google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ハワイでレンタルのモバイルWiFiルーターを使ってみた

 先日旅行に行ったハワイ島ではレンタルのモバイルWiFiルーターを使いました。

 これが実際にどれくらい使える物なのか、一抹の不安はありました。しかし、インターネットに接続できない状態が続くのはちょっと耐えられない気がしたので思い切って借りてみました。借りたのは羽田で借りて羽田で返すタイプで、GLOBAL DATAがやっているサービス。この記事書いている時点ではイモトのWiFiと呼ばれているやつです。

 なお、ハワイの市中で借りる手もあって、こちらの方がたぶん安いようです。でも今回の旅行ではホノルル空港から市内に出ずにハワイ島に直行するので、国内で借りて国内に返却するタイプにしました。

▼レンタルのモバイルWiFiルーター
レンタルのモバイルWiFiルーター
 行き先によって違う端末がレンタルされるそうですが、ハワイ行きではこれがレンタルされました。現地に行って電源入れると、AT&Tの3G回線に接続されたみたいです。WiFiのSSIDとパスワードはデカデカと印刷で表示されています。

▼USBバッテリーで動かした
外部バッテリーで動かす
 WiFiルーターの電源は3-4時間程度しか持たないらしいので、持参した5400mAHのモバイルバッテリーで連続動作させました。ちなみにレンタル窓口のお姉さんは、「電池を長持ちさせるために、使う時だけ電源入れてください。」と言ってましたが、そんな面倒くさいこと出来ませんって。

 モバイルWiFiルーターがあるとiPhoneをいつでもインターネットに接続出来て便利でした。なおハワイ島では、誰も住んでいないような原野を除けば、どこでもインターネットに繋がっていました。ちなみに、マウナケアの山頂からLINEが使えたのにはちょっと感動しました。

▼nexus7(2012)でナビ
nexus7でナビ
 インターネットに常時接続出来るとタブレットのナビも使えるので快適です。

nexus7でナビ
 ヒロの海岸の公園からレインボーフォールに行く道を検討中。

▼レンタカー(Herts)に付いていたナビ
Hertzのレンタカーに付いていたナビ
 最小限の機能のしょぼいナビだったのでこれは全く使いませんでした。

▼夜は一斉にバッテリー充電
夜はバッテリー充電
 私と奥さんのiPhoneが2台、nexus7とモバイルWifiルーターにUSBバッテリーの合計5台を充電中。これ以外にデジカメのバッテリーの充電も必要です。ACコンセントの差込口が不足するのは判っていたので、三つ又ソケットを持参しました。また何かの不具合で充電を失敗していると困るのでUSB充電チェッカーを使って、ちゃんと充電されているか確認しました。

 ということで、快適なインターネット環境が使えて良かったです。但し、ドライブ中は車のシガーソケットからUSB電源を取ったのですが、そこでちょっとした誤算がありました。そのあたりの話はまた別の記事でレポしたいと思います。

 それと、うちのiPhone6はソフトバンクの回線なのですが、ソフトバンクはsprint社を買収したのでハワイでも国内と同じように使えるよー、というメールがショートメッセージで入って来ました。これ、使うかどうかちょっと迷ったのですが、結局無視しました。というか機内モードにしてWiFi以外の電波受信を拒否しました。スマホを機内モードでずっと使うのは、情弱っぽい感じがして少し抵抗があったのですが、たぶんこれで正解だったと思います。

 sprintの回線が使えると言っても別のキャリアに接続されることもあるはずで、その場合には高額な接続料が発生する恐れがあります。ローミングをoffにしていれば大丈夫なのかも知れませんが、ユーザーのミスを誘発させて儲けるのはソフトバンクのいつもの商法です。こっちだって学習機能があるのでそうそう簡単に引っかかりません。

マウナケア山頂に自作高度計を持っていった

 久しぶりのブログの更新です。このところ電子工作をやっていないので、ネタ切れ状態です。でも、ちょうど良い話題があったので紹介します。 

 先日ハワイ島に旅行に行ったのですが、その際マウナケアの山頂へ行くツアーに参加しました。で、せっかくのチャンスなので自作の気圧高度計を持って行って、ちゃんと動くか試してみました。

 持って行ったのは気圧センサーのLPS25Hを使ったデジタル表示の高度計です。

 マウナケアの山頂ツアーは4000mを越える高さまで車で連れてってもらえますが、途中に未舗装道路もあるので4WDのワゴンが使われます。

▼途中の道端で小休止
標高1967.3m@サドルロード
 ここはアプローチになるサドルロードという道で標高は1967.3mです。背後はツアーのワゴン車です。こんなふうに途中で休憩を入れながら高度順化していきます。この後でサドルロードを離れ、一気に山道を登っていくことになります。

 途中でオニズカポイントで休憩と晩御飯のお弁当を食べ、その後山頂へ向かいます。

▼山頂付近の車中にて、
標高4115.4m@マウナケア山頂付近
 出ました!標高4115.4m。気圧高度計はちゃんと動いています。なお、マウナケアの山頂は4205mですが、そこまで道路が通っていないので車では行けません。確か聖地なので勝手に歩いて行ってはダメな場所だったと思います。

 せっかくなので山頂からの絶景を、

▼日没後の夕暮れ時
マウナケア山頂の夕暮れ
 正面の雲海に太陽が沈んで暗くなり始めた頃。右下はまだ明るく左上は夜。つまり昼と夜の境目が見えているのだと思います。空の中の明るい光は月です。

 右下の黒いシルエットは天文台。広角レンズのせいで傾いて写っていますが、右から4つ目がすばる天文台です。

 以下は山頂から少し下にある駐車場からの撮影です。

▼南方向の星空
南方向
 右下の黒い稜線は雲海の上のマウナケア。稜線の延長にかすかに赤く見えるのは、キラウエア火口の溶岩が雲を照らしているためです。

 マウナケアとキラウエアの中間付近の低い空に南十字星が写っています。

▼北方向の星の周回写真
北方向、星の周回写真
 露出20秒を12枚比較明合成したものです。充分な枚数の撮影が出来なかったので星の軌跡の長さが少ないですが、北極星の高度がとても低いことがよく判ります。

 ということで、めったに出来ない体験をしてきました。山頂付近は空気がとても薄くて、乱暴に動くと体がおかしくなってしまいそうな場所でした。
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード