むというメリットがあります。

ちなみに、このデバイスの入力基準電圧は1.26Vですが、電圧の印加テストで1.25Vを境に動作が不連続になる現象が認められたのはこういう仕様が関係していた可能性が高そうです。

このチップを動かすためには20mAの電流を流す必要がありますが、もし入力電圧が35Vなら0.7Wの損失になります。そんな事情から放熱を考慮したパッケージを使っているのだと思います。

・動作確認
36 86
ブレッドボードで動かせるようにピンヘッダを付けて

M5236の動作確認
Standard application circuit で動作確認して問題無く動くことを確認しました。このデバイスはM5236と考えて間違い無さそうです。

◆参考
この調査ではデバイスのマーキングをキーに検索を行いました。出て来たのは以下のようなWebです。
 1. https://www.s-manuals.com/smd
 2. https://smd.yooneed.one/
 3. https://www.sos.sk/pdf/SMD_Catalog.pdf
 4. https://w.atwiki.jp/mcmaster/

これ以外にiPhoneのアプリもあるらしいですが有料みたい。

最初のが有名ですが、残念なことに日本のデバイスはあまり掲載されていない気がします。日本のメーカーのマーキングコード一覧表があると嬉しいです。

東芝のだけでも役立つと思います。と言うか東芝のマーキングを集めたサイトも確かあったのですが、見失ってしまいました。(東芝の内部資料としては存在しているはずですが公開されて無いですよね?)

AliExpressなどの物販サイトでマーキングコードを検索すると写真が出て来るので、それを見て判断するのも良さそうです。なお、Googleの検索結果の画像も参考になります。

前の記事に書きましたが chatGPT はまだ戦力にならなかったです(現時点の話)

◆マーキングに関する情報サイト(本項追記)
 https://note.com/tomorrow56/n/n1d898b7f9f87 (ThousanDIY)

◆まとめ
素性が判明した3種類の部品は小さな袋に入れて部品箱に戻しました。
部品を袋に入れて整理

こういう調査は電子回路の知識の腕試しと言う感じで、やってみるとなかなか面白いです。

ここに書いた検索方法は記事の執筆時点(2023年4月}のもので今後様子が変わってくる可能性はあります。

SMD部品のマーキングから型番を特定する -1

◆まえがき
部品箱に型番が判らないチップ部品が増えてきたので整理を始めました。チップ部品なのでメーカーや型番の表示は無く、簡単なマーキング表示だけの物が多いのですが、そのマーキング文字から型番を特定する作業を行ってみました。種類が多いので少しずつその様子を紹介したいと思います。今回はその1です。

なお、記事に取り上げた部品のほとんどはMFT2018の秋月のブースで売られていたお楽しみ袋に入っていた物だったと思います。

◆型番不明のSMD部品
SMD
いっぱいあるけど型番が判らないので使いようがありません。

この中から今回の記事では下記の3種類を調べてみます。

◆E3,E4, E6
E3 E4 E6
どれも5ピンで、ピンピッチ0.95mmのSMDです。パッケージ名としてはSOT-25になるはずです。

◆調査の内容
やったことを順番に記すと、
1) Marking smd のサイトをはじめ、あちこちネットを探したのですが型番を特定することは出来ませんでした。

2) ピン間の抵抗をテスターで当たって見るとバイポーラトランジスタでは無い感じ。またピン間が高抵抗な組み合わせが多いのでCMOSっぽいです。

3) 更にネットを調べると、マーキングが 東芝のワンゲートロジック(L-CMOS) らしいことを発見。

4) 東芝の L-CMOS でパッケージがSOP-25のデーターシートを片っ端に閲覧して下記であることが判明。
 ・E3 は 2入力NOR(TC7S02F) 7402
 ・E4 は 2入力OR (TC7S32F) 7432
 ・E6 は NOT   (TC7SU04F) 7404 (un-buffer?)
ちなみに、7400(NAND)=E1, 7408(AND)=E2, 7404(NOT)=E5, 7486(EOR)=E8, 7414(HisNOT)=EA でした。
L-CMOSのスピードや電圧の種類によってマーキングの先頭文字はE, H, M などがあるようです。

参考:TC7S02F (マーキング=E3)のデーターシート

◆動作確認
DIP化
ロジックICとなると実際に動かして真理値表で確認するしかない無いので、ブレッドボードで扱えるようにピンヘッダを付けました。こういうのは市販の変換基板を使うと良いのですが、手持ちが無かったのでユニバーサル基板で作成。

データーシートと動作が一致したので型番の特定作業は完了しました。

◆整理
分類終了
型番別に袋詰めして整理完了です。ORゲートが一番多くて100個以上ありましたが、これがNANDかNORだったら嬉しかったです。でも贅沢言っちゃいけませんね。

◆chatGPTに尋ねてみた
今注目されているchatGPTに尋ねてみました。以下はその問答です。
ChatGPT-1
ChatGPT-2.

パッケージ名を変えてもダメ。メーカー名を教えてもダメ、最後は東芝のデーターシートに記載されているパッケージ名を指定してもダメでした。AIの知識に入っていないということなんでしょう。

ということで、役に立つ回答は得られませんでした。でも、自然な文章で差しさわりの無いアドバイスを作る能力はたいしたものです。というか、普通程度の文章力というのはさほど高い知能を必要としない、ということなんでしょうか?

◆まとめ
ともかく、何とか型番とメーカー名を割り出してデーターシトに辿り着くことが出来ました。

こういうことを調べるなら、Marking SMDのサイトが有名ですがこの事例では役に立ちませんでした。東芝などの日本メーカーの情報が(ほとんど)入っていないのが痛いです。

あと、注目されているchatGPTですが、残念ながらこの事例では役に立たちませんでした。ピンポイントの情報までは持っていないということなんでしょう。

真空管に強力な磁石を近付けると正常動作しなくなる

昨日ツイッターに書いた話をそのままここに埋め込んでおきます。


同じ動画を Yotube に上げてここに埋め込み、文章を追加してブログの記事に仕上げても良いのですが、面倒なのでツイッターをそのまま埋め込んでみました。

ツイッターに自己レス(返信)付けたものを埋め込むと、元の書き込みとレスの書き込みがまとめて埋め込まれちゃって判り難くなります。このあたり何とかならないものだろうかか。

あと、この実験はプレート電圧が約2.5Vと極めて低いこと、および強力なネオジム磁石を使ったので発振が止まるほどの影響が出たのだと思います。普通のオーディオアンプのようにB電圧が150Vくらいあれば、これほどの影響は出ないような気がします。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。
記事の内容のご利用は読者の自己責任でお願いします。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード