google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

Arduinoで大気圧センサMPL115A2の値を読む

 Arduinoでデーターロガーを作ってみたくなったのであれこれやってます。

 まずは気圧センサー

▼MPL115A2
大気圧センサ、MPL115A2
 秋月で400円で売ってるこれ。インターフェイスはI2C。

 やってみると何だかバラツキが大きい。

▼気圧測定結果
気圧測定結果、バラツキが大きい
 1秒間隔で10分間の測定結果。縦軸はヘクトパスカル(hPa)。うちの部屋の標高は約100mくらいなので絶対値は合ってる感じですが、何しろバラツキが大きい。ただ、分布に変なクセは無く正規分布になっているっぽい。

 そこで、100回測定してアベレージング。測定値をEEPROMの定数で補正して海面気圧らしきものを表示するするように改竄。
 測定スケッチはこちら(拡張子がTXTになってます)まだ清書前の汚いソースです。

 I2Cからのデータ読み込みのルーチンは GarretLabさんの、このページを使わさせていただきました。ありがとうございます。

▼何とかなったか?
気圧席亭結果
 とりあえず最小桁があまり暴れなくなりました。温度のデータも同時に取得できるので表示させてます。

▼ブレッドボード
大気圧センサをブレッドボードでテスト
 ジャンパーワイヤーの影になってますが、右端が気圧センサー。そこから左に向かって、RTC(リアルタイム・クロック)、マイクロSDカード。

 これらを順番に動く状態に持っていくのが当面の目標です。

 ただ、この気圧センサー。高速で連続して値を読むと測定値が高くなります。チップの内部温度が上がるのだろうか?もうちょっと調べる必要がありそうです。

tag : 気圧センサ I2C 精度 ロガー

昼と夜の長さの変化の記録、夏至を過ぎた頃

 和時計の明るさセンサーで測定した昼と夜の長さの変化データーを久しぶりに整理してみました。

 これまでの経過は、2月11日の記事3月21日の記事で整理しているので、測定方法などはそちらをご覧下さい。

▼明るさセンサーで測定した昼と夜の長さの変化
昼と夜の長さの変化
 天気が悪いと昼は短く(夜は長く)観察されるので、プロットはばらつきますが、それぞれの最大値(最小値)が晴天時の値とみなせば良いと思います。

 昼夜の長さの変化は1年(365.25日)を周期とする正弦波になり、その位相は決まっているので理論カーブを黄色の線で書いてみました。理論カーブと言っても冬至と夏至で位相を合わせ、振幅とオフセットはグラフを見ながら試行錯誤で合わせ込んでいます。ということで理論はほとんど使ってない、というかちゃんとした計算式まで遡ってないです。

 とは言ってもおよそ合っている感じですが、4月終わりから5月の終わりまでの期間で理論カーブより昼の長さが短いです。周辺の地形の影響?この頃天気が悪かった?、、何でだろう?

 ところどころで欠測になっているのは和時計を動かしていなかったり、データをメモるのを忘れていたためです。自動的にEEPROMに記録させるようにすれば確実に記録を残せるのでそのうち改良したいと思います。

 ところで、マヤなどの古代文明は太陽や星の動きを正確に把握していたらしいですが、こんなデーターをたくさん蓄積していたんでしょうね。こういう測定をずっと続ければ1年がおよそ365日ということが判るはずです。

tag : 日の長さ 季節変化 自動測定 マイコン

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード