google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

Arduino UNO に 0.96インチOLED を接続するアダプタ

前の記事ではブレッドボード上の Arduino NANO に0.96インチOLED (以下単にOLEDと記します) を接続するアダプタを作りましたが、今回はArduino UNO に OLED を接続するアダプタを作ります。

▼これまでのやり方
これまでのやり方
手っ取り早いのは、上の写真のようにオス/メスコネクタ付きのジャンパーワイヤを使って接続する方法です。でもこれ危なっかしい、というか寸法的には干渉しているピンを無理やり差し込んでいるのでまずいです。

他にうまい手が無いかいろいろ考えたのですが発見できませんでした。UNOの互換品にはI2Cと電源をピンを一列のスルホールに並べている場所があったりするのですが、残念ながらOLEDを直付け出来る並びになっている場所はありませんでした。

前回の記事でNANO用のアダプタを作ったのでちょうど良い機会です。UNO用にもちゃんと接続出来るアダプタを作ることにしました。

▼回路図
UNOにOLEDを接続するアダプタ
青色の点線内が今回製作する接続アダプタです。電源電圧3.3V用のOLEDも使えるようにジャンパープラグで切り替えが出来るようににしておきました。
なおOLEDの電源電圧、インターフェイスの信号レベルに付いてはいろいろな仕様の物が出回っているようなので要注意です。
 ・0.96インチ 128x64ドット OLEDディスプレイ
 ・3.3VのI2Cを5VのArduinoに接続する場合の注意事項
 ・Arduino に 0.96インチOLED (SSD1306)を接続する回路

▼アダプタの部品
アダプタの構成部品
部品は見ての通りです。基板は両面スルホールのユニバーサル基板をこの写真のように切り出した物を使います。

以下は完成状態の写真です。

・OLED取り付け側
OLED取り付け面

・配線面
配線面
配線はいつものように芯線径Φ0.26のETFE被覆の単線を使いました。(GNDはすずめっき線)

▼使っている様子
Arduino UNO へ OLED接続アダプタ使用状態
UNO に取り付けた状態です。A0-A3ピンなどの上は開けてあるので、使用上の制約は少ないと思います。

・別アングルから
取り付け状態
ミニシールドのような感じで使えると思います。

◆まとめ
これで0.96インチのOLEDを安全に使えるようになりました。

Arduino用の表示装置と言えば、昔はパラレルインターフェイスのキャラクタ液晶が定番で、LCDシールドを良く使ったものですが最近はほとんど使わなくなりました。これも時代の流れですね。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード