google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
fc2ブログ

オタマトーンの音域を、周波数カウンターで測ってみた

 家人が面白いものをアマゾンで購入。

オタマトーンの大小
オタマトーン
 二つ買わないでもいいだろーがと思うのですがそこは大人買い、というか自分で稼いだ金で買っているので好きにしてください。

 で、ちょっと触らせてもらったので記事のネタにします。

▼オタマトーンの背面パネル
オタマトーンのパネル
 黒い方の背面はこんなになっていて、音量調整ボリュームや音域変更用のLow/Mid/Hiのスイッチ、LINE OUTのミニジャックなどがあります。

 せっかくLINE OUTが出ているなら、オシロで波形を見てみます。ネックというかフィレットというか何ていうんでしょう。ま、とにかく棒の中央付近をつまんで音を出した状態の信号波形は以下の通り。

▼Low
オタマトーンの波形、Low

▼Mid
オタマトーンの波形、Mid

▼Hi
オタマトーンの波形、Hi

 波形としてはデューティ10%くらいの矩形波で、周波数が変わってもデューティは変わりません。こういう波形だと高調波成分が多いので楽器っぽく聴こえる、ということでしょう。

 音の周波数はオシロの波形から判りますが、せっかくだから周波数カウンターで測ってみます。

▼こんなふうに測定
周波数測ってみた
 なるほど、Midで中央付近を押した時は314.89Hzです。

 で、せっかくだからLow/Mid/Hiの状態で出せる音域の周波数を測定してみると、

 Low:43.7~258Hz、Mid:153~892Hz、Hi:634~3824Hz

 これじゃ判り難いので鍵盤に落として見ると
オタマトーンの音域(スイッチの位置別)
 (鍵盤の図はこちらのサイトから頂きました、ありがとうございます)

 同じスイッチの位置では2オクターブとちょっと。スイッチ切り替えで6オクターブの音域があります。

 かなり低い音まで出ていますが、そういう音はオタマトーンの小さなスピーカーで再生されるはずも無く、高調波音だけ出ている状態でしょう。たぶん無限音階状態(ドレミファソラシドレミファソラシドとやっても基本波のピッチは上がっていない状態)になっていると思います。

 でもこれ、ベースアンプで音出すと楽しそうです。誰かやってみませんか?

tag : 音域測定

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。
記事の内容のご利用は読者の自己責任でお願いします。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード