google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

テレビ (REGZA) のタイムシフトマシン用HDDを交換

テレビ (東芝 REGZA) に付けている、タイムシフトマシン用のHDDが認識されなくなってしまったので、ドライブを交換して修理しました。

▼テレビのHDD
BUFFAROのタイムシフト用HDD
上が通常録画用の4TBのHDDで、下がこの記事で取り上げるタイムシフトマシン用のHDDユニットです。

実は、先に通常録画用のHDDの調子が悪くなったので新しい物に買い替えたのですが、その原因調査などの作業をやっている間に、タイムシフトマシン用のHDDまで具合が悪くなってしまいました。取り外し/再認識など、めったにやらない操作を行ったので、既に壊れていた機能の問題が顕在化したような気がします。

通常録画用のHDDは、かなり古くて容量も小さかったので新しい物と入替え(上の写真は交換後のものです)。タイムシフトマシン用のHDDも買い替えか、と思ったのですが、これ容量が大きい(3TB x 2台)ので値段も結構します。そんなことで、貧乏根性出して、ドライブを交換して修理を試みることにしました。

▼HDDドライブユニットの背面
タイムシフト用HDD
ドライブユニットは写真のようにBUFFALOのHDT-AVU3/Nという物で、3TBのHDDが二台入っていて、USB3.0インターフェイスも2系統あります。

ケースは背面の4カ所の皿ビスを外しておき、その後、ケースの側面パネルを下から拡げるように浮かして、ラッチを抜きながら上に抜くことで外れます。なお、ケースを開けた状態の写真があれば良かったのですが、撮り忘れていました。

▼内部
内部
3.5インチのSATAのHDDが2台入っています。

▼HDDを取り外す
取り外したHDDと基板
HDDは取り付け用の板金金具にねじ止めされ、その状態でプリント基板のSATAコネクタに差し込むようになっています。なお、ファンの配線がコネクタで繋がっているので、それを抜く必要があります。

なお、ドライブは二つあり、そのどちらが故障したのかをあらかじめ特定しておく必要があります。そのためにドライブを入れ替えてテレビに接続して様子を見たり、PCに接続したりして確認しました。で、結論はA側のドライブが故障していると判断しました。ちなみに、タイムシフトマシンでは、管理情報などはA側のドライブに記録されるので、A側のHDDが故障するとB側にも記録出来なくなるようです。(B側が故障した場合は、A側だけには記録出来るはず)

▼故障したHDDドライブ
元のHDD(故障)
東芝の3.5インチ SATA の 3TB の物でした。

▼交換用に買った SEAGATE の HDD
SEAGATE の 3.5インチ 3TB HDD
3.5インチのSATAで適当な物ということで、近所のPCデポから買ってきたのがこれ。3TB、5400rpmです。バラクーダというブランドは今でもあるんですね。ちなみに、税抜き価格6500円の限定販売品でした。

▼新しいHDD
バラクーダ
同じシリーズに 1, 2, 3, 4TB がありますが、1TB/2TBが1プラッターで、3TB/4TBが2プラッターではないかと思います。

▼本体へ取り付け
HDD交換後
右側が今回交換したHDDで、左は元から入っていたHDDです。新しい方が少し薄いですが、取り付けねじの位置には互換性がありました。

カバーを取り付ける前にこの状態でテレビに接続して認識させ、更に動作テストして問題無いことを確認しました。ということでめでたく修理完了しました。

◆まとめ
最近はPCの組み立てなんてやってないので、HDDのベアドライブを触るのは久しぶりでしたが、うまくいきました。まあ、ネジ外してコネクタ差し替えるだけの作業なので、間違えるところはありません。

あっさり直ったので、これだったら2台とも6TBに交換しちゃえば2週間分録画出来たのに、なんて後になって欲が出てきましたが、とりあえず自重。

ちなみに、もし故障原因がインターフェイス基板だったら、新しく買ったHDDドライブが無駄になる可能性がありました。でもその時は、PC用の外付けHDDとして使うとか、使い道はいろいろあるので、まあいいかと思って買ってきました。

テレビの録画に適しているHDDとして、AV用というのがあるらしいのですが今回交換した物は普通のPC用です。そのあたりがどういう結果になるのかちょっと興味があります。ちなみにAV用のHDDは長時間連続運転しても大丈夫だとか、いろいろ能書きが書いてありますが、いまいち納得できないです。

【追記】
故障した (寿命が尽きた?) ドライブの型格 DT01ABA300V を検索してみると、東芝デバイス&ストレージ株式会社の web に資料があり、ビデオストリーミング向け3.5型HDDのDT01ABA-Vシリーズ というカテゴリの製品で、5940rpmの物でした。今回の修理では、これを一般PC用のHDDに交換したことになりますが、これで良かったのかどうか、意見が分かれそうなところです。

水草水槽用CO2供給装置の夜間運転プログラムの改良

水草水槽に添加しているCO2の反応容器の圧力が、夜間に負圧になることがあって、あまり良い状態ではありません。ということで、暫定対策用のプログラムを入れて効果を確認して見ました。

なお、圧力の記録方法については、こちらの記事を参照ください。→水草水槽のCO2圧力変化をOLEDにグラフ表示

▼水草水槽
水草水槽
水量が2リットルちょっとの小さな水槽で、エビが数匹入っています。濾過はありませんがマイコン制御の化学反応方式のCO2添加付き。PWM制御による太陽時刻連動の照度コントロール付きという、変なところが尖った仕掛けになっています。

▼プログラム変更前の圧力変化
圧力変化、改造前
昼間の圧力は717mmAq程度でほぼ一定ですが、夜間は圧力がゆっくり低下していきます。この例では負圧にはなっていませんが、圧力がどんどん下がって、-150mmAqくらいになることがあります。(特に薬液交換直後)

◆プログラム変更
夜間の反応容器の圧力低下防止対策として、少量だけ反応させてCO2を発生させていました。このための送液量は一定、つまり反応量一定モードになっていたのですが、今回これを、圧力一定モードに変更しました。まあやり方としては当たり前の話なのですが、センサーの故障などが原因になって、短時間に大量のガスが発生すると危ないので、出来るだけ安全な方法で機能を実装しました。

具体的には、昼間に反応させているのと同じ時間間隔で圧力センサーの値をチェックし、もし圧力が目標値より低かった時だけ反応させる方式にしました。これなら、万一センサーが不良になったとしても、昼間の反応量を超えることは無いので安全です。

▼CO2添加制御用マイコン
CO2添加制御用マイコン
奥の基板に乗っているCPUのプログラムを書き換えます。なお、手前は圧力モニタ用のArduino UNO です。

▼対策後の圧力変化
圧力変化、仮改造後
夜間の圧力目標値を100mmAqとして運転した結果です。(圧力制御と圧力測定は別のマイコンでやっているので値が少し違っています)

圧力はすぐに(と言っても1時間くらいかかって)下がって行って、夜間は一定値をキープするようになりました。

▼別のストーン
別のストーン
これは、ストーンを変えた時の圧力変化です。メラニンスポンジを圧縮して作ったストーンですが、これは圧縮率が低いので、圧力も下がっています。

圧力の変化グラフが見えると、ストーンの状態が定量的に把握出来て便利だと思います。

▼まとめ
圧力制御としてはこの方式でうまくいっているようです。薬液を切らしたりしない限り、夜間に反応槽が負圧になる危険は、ほぼ無くなりました。

現状は別のCPU(というかArduino UNO) で圧力グラフを書かせていますが、いっそのことCO2発生用のマイコンにこの機能を組み込んでしまおうかと思います。そのためには表示パネルを交換してソフトの大幅な書き換えが必要になりますが、タイミングを見てやってみたいと思います。
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード