google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

おもちゃのパチンコ台 でるぱち7 (おもちゃ修理)

 おもちゃ修理の記事の3回目、今回はトミーのおもちゃパチンコ台 でるぱち7です。症状としては玉が打ち出されなくなる、というものです。

▼でるぱち7
トミーのでるぱち7
 昭和の時代のおもちゃで、レバーを廻すと電動で自動的に玉が打ち出される仕掛けになっています。電池は動力用に単一電池が2本、効果音(軍艦マーチ)用に単三電池1本が使われています。

▼表カバーを開けた状態です
表カバーを開けた状態
 左側が表カバーですが、上下を逆に置いてしまっています。表のカバーの内側はパチンコ玉のスペースなので、分解する時に玉を落とさないよう注意が必要です。

▼メカケースを外す
メカボックスを外す
 作業がやり難いので、本体からメカケースを外します。配線が繋がっていますが、うまくやれば線は切らずに平らに置けます。

▼メカボックスの表パネルを外す
内部メカ
 大量の歯車が出て来て思わず息を呑みました、これは凄いです。かなり複雑な動きをするのですが、それをたった一つのモーターで動かしていたとは、恐れ入りました。

▼メカ中心部
メカ中心部
 中央付近が、スロットの回転から停止までの一連の動きの制御を行うメカです。ドグクラッチや遊星歯車が使われていて、一見しただけではどういう動きをするのか、さっぱり判りません。

 玉が入るとストップボタンが押されるまでルーレットを回転させ、当たり(777)が出た時は下のゲートを一定時間開いて玉を集め、最後に元の状態に戻す、という条件分岐を含んだ複雑なシーケンスをメカだけでやっている訳で、すごい技術です。

▼割れていたピニオン
割れていたピニオン
 一つ上の写真のスロット動作制御部から右上に出ているシャフトの先に付いているピニオンが割れており、これが故障原因でした。この歯車の先の動力の経路には入賞検出のメカなどがあるのですが、玉が入ると負荷が重くなるので、ピニオンが滑っていたようです。 

 なお、このピニオンはm0.5, 10T, 軸径φ2.45でした。軸径が半端ですが、3/32インチ(2.381mm)なのかも知れません。

▼修理したピニオン
ピニオン修理(接着)
 シャフトに少し傷を付けて引っ掛かりを作っておいて接着剤を塗り、ピニオンを入れて固定しました。また軸の手前側に少しスペースがあるので、写真のように接着剤を肉盛りして補強しておきました。なお使った接着剤は2液のエポキシです。

 せっかくの機会なので、もう少し見て行きます。

▼メカ下部
主要部
 見づらいですが、赤字で修理したピニオン、と書いた位置が割れていたピニオンです。右上に効果音を出すためのフイゴがあります。

▼フイゴ
効果音用の笛
 フイゴと笛です。玉が入賞するとピッと音がします。またスロットが廻っている間はピピピピ・・・と連続して音が出ます。今だったら電子的に効果音を出すのですが、そんな物が無かった(高かった)時代の工夫ですね。

◆入賞玉の処理機構の動画 (youtube埋め込みオプション ?loop=1&playlist=FOz1ZRXcs8s&rel=0)

 一度に大量に入賞玉が発生しても、順番に処理する仕掛けになっています。なお、パチンコ玉の直径は4.75mmだったので、3/16インチのベアリング用鋼球が使えそうです。 

 動画では歯車音がうるさいですが、玉を送る度にピッという音がしています。また、音と同時に連結機構が動いてカウンターをカウントアップしています。なお、玉が飛んでしまうので、この動画では打ち出しハンマーは外していますが、実際には上に玉を押し上げて発射位置にセットした後、ハンマーで打ち出すようになっています。

▼パチンコ玉のパス
玉の経路
 大当たり、入賞、外れの玉の経路はこんなふうに別れています。大当たりの玉が落ちて来てきて、白いレバーに当たると、スロット回転のシーケンスが始まるようになっています。

 なお、スロットが回転してストップボタンで777が出ると大当たりになり、玉がジャンじゃん入る仕掛けになっています。また、タイマーで自動停止する機能があるので、一定時間内のポイントを競うような遊び方が出来ます。

 あと、効果音の軍艦マーチは電源スイッチが入っている間は鳴り続けるようになっています。

◆まとめ
 おもちゃの修理としては「ピニオンが割れていたので修理しました」と書けば済む話です。でも、内部の仕掛けがあまりにも素晴らしかったので、詳しく紹介してみました。

 それにしても、よくこんな複雑な物を作ったものだと感心ます。作られたのは1980年代だと思いますが、CADなんか気軽に使えなかった時代なので、ドラフターを使って手書き図面で設計したのでしょう。

 ということで、おもちゃ病院のドクターの役得ということで、良い目の保養をさせて頂きました。

 これで今回の一連のおもちゃ修理の事例の記事は終わりです。また次回ネタがあれば記事で紹介したいと思います。

 あと、おもちゃ修理の記事が増えたので、専用のカテゴリにまとめたいと思います。現在は電子工作の修理分解カテゴリになっています。
 おもちゃ修理関係ののカテゴリを作り、関連記事をここに移動しました。→ おもちゃ修理のカテゴリ (2018/12/18)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード