google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

ルームエアコン故障、メーカー修理

 酷暑が続いていますが、この暑いのにリビングのエアコンが突然故障しました。前日までは何ともなかったのに、使おうとしたら動かなくなっていました。最初はリモコンの電池切れかと、軽く考えていたのですが、本体の強制運転ボタンを押しても何も動きません。そもそも電源スイッチを入れても何の表示も出ないので、制御基板が逝っちゃっている感じです。念のために電源コンセントをテスターで当たると、ちゃんと電源は供給されていました。

▼エアコン
エアコン
 富士通ゼネラルのAS-Z56B2Wという機種で、2012年製です。なお、この写真は修理後に正常に運転している状態で、故障時は、ルーバー類が全て閉じた状態で固まっていました。

 家電製品の修理は得意ですが、エアコンともなると専門家にお願いするしかありません。幸い某家電量販店で買った物で、10年保証が付いています。ということで、購入店経由でメーカーに修理依頼を行いました。

 休み明けにサービスの人が来てくれて、修理が始まりました。ざっと状況を確認すると、すぐにカバーを開けて制御基板の取り外しを始めました。

▼制御基板(クリックで別窓に高解像度写真)
カバー開けて制御基板を見た状態(高解像度)
 「たぶんこの基板が故障していると思われるので、交換します」 ということで、基板の交換を始めました。ちなみに修理部品として持って来たのは交換用の基板だけでした。(車の中にはもっと部品を持ってきているのかも知れませんが)
 【追記:この写真は修理後に撮影したものなので、写っている基板は故障していません。】

▼交換した基板(クリックで別窓に拡大)
エアコンの制御基板
 これは修理のために取り外された基板ですが、けっこう複雑な回路が入っています。D78F1164Aと捺印された100ピンのQFPパッケージが制御用のマイコンでしょう。コネクタには誤挿入防止のためのキーが入っています。

 基板交換後に電源を入れると正常に動くようになり、めでたく修理完了となりました。ちなみに修理費用は無料で、出張修理費もかかりませんでした。

◆まとめ
・たぶん制御基板が壊れたんだろうな、と思っていましたが、その通りの結果でした。それにしても、症状をざっと確認した後は、いきなり基板を交換するとは思いませんでした。まあ、これが一番手っ取り早い、というか現地でこれ以上の処置は難しいんでしょうね。
 基板が動けば、マイコンを使った自己診断機能が活躍するというシナリオなんだと思います。でも、基板交換しても直らなかった場合はどうするんでしょう。

・このエアコンが故障していた間は、他の部屋のエアコンの空気を扇風機で送り込んで暑さをしのぎましたが、やはり暑くて大変でした。日本の夏をエアコン無しでしのぐのは無理です。

・修理の様子をもっと写真に撮りたかったのですが、作業の邪魔になってはいけないので自粛しました。なお、基板の写真は、ちょうど見易い場所に置いてあったので撮影しました。

DSO Shell のファームをバージョンアップ (v113) たぶんこれで最後

 特にやりたい工作も無いので、JYEtech製のミニオシロ、DSO-Shell (DSO-150) のファームのバージョンアップを行いました。これまでにバージョンアップは2回やっています(V054→V055V055→V111)が、最近のJYEtechのDSO Shellのフォーラムを見ていると、ほとんど書き込みが無くなってきて、バグ潰しも終わった、つまり枯れて来た感じです。ということで、ここらで最新版のファームを入れることにしました。

 ちなみにv111のファームは、波形のパラメーター情報の左側が、波形の振幅が小さいと表示されないという問題があります。写真で説明すると以下のような現象です。テスト信号として三角波を入力しています。

▼波形の振幅が4Div. 以下だと一部の情報が表示されない
振幅が4Div以下では左側の項目が表示されない
 緑の四角で囲った範囲の情報が表示されません。

 もう少し信号の振幅を増やしたのが次の写真です。

▼波形の振幅が4Div. 以上あれば表示される
4Div以上あればOK
 振幅が4Div. 以上あれば情報が表示されます。表示されるのは時間軸に関係する情報です。なお、私の個体がたまたま4Div.を境に表示の有無が別れましたが、他の個体でどうなっているのかまでは判りません。

 私はこの画面はほとんど使わないので、あまり問題は無いのですが、ファームを v113にすれば直るようです。なお、この問題はV110 頃から発生しているようで、このバグフィックスに、nekosan が協力されています。詳しくはこのあたりから始まる一連の記事の中に状況が書かれています。

 そんなことで、遅まきながらファームの書き換えを行います。

▼ファーム書き込みの様子
ファーム書き換え中
 これで3回目なのであっという間に完了しました。電子工作好きが持つべき物は、信頼できるUSBシリアルアダプタです。

▼v113へアップデート完了
ファームV113
 なお、JYEtech のサイトにはもっと新しいバージョンの v120が公開されていますが、これはLCDコントローラーのST7789Vに対応したものらしいものらしく、あまり関係無さそうなのでパスしました。

▼動作確認
ファームアップデート後
 ファンクションジェネレーターから、振幅の小さな信号を入れて確認している様子です。表示の振幅が 0.2Div. 以上あれば、情報が表示されるようになりました。あと、v113ではEEPROMのリードエラー対策などの改良が行われているようです。

◆まとめ
 たぶんこれで、ファームのバージョンアップは最後になると思いますが、良いオシロになりました。このまま故障せずに、動いてくれることを期待します。

 なお、DSO Shell には模造品が出回っており、そのような物ではバージョンアップ出来ない、というかバージョンを上げると使えなくなるようなので要注意です。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード