google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

1PPS信号が出るGPSモジュール

 ルビジウムオシレーターの校正にGPSの1PPSパルスを使いましたが、このGPSモジュールを探すのに苦労したので、経緯をまとめておきます。

 1年前は1PPS信号が出るGPSモジュールは結構普通に出回っていたと思うのですが、最近手に入るモジュールでは1PPS信号が省略されている物がほとんどです。トラ技の6月号で、mbedを使ったGPSロガーの製作記事があり、そこにマルツで扱っているMARTY-GBが使われていて、これは1PPSが出るらしいですが、このことを知ったのは最近になってから。あと、MARTY-GBは4980円なので、ちと高い。

 国内で見当たらないなら、e-bayで探して、まず買ったのがこれ。

▼Sirf II
SiRf II GPSモジュール
 右側が本体で、左側の回路はシリアルの簡易インターフェイス

▼Sirf II のアンテナ面
SiRf II GPSモジュール アンテナ面

 価格は送料含んで20ドル以下、商品説明に"Support 1PPS"と書いてあったので買ってみたのですが、これ、GPSとしては動くのですがどうやっても1PPS信号が出てきません。Sirf DEMOという制御ソフトをインストールしてあれこれコマンドをいじってもだめ。

 もしかしたら特殊なコマンドを送れば1PPSが出るかもしれませんが、私には無理っぽいので断念。

 ということ他を探して、ヤフオクで見つけたのが、

▼GSU-36
GPSモジュール GSU-36
 タクシーの配車管理に使うAVM用のGPSモジュールで、1200円(送料別)

▼GSU-36のアンテナコネクタ
GSU-36のアンテナコネクタ(角型灰色)
 灰色の角型コネクタです。
 このコネクタには業界標準みたいなのがあるようで、形と色が合っていれば互換性があるようです。これ以外には、角型-緑とか、丸型-灰色とかあるようです。

▼カーナビ用アクティブアンテナ
カーナビ用アクティブアンテナ
 メーカーのロゴ無し品で、500円でした。Panasonicとかのロゴ入りだと700円くらいから売られています。
 アルミ板は感度を上げるためにくっつけたものです。

 この組み合わせでめでたく1PPSパルスを得ることが出来て、ルビジウムの校正を行うことができました。 AVMでは正確な時刻管理を行うために1PPSを使っているような気がします。また、1PPSに同期した10kHzも出ているのでこれも何か使い道がありそうです。ちなみに、電源を接続するだけで動作し、ソフトの設定などは不要でした。

 以上、安く1PPSパルスを手に入れる方法の紹介でした。

 ところで、ヤフオクを見ていて気付いたのですが、1年前はアナログオシロのいい物が結構出品されていたのですが、これがほとんど無くなってます。中古のオシロをメンテしていろいろ出品されていた方がいたのですが、もうやめちゃったのでしょうか。テクトロの400MHz 4chのアナログオシロ、2465Bあたりが欲しかったのですが、もう手に入らないのかな。

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : GPS AVM 1PPS 正確な周波数 ルビジウム

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード