google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ArduinoのRTCライブラリ、RTC8465を使う時の注意点

 以前気圧ロガーの製作記事を書いたのですが、これを参考にして同じような物を作る方が時々いらっしゃいます。この時はまりやすいのがリアルタイムクロックのライブラリの修正。

 そこで、修正方法のポイントを整理しておきます。

1. RTCのライブラリRTC8465の入手先
 なんでも作っちゃう、かも。さんのブログの、Arduinoで遊ぼう - リアルタイムクロックの記事にあるリンク先から RTC8564-001.zipをダウンロード、解凍してArduinoのライブラリに追加。

 実はここをどうやったか正確に覚えてないです。たぶんProgram Filesの中のArduinoのあるフォルダに入れたはずなのですが、実際にライブラリが動く場所は違ってくるみたいで、ここが混乱の元。

2. ライブラリの修正
 このライブラリはIDEのV1.0以前に作られたものなので、以下を修正。 

9行目に#include "Arduino.h"を追加(挿入)。
20131130Library.gif
 これで22行目のdelay(1000)がエラーにならなくなります。

 ・Wire.send を Wire.writeに書換え
 ・Wire.receive を Wire.readに書換え
 量が多いのでエディターの文字列の置換でやると良いでしょう。

【2017/7/1 追記】
 上記に加え6行目の #include <WConstants.h> をコメントアウト。
 (上記情報は、まっくんさんから連絡いただきました、ありがとうございます。なお使った Arduino IDE は 1.8.1 です)


 これだけの修正でコンパイルエラーは出なくなります。

3. 注意点
 ここで重要なのはライブラリファイルのある場所を間違えないこと。ライブラリの追加方法にもよるのでしょうが、ユーザーが追加したライブラリはユーザーのマイドキュメントに置かれ、こちらが使われるようです。つまり下記のパス。これは私のWindows7の例で、OSなどの違いで上の方は変わります。
C:\Users\user\Documents\Arduino\libraries\RTC8564

 紛らわしいのは以下のパスにライブラリ置いておいても参照されるのはマイドキュメントの方みたいです。
C:\Program Files (x86)\Arduino\libraries\RTC8564

 つまり、Program Filesのフォルダーのライブラリを一生懸命修正しても何の役にも立ちません。実は私は何度かやりました、汗;

 どの場所にあるライブラリが使用されているかを特定するのには、エラーメッセージを読めば判ります。
20131130ArduinoError.gif

 上のコンパイルエラーは、#include "Arduino.h"を追加しない場合に出ますが、メッセージを良く読むと、ライブラリファイルの場所は、C:\Users\user\Documents\・・・・と書いてあります。

 ArduinoのIDEの1.0以降でそのまま使えるRTCライブラリがあればいいのですが、RTC8564を勝手にバージョンアップするわけにもいかないし。

【後記】
 ライブラリの追加方法がいまいち納得できないのでもう少し調べたら、マイドキュメントの中のlibrariesフォルダの中にreadme.txtがあり。中には、
For information on installing libraries, see: http://arduino.cc/en/Guide/Librariesと書かれていました。
リンク先を読んでみると正しいやり方が書いてありました。IDE1.05以降だとzipのままで登録できちゃうみたいです。

 なお、この記事ではArduinoのIDEは1.0.5を使っています。

tag : コンパイル エラー リアルタイムクロック

単6乾電池を安く手に入れる方法

 このあいだ行ったMFT2013でFRISK おじさんがいろんな回路をフリスクのケースに組み込んでいました。

▼FRISK おじさん
MFT2013のフリスクおじさん
 この方のWebを探したけど見つかりません。ちなみに検索かけると、上の方にリンク置いた自分の記事や、エアバリアブルさんのMFT2013の記事やらが出てきます。Web活動やられていないのかな?すごくもったいない気がしますが、それはそれで余計なお世話なんでしょう。

 ともかく、オーディオDACとかいろんな凝った物を全てフリスクのケースに入れるこだわりには関心しました。

 で、ここからが記事の本題。フリスクのケースで工作するなら普通はコイン電池を使うと思うのですが、フリスクおじさんは単6電池を使うのだそうです。確かにその方がパワーがあるでしょう。
 単6電池はアマゾンで売ってますが、容量の割りに値段が高く1本100円以上します。これじゃやってられないので、9Vの乾電池をばらして使うのだそうです。

▼こんなふうにぴったり
単6電池3本入り@フリスク

 これはいいことを聞いたので、やってみました。

▼ダイソーで9Vの乾電池を買ってきます
6Vの電池、006P
 おなじみ006Pです。

▼6 LR61と書いてあるのが単6が6本入っているタイプ
6 LR61
 外観は全く同じで 6F22と書いてあるやつは平らなセルが6枚入っているタイプなのでこれはダメです。ちなみに昔は006Pは9Vの積層電池なんて呼ばれてましたが、もう死語ですね。

▼分解開始
006Pの皮むき
 シュリンクラップの中にプラスチックケースに入った本体が、

▼ケースのフタをこじ開ける
上カバー外した
 こじ開けというより四隅をニッパーで破壊。

▼電池セルが見えてきました
ケースの皮むき

▼中から単6電池が6本出てきたぞ
中から単6電池が6本出てきた
 AAAA電池というのだそうです。

▼極性を確認すると、-1600.9mV
極性確認、えっ!
 えー、筒に絞りがある方がプラスじゃないんだ。

▼極性のマーキングやり直しw
極性をマーキング
 私のような世代は筒に絞りがある方がプラスと擦り込まれています。間違えないようにマーキングしておきました。電池に溶接されているタブは残しておくとここにはんだ付けできるそうです。

▼外径は7.92mm
外径は7.92mm
 寸法公差としては8mm Max.になっているのでしょう。

▼フリスクのケースにぴったり
フリスクのケースにぴったり
 二個直列に使う場合はその部分のタブを切り離さないでおけば具合がいいでしょう。

▼保管はショートしないように袋に入れる
ショートしないように極性を揃えて袋に入れとく
 こうやって取り出した電池はタブが出ていてショートしやすいので、タブが外径からはみ出さないように曲げ、極性を揃えてビニール袋に入れておくのが良いでしょう。部品箱の中で発火したらしゃれになりません。

 105円で単6の電池が6本手に入る。単価にすると17.5円なのですごく美味しい話です。

 なお、電池の分解はショートなどさせると危険なので、あくまでも自己責任でお願いします。またこうやって取り出した電池の外装の絶縁膜は、普通の電池と比べるとすごく薄いので、ショートなどさせないよう取り扱いにご注意ください。

tag : 006P 分解 100円ショップ

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード