google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

電子工作用の作業机(計測器棚)の製作

 電子工作用のスペースと机が確保出来たので、計測器用の棚などを作って作業場所を作りました。以下は久しぶりにやった木工作業です。

▼計測器の棚です
計測器棚
 この写真だけ見てどう使うか判った人はエライです。

▼柱と棚板
棚と柱の構造
 素材はパイン集成材で、柱は溝とネジ孔があらかじめ加工されている物です。棚板もこの柱に合うように作られた物で厚さ18mm、耐加重40kgです。

 以下は購入した素材と加工方法です。
パイン集成材棚受(S) 1162x60x24:2本、838x60x24:1本
 長さ1162mmの素材は机の高さに合わせて長さを調整(カット)。
 833mmの材料は半分に切って2本の柱にします。
 どちらの柱も下に滑り止めのゴム板を両面テープで接着。
パイン集成材棚板(R) 600x450x18:2枚
◆組み立て用の専用の木ネジ

 近くのホームセンター(くろがねや)で購入しましたが全部で7500円くらいでした。

 実はどういうものを作るかよく決めないままでホームセンターに行きました。とりあえず安いシナベニアと何か足になりそうな素材を買うか、あるいはイレクターを組み合わせるか、などと思ってお店に行きました。
 で、この予備加工された素材を見て、「これ簡単でいいじゃん!パインの木目も綺麗だし」ということであっさりこれに決めました。当初想定したよりかなり予算オーバーだったのですが、手間が掛からないのでまあいいかと。

 無垢のパイン材のままだと汚れ易いので、クリアの水性ウレタンニスを二度塗りしました。これで表面が硬くなります。最後に固い布でこすると適度のツヤが出てきていい感じに仕上がりました。

▼机の後ろに立てかける
机の後ろに立てかける
 この写真見れば何をやりたかったのか判りますね。この机は子供が使っていた学習机です。

▼計測器の積み込み開始
計測器を載せ始める
 中間に厚さ15mmくらいのヒバの集成材の板を差し込んで小物を置けるようにしました。これは600x400mmの板をホームセンターで長さ595mmにカットしてもらいました。家でノコ挽きしてもいいのですが、寸法が決まっているならホームセンターで切ってもらった方が正確だし楽ちんです。この板も水性ウレタンニスで仕上げました。

▼完成
完成
 これであちこちに分散していた計測器を一箇所にまとめることが出来ました。木製ラックなので木ネジ使ってフックなどを簡単に取り付け出来るのですごく便利です。

 机の表面にはMDFの4mmくらいの薄板を敷いています。電子工作では机の表面ではんだ付けすることもあるのでこういう素材を置いておくと安心です。

 製作中の作品を片付ける必要がある場合は、このMDFの板ごとラックの下に滑り込ませばあっという間に作業完了です。(^_^)v

▼正面から
使い易いです
 いいですねー、でもこれを使って何を作るかが問題なんです。

 今時の工作にはPCが必要なのでそれはこの右に展開したいと思います。とりあえず資料見るだけならタブレットでしのごうかと。

 ちなみにこの測定器はヤフオクで中古を集めたものですが、販売時の値段の合計は車が一台楽に買えるくらいになります。そういう良いものを自宅に置いて自分専用に使えるなんて、いい時代になったものです。

USB簡易電圧・電流チェッカーの精度測定

 Webを巡回していたらUSBの電圧電流チェッカーを買った方がいました。これあれば便利だろうなーとは思っていました。でも、LEDの点滅速度でUSBの電源電流が判る自作のアダプタがあるし、テスターやDMMを使えば電流や電圧の測定は正確に出来るので、あえて買う必要性は感じていませんでした。

 で、その方のブログにリンクされたアマゾンのページを見たら送料込みで何と405円(この記事を書いた時点の価格です)。昔は1000円くらいしていたと思うので、この値段なら即買いです。

 3日後に郵便受けに入ってました。この値段で宅急便は無いですよね。封筒を開けると、

▼USB電圧電流チェッカー
USB電圧電流チェッカー、届いた

▼外観
USB電圧電流チェッカー
USB電圧電流チェッカー、裏面
 表示によると測定範囲は 3~8V/0~3A。

▼タブレット充電中
タブレット充電中
 こりゃ便利です。ブルーの透明ケースに赤いLEDはなかなかお洒落です。この写真では電流が0.70A流れています。電圧と電流は自動切換えで交互に表示します。

 あれこれ測ってみるとケーブルによっては電圧降下が大きな物があり、0.5A流すと4.6Vくらいまで電圧が下がってしまう物もありました。電圧が低いと端末側で電流を制限することもあるようで、こうなると充電に予想外の時間がかかることになります。このあたりが端末とUSB充電ケーブルとの相性と言われる原因の一つになっているんでしょう。

▼電流測定用のシャント抵抗か
シャント抵抗
 殻割りしたかったのですが、ケースが接着されているようなので自粛。内部の基板上にシャント抵抗らしきものがあります。ここだけワッテージの大きな抵抗なのでシャント抵抗と見て間違いないでしょう。表示がR050なので50mΩだと思います。

 内部にはPICのような16ピンのSMTのICが一つ入っていました。こういう簡易な測定器では片電源のオペアンプを使っているはずなので、ゼロ付近の立ち上がり特性が気になるところです。

 ということで、私の好きな測定をやってみます。

▼簡易電子負荷
簡易電子負荷
 いろんな値のセメント抵抗を用意するのも面倒なので、簡単な電子負荷を作りました。使うのはもちろんパワートランジスタで、大き目の放熱フィンを付けておきます。R2は電流測定用のシャント抵抗ですが、バイアスの安定化にも多少は役立っていると思います。とは言っても温度補償など無いのですぐに負荷電流が変わってしまいます。ということで、負荷量を設定したら測定は素早くやる必要があります。笑

▼測定中
ダミー負荷で電流特性
 中央奥が電子負荷で黒く見えるのは放熱フィンです。とりあえず測定中に動けばいいので空中配線のやっつけ仕事です。

▼測定結果
回路図
 プロット点が実測値で、近似直線を追加してあります。予想通りゼロ付近に不感帯がありますが、僅かな量(約15mA)でした。直線性も問題無く、値段から考えるとなかなか優秀な性能だと思います。

 ちなみに、負荷と電源の都合でこれ以上大きな電流は測定していません。最大負荷をかけた状態で電圧は4.97Vでした。

 ん、電源電圧が3Vと8Vの場合の精度はどうなる?。こいつ自体の消費電流は?・・・、まああまり細かいことは気にしないで使いましょう。
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード