google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

コンクリート天井への住宅用火災警報器の取り付け、続編

東京都では、3月末までに住宅用火災警報器の取り付けを行う必要があります。我が家では年末に一つだけ取り付けを行いましたが、その後作業が進んでいませんでした。年末に行った作業の様子はこちらのリンクをご覧下さい。

作業が進んでいなかった一番の理由は、以前の記事にも書きましたが、素人にはかなり大変な作業で、ちょっと時間が空いたのでちょっと片づけちゃうか、というノリでは始められないのです。

最大の難関はコンクリートへの穴あけで、これがもっと簡単に出来れば、作業は大幅にはかどります。
ということで調べてみると、Pレスアンカー(ノープラグビス)を使えばドリル径を小さくできるので、作業が楽になりそうなことに気付きました。

そこで下穴用のコンクリートドリルとアンカーネジを買ってきました。
▼コンコリートドリルとPレスアンカー
3.5mmコンクリートドリルとノープラグビス
ドリルは500円、ネジは250円くらいだったと思います。ちなみに、Pレスアンカーはノープラグビスとも言うみたいです。

▼PレスアンカーとカールPCプラグの比較
コンクリート用アンカーネジ
上の細いネジと赤いプラスチックが前回の記事で使ったカールPCプラグで、下穴径は5mmが必要になります。
一方、この写真の下のネジがPレスアンカーで、一見太く見えますが必要な下穴径は3.5mmですみます。このネジの存在は知っていたのですが、コンクリート用の木ネジなんてうそ臭いし、せいぜいモルタルくらいにしか使えないと思っていました。

ドリルで掘り取る量は直径の二乗で効くので、Pレスアンカーを使えば削るコンクリートの量は半分ですみます。また、ネジの長さもPレスアンカーの方が短いので更に掘る量は少なくてすみます。

アンカーとしての能力はカールPCプラグの方が段違いに上ですが、火災警報器を吊るくらいならここまでの強度はいらないと思います。各々のアンカーの代表的なWebへのリンクは下記です(別窓で開きます)
カールPCプラグ、 Pレスアンカー

ということで、振動ドリルを使って穴あけ開始。感想は以下の通りです。
・穴径が小さいので作業はかなり楽になりました。但しドリルが細いので、折らないよう注意して作業。
・前回は、コンクリート屑の吸引を行いましたが、今回は省略し、新聞紙で周辺を養生するだけにしました。これでドリルを両手で持てるので、作業はかなり楽になりました。
・コンクリートの中の石に当たると、穴あけ速度ががっくり落ちます。無理に高速回転にするとドリルが焼けそうな気がしたので、低速で気長にやりました。このあたり、プロの方はどうしてるのかな?

大きな石に当たらなければ、1穴1分もかからないで穴あけ可能でした。

▼穴明けしてねじ込み中
ノープラグビス
アンカーをネジ込みます。ジャリジャリした感触が伝わってきますが、大したトルクは必要ありませんでした。さすがに石に当たるときつくなりますが、ゴリゴリという感じでネジ締めできます。PCプラグだと、このネジ締めも大変で、電動ドライバーが欲しくなりましたが、そんなこともありませんでした。

▼Pレスアンカーのねじ山
ノープラグビス、ネジ山の切り欠き
1回転のネジ山の3箇所に切り欠きが入っています。これでタップを立てながらネジ締めするようです。ジャリジャリした感触はこの切り欠きがコンクリートを削っているからだと思います。ちなみに、このネジにヤスリを当ててみると
ほとんど削れません。しっかりと焼きがはいっているようです。

ということで、無事全ての火災警報器の取り付けを完了。
▼熱感知型の火災警報器
感熱式火災警報器
写真の熱感知型は台所へ取り付けたものです。(他の部屋は煙感知)

▼便利だった穴位置ゲージ
穴ピッチマーキング治具
穴あけ前に穴の位置をマーキングする必要があります。いちいち天井に定規を当てて測るのも大変なので、厚紙(火災警報器のパッケージ)に所定の寸法間隔で穴を開けたものを作りました。これをテンプレートとしてマーキングすると楽です。

【最後に】
ダメだったら5mmの穴に拡げてカールPCプラグでやり直せばいいや、と思って使ってみたPレスアンカーですが、こっちの方が正解でした。前の記事を見てPCプラグで作業した方がいらっしゃったら申し訳ないです、汗;

作業上の注意点については以前の記事の末尾に書いています。
もし挑戦される方はお読み下さい。あくまでも自己責任でお願いします、

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

テレビボードのダウンライトのLED化

 最近LED電球が注目されています。それに刺激された訳では無いのですが、テレビボード(TVラック)のダウンライトのLED化をやってみました。

▼元のダウンライト
電球のダウンライト
 100Vで15Wの電球で、これが2個あります。点灯させると電球の暖かい光が拡がり、とても綺麗なのですが、単に雰囲気を良くするために30Wもの電力を使うのはばからしくて、全く使っていませんでした。

 電球と交換して光らせるための回路。

▼LED点灯回路図
回路図
 12Vの電源から20mAの低電流ダイオードを通し、白色高輝度LEDを3個光らせるだけの回路です。

▼部品組み立て
LED基板
 回路は簡単でも、実際に取り付けるためには結構やっかいな工作が必要になります。ユニバーサル基板上に配線。LEDは後で角度調整ができるように、2ピッチ分リード間隔を開けて配線しました。ここをきっちり1ピッチ分(2.54mm)で半田付けしてしまうと後でLEDの向きを調整することが出来なくなります。

 基板は、ペットボトルのキャップを加工して、ランプハウスに両面テープで接着できるようにしてみました。どうやったか、見ればわかりますよね。電源は、元の電球を割ってソケットを残し、そこに半田付けしました。それにしても、最近電球を割ってばかり・・・・

▼LEDダウンライト完成
LEDダウンライト
 写真の左下に小さく青白く光っているのが、もう一つのライトです。最初は狭角発光のLEDで下向きに三方向にビームを出し、この下に二段あるガラス棚を貫いて照明する予定でした。しかし、やってみると光にトゲがありすぎたので、LEDに白色キャップをかぶせて、すこし大人しい雰囲気に変えました。

 とりあえず、いい感じになりました。

 電源は、ミニ太陽光発電の準備で買った太陽電池とバッテリーから取っているので、自然エネルギーで供給することができました。このあたりを実際にどうしたかは、また記事にしたいと思います。

3月7日追記
 このライトの点灯回路の記事を作成しました
 暗くなったらLEDを点灯する回路(太陽電池の電圧検出)

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード