google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水の二次堀の調査開始します

 大丸用水の古い水路図を入手したことがきっかけで、この地図に記載されているすべての水路の現在の姿を確かめ、記録しようと思っています。
▼その水路図がこれです(クリックで大きな地図)
大丸用水水路図
            (稲城市史上巻より作成) 
 この水路図に太い線で書かれている幹線堀については2010年3月14日の記事で全ての調査が終了。残るは二次堀となっていました。二次堀は田んぼに水が張られる時期にならないと水が流れない場所が多いので、田植えの季節になったら調べようと思ってたのですが、いろいろと忙しくこれまで手付かずのままでした。

 といっても、いつまでも放っておくのも良くないし、梅雨も明けたので調査再開したいと思います。

 大丸用水については、このブログの「大丸用水」のカテゴリーの記事を順に読んでいただければ良いのですが、量も多いので、ここでざっとおさらいをしておきます。

▼大丸用水の全体像(クリックで拡大)
大丸用水水路図
 これは、昔の水路図と現代の地図を重ね合わせたものです。多摩川の大丸堰から取水された水は、うち堀から南多摩駅の北東にある分水桶で、大堀に一部の水が分けらます。
 本流は菅堀という流れで、途中で、押立用水堀、新堀、中野島用水堀に分水しながら稲城市を東に向かって流れます。新堀はまた菅堀に戻ったりしますが、幹線堀の流れは大雑把にはこんな感じです。
 これから調査を開始する二次堀は幹線堀の間を流れており、この地図では15本くらいの堀が書かれています。
 私が調べた限りでは幹線堀から直接水を引いている田んぼは無く、二次堀を経由することで水は田んぼに送られています。つまり、多摩川の水がどのような経路を伝わって田んぼに送られているのかを把握するには、二次堀の流れを調べる必要があります。

 ということで、現地を調べながらこれから順に記事で結果をご紹介していきたいと思います。

 いつまでかかるかな? 2ヶ月くらいで終わらせたいと思ってますが、途中で他の記事も書いたりして、寄り道しそうなのでどうなるやら。

 とりあえず今回は決意表明だけでおしまいです。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード