google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

パソコンを入れ替え、HP pavilion P6

 長年使ってきたパソコンですが、さすがに性能不足が目立ってきました。それにうるさいし、発熱もすごい、OSがXPだし、ということで新しいのに変えました。

▼新旧のツーショット
新旧パソコン
 奥側の白っぽいのが旧パソコン。これはパーツを集めて作った物で、CPUはPentium-4 2.4GHz。10年近く使ったので十分元はとってます。
 手前の黒いのが新パソコンで、HPのBTOパソコンの pavilion P6というやつ。新パソコンといっても店頭展示品をヤフオクで落としたもので、23インチ液晶付で5万円ちょっと。
 旧パソコンはケースが大きすぎてじゃまだったので、これくらいのサイズの物を探していました。

▼内部
内部
 スカスカですw

 グラボが刺さっていますが、これはデバイスマネージャーで見るとRadeon HD7450。性能的にはCPU内蔵のGPUとほとんど変わらない程度の物でした。ただ、これがあるとHDMIも出力出来るのがメリットです。
 マザボの端子のうちSATAは2本、USBは4本が配線されておらず空きになっていました。将来何か困った時には役立つでしょう。
 それと、ひょっとしてシリアルインターフェイスピンがどこかに出てないかと思って探したのですが、流石に無かったです。まあこの世代のマザボなら当然でしょう。でもRS232Cが無いと不便なことがいくつかあるので対策を真面目に考えないといけません。

▼システム
システム情報
 CPUは Core i7 3770、メモリー8GB、OSはWindows7 64ビット。マシンの正式な名称はp6-2171jpです。

 このCPUは去年発売のIvy-Bridgeで最新のHaswellの一世代前です。でもベンチマークの記事とかを見ると性能的には20%も変わらないみたいです。ちなみに現在のCore i7 3770の新品価格は約3万円なので、なんだかすごく得した気分です。

▼Windows エクスペリエンス インデックス
エクスペリエント インデックス
 グラフィックがしょぼいですが、プロセッサとメモリは強力です。

▼モニタ
モニタ
 23インチのワイド液晶です(HP2311f 1920×1080画素)。おまけくらいに考えていたのですが結構いい感じです。ただツルピカ画面なので昼間明るい部屋で使う時は映り込みが多いのが難点。最終的にはマルチモニタにしたいのですが、とりあえずoink!さんとこみたいに横に縦画面のXGA液晶置くのが現実的かなと思ってます。

 それとこのPC買って一番良かったのが消費電力が少ないこと。

 以前作ったカレントトランス電源電流モニタを使ってAC100Vラインの電流測って消費電力を推定してみると、定常時には36Wくらいしか喰いません。ちなみに前に使っていたPentium 4マシンは定常時で160W、負荷かけると200Wを超えていたのでえらい違いです。技術の進歩はすごいです。もっと早く変えればよかったです。

 ということで新マシンからの初の記事投稿です。回路いじりもやりたいのですが、PCの環境整備がまだいろいろ残ってるので、、困った。

リニアテクノロジーにサンプルリクエスト。到着!

 ぜひ作ってみたい回路があるのですが肝心のICが手に入りません。

 Digi-Keyにはあったものの送料が高いです。7500円以上買うと送料が無料になるので、10個くらいまとめ買いすればいいのですがそんなにいらないし、ということで困っていました。

 いろいろ調べてみると、メーカーのリニアテクノロジーにサンプルリクエストすると無償サンプルを最大で5種類、2個まで送ってくれるとのこと。サンプルリクエストのページの例
 MyLinearアカウントの登録が必要ですが、タダで送ってもらえるなら面倒くさいとか、そんな贅沢言ってられません。

 でリクエストしたら、

▼リニアテクノロジーからサンプル到着
サンプルの封筒
 Webからリクエストして4日後くらいに到着、仕事早い!

 サンプルリクエストのWebには「リニアテクノロジーは自身の自由裁量によってサンプルを送らない権利を有します」と書いてあるので必ず届くという保証は無かったのですが、ちゃんと送られてきました。リニアテクノロジーさん、大好きです。

 ちなみに、封筒はクロネコのメール便で、伝票番号で追跡かけると都内某所から発送されていました。

▼中には
中には
 チップは静電気防止袋の中の短く切ったスティックに入ってました。袋に書かれた手書きの文字が日本人っぽくないので、ミルピタスの本社で荷造りしたのかも知れません。

▼LTC3112とLTC3115-1
LTC-3112と3115-1
 サンプルでもらったのはこの二種類。
LTC3112 15V、2.5A同期整流式昇降圧DC/DCコンバータ
LTC3115-1 40V、2A 同期整流式昇降圧DC/DCコンバータ

 この石は4スイッチタイプの昇降圧コンバータ。出力電圧に対し電源電圧が上でも下でもシームレスに動作する、つまり降圧と昇圧を自動切換えするという優れものです。ただしご覧のようにSMDで、さらに裏側にGND兼放熱用パッド付き(写真の左上のチップは裏返しです)なので製作の難易度はかなり高いです。

 ということでこれからぼちぼち取り組んでいきたいと思います。

tag : 昇降圧コンバータ 無償サンプル

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード