google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

三沢川分水路中心点標識、No.7

 三沢川分水路の中心点標識探し。少し前にも「むらさん」からコメントでNo.6標識の場所を教えてもらったばかりですが、昨日のコメントでNo.7発見!との連絡をいただきました。

 連絡をもらった場所に早速行ってみたら、ありました!No.7標識が。

▼三沢川分水路中心点標識、No.7
三沢川分水路標識、No.7
 ありんこが近づいてきたのでいっしょにパチリ。

 コメントで教えていただいた通り、スーパー三和から尾根幹線の方に向かい、右側に登る歩道と下の道路の脇の横の歩道との間の三角地帯。三角地帯が始まって少し先にある街灯のもう少し先の緑地にありました。

▼No.7標識の周囲の状況
No.7標識の周辺の景色
 写真の先、左側にスーパー三和があります。

 この標識を発見したのは、またしても「もむらさんの小学生の娘さん」でした、すごい!

 このあたりにNo.7がありそうなことは判っていたので、近くを通る時に何度か探したのですが、こんな場所にあるとは。ちょうどこの場所の草が刈られたばっかりという状況が良かったのでしょうが、いろんなことに興味を持って見ているんでしょうね、すごい観察眼です。おじさん脱帽です。

 三沢川分水路の中心点標識は15個あるはずなのですが、これで未発見は、No.1とNo.2、それにNo.4とNo.10の4個になりました。

 No.1とNo.2は米軍施設内には設置されていないと思われるので、たぶん川崎街道から多摩川の放流口の間にある可能性が高いと思っています。

 また、No.4は城山公園のファインタワーの少し下あたりの階段あたりではないかと思います。しかし、ここは山の中の急斜面で危険、またヘビが出そう(ハブマムシが出るかも)なのでこの季節は近付かない方が良いと思います。ちなみに、No.4を探してこのあたりの藪に入ったことが2回くらいありますが、見つからなかったです。

 あと、残るNo.10は当然No.9とNo.11の間にあるはずですが、これも発見できません。宅地開発で失われた可能性があるかなー、でもどこかに残っていて欲しいです。

 これまで確認した標識の位置は以下のようになっています。今回No.7を書き加えています。

より大きな地図で 三沢川分水路推定ルート図(作成中) を表示

テーマ : 東京・多摩地域
ジャンル : 地域情報

三沢川分水路中心点標識 No.6

 久しぶり、というか1年以上経って三沢川分水路の中心点探しに進展がありました。進展があったといっても私が発見したのでは無く、読者の方からコメントで教えていただきました。

 発見者はこの記事のコメントにあるように、「もむらさん」の小学生の娘さんです。見つけていただいてありがとうございます。これがきっかけで、この街の歴史や仕組みなどにもっと興味を持ってもらえればいいですね。

 さて、標識の位置ですが、詳しい位置は最後にある地図で確認していただくとして。文章で書くとスーパー三和の裏側、地区の集会所の横の低い擁壁の上のコンクリートに設置されていました。

▼中心点標識No.6
三沢川分水路中心点標識No.6

▼周囲の状況
三沢川分水路中心点標識No.6 周囲の状況
 写真の右手前が標識で、向こうの建物はスーパー三和です。

▼周囲の状況
三沢川分水路中心点標識No.6 周囲の状況
 他の標識は、75cmくらいの大きなコンクリート基礎の上に置かれています。しかしここの標識はそんな物は省略されていて、土地の構造物の上に直接設置されていました。たぶん元はしっかりした基礎の上にあったのでしょうが、住居の区画を作る過程で邪魔になって現在のような形式になったのだと思います。

 これで、No.3,5,6,8,9,11,12,13,14,15まで特定できたことになります。残るは 1,2,4,7,10の5個ですが、はたして今でも残っているでしょうか。

 三沢川分水路に関する記事はこのカテゴリーにまとめてあります。他の中心点標識についても記事にしてありますので、興味のある方はご覧下さい。

 最後に、No.6発見の連絡をくださった「もむら」さんと、これを発見した小学生のお嬢様。あらためてお礼申し上げます。

 各標識の位置は以下のようになっています。

より大きな地図で 三沢川分水路推定ルート図(作成中) を表示

テーマ : 東京・多摩地域
ジャンル : 地域情報

三沢川分水路中心点標識 No.11 No.15発見

昨日はほんとうに暖かくて久しぶりにゆっくり散策できました。

この季節は山の中に降り積もった落ち葉の分解が進む、あるいは風に吹き払われたりして地面が露出してくる場所が多くなります。もう少し季節が進むと草が生い茂ってきて地面に埋まっている物を探すのは難しくなります。

ということで三沢川分水路の中心点標識探しには絶好の季節。かねてから可能性が高いと思っていた場所に行ってみたら、二つも発見できました。

▼三沢川分水路中心点標識 No.15
三沢川分水路中心点標識No15 
場所は分水路の取り入れ口の裏側の稲城中央公園の南側の入り口から入り、すぐに左側に運動場方向に上る階段がありますが、これを登り、途中で階段から外れ、下から二本目のU字溝に沿って進んだ先、U字溝が曲がる少し手前の左側。コンクリートに接して埋まっていました。

▼周辺の状況
三沢川分水路中心点標識No15 周辺
この写真の中央やや左下が標識です。半分は土に埋まっていました。

▼階段近くから見た現地
三沢川分水路中心点標識No15 周辺
この写真の奥に標識がありました。

続いて、No.11がありそうな中央公園北東の入り口付近を探してみたら、ありました、

▼三沢川分水路中心点標識 No.11
三沢川分水路中心点標識No11

▼No.11標識の状態
三沢川分水路中心点標識No11 周辺
礎石は笹に埋もれています。

▼No.11標識の位置
三沢川分水路中心点標識No11 周辺
北東駐車場からの入り口の横。この写真に写っている木と石垣の間にあります。

この記事の写真のEXIFにはGPSロガーで取得した位置情報を入れてあります。画像ビュワーによってはそのまま地図表示が出来ます、興味のある方はご覧下さい。

これで、No.3,5,8,9,11,12,13,14,15まで特定できたことになります。場所から判断して、No.15が最終番号だと思われます。

未発見のNo.4はNo.3とNo.5の中間点にあるはずで、城山公園のタワーに登る階段付近が怪しいのですが、いまのところ見つかっていません。またNo.2は都営団地の敷地の外、団地の北側にあるはずですが、そこまで到達する道が無さそうなので発見は難しそうです。

三沢川分水路に関する記事はこのカテゴリーにまとめてあります。他の中心点標識についても記事にしてありますので、興味のある方はご覧下さい。

また、各標識の位置は以下のようになっています。

より大きな地図で 三沢川分水路推定ルート図(作成中) を表示

テーマ : 東京・多摩地域
ジャンル : 地域情報

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード