google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

ドライブレコーダーの発生ノイズ調査

◆まえがき
先月に中華なドライブレコーダーの電源アダプタのノイズ対策を行いましたが、どうも効果は不完全だったようで、地デジへの妨害がまだ残っています。

次の対策として電源ケーブルのシールドケーブル化を考えていたのですが、前の記事への 丸かさん のコメントを読むと、電源ケーブルが犯人では無さそうな感じです。このあたりをもう少しはっきりさせてから、次の対策を打った方が良さそうです。

◆モバイルバッテリーを使って調査
そんなことで、簡単に出来る調査ということで、モバイルバッテリーを使ってドラレコを動かし、地デジへの妨害(フルセグからワンセグに切り替わる)の様子を調べてみました。ここで使うモバイルバッテリーは日本の信頼出来るメーカーの製品で、以前ノイズの測定を行ったことがありますが、ほとんどノイズが出ない物を使いました。(BUFFAROの5200mAhのモバブです)

▼ドラレコをモバイルバッテリーで動かす
ドラレコを別配線のモバイルバッテリーで動かす
ドラレコに接続されている線を全部外し、モバイルバッテリーだけで動かしてみました。なお、テストするのは電波が弱くて、地デジがワンセグに切り替わってしまう場所で行います。なお、モバイルバッテリーからドラレコへの電源供給はmini-USBのケーブルを使いました。

こうすれば電源ケーブルがフロントガラスの上辺を通過しなくなるので、地デジへの妨害は無くなると思ったのですが、、状況は改善しませんでした。つまり地デジへの妨害は無くなりませんでした。

うーん、ということはドラレコの電源ケーブルが犯人ではなかったことになります。更に確認のためにドラレコをフロントガラスから外して手元に置いてみます。

▼ドラレコをフロントガラスから取り外す
ドラレコを手元に置いてモバイルバッテリーで動かす
同時にUSBの電源線もいっぱいに巻き取って長さを最小限にします。

この状態にしても地デジへの妨害は無くなりませんでした。念のためにモバイルバッテリーの電源を切ると、地デジへの妨害は無くなったフルセグで受信出来るようになりました。いろいろやってみると、ドラレコ本体が車内にあれば地デジへ妨害が入りました。

◆この結果から言えること
どうもドラレコの本体からノイズが出ていて、それが地デジの電波に妨害を与えているようです。

ドラレコでは動画の圧縮と記録を行っているので、内部には高速デジタル信号がいっぱいあり、これが漏れていると考えられます。ちゃんとした製品なら、問題にならないレベルになるように設計、対策が行われているのですが、このあたりがいい加減に作られているみたいです。

対策としては、ドラレコを分解してシールドの強化をやるしかないと思いますが、うまくいくかどうかはやってみないと判らないです。イメージとしては、ケースの内側に銅箔テープを貼ってシールドとし、これを回路のアースに接続すると効果があるはずです。また、液晶はケースをきちんとアースに落とす。それが無理なら銅箔テープを貼ってシールドすると良さそうです。

まあそうは言っても、内部にそういう対策を行うスペースがあるかどうか、それにケースの開け方も判りません。そんなことで本件の対策は一旦保留にしたいと思います。

あと、本体からの輻射ノイズを見るのに、スペアナがあると便利だと思いますが、持ってないんですよね。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード