google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
fc2ブログ

ESP32 (ESP-WROOM-32) を使う (ブレッドボードの準備)

前の記事に少し書きましたが、Arduino UNO だけ使っているとやれることの限界が見えてきて、他のCPUを使ってみたくなります。高性能なCPUの選択肢はいろいろありますが、私にとってとっつき易いという点からESP32を使ってみようと思います。

ESPのCPUはこれまでも使ったことがありますが、モジュール単体、もしくはそれに近い状態で使っていました。

◆これまで使ったESPのモジュール
ESPのモジュール
ESP8266とESP-WROOM-02です。周辺回路と一体化した開発ボードは値段が高いので出来るだけモジュールの状態の物を使うようにしていました。

ESPを再度いじるとして、使うCPUは現時点ならESP-WROOM-02(ESP32)で決まりです。ただ、上の写真のモジュールの状態から動かすのは大変です。今では AliExpress から開発ボードが安く入手できるので、こっちを使わない手はありません。

ということで、ESP32の開発ボードを使うことにしました。いろいろなボードが出ていますが、個人的に気に入った ESP32 DEVKIT V1を使うことにしました。

購入したサイト:ESP32 DEVKIT VI
注文数が多かったサイトを選びましたが、その数字が正しいのか自信がありません。(関連品の販売数が合算されていることがあるようです)

▼ESP32 DEVKIT V1
ESP32 DEVKIT V1 (30ピン)
ESP32 DEVKIT V1
このデザインの本家は DIY社、更にオリジナルはEspressif 社だと思いますが、そのコピー品だと思います。

ESP DEVKITには36ピンの物があって、DEVKIT Cと言う名前の物が有名で秋月でも取り扱っています。今回買ったのは30ピンの物ですが、これは36ピンもいらないので少しでも基板が小さい方が便利だろうと考えたからです。

さて、このモジュールを使う時の問題になるのが幅が広いことです。そのままブレッドボードに挿すと次の写真のような状態になります。

▼普通のブレッドボードにESP32を挿す
空きスペースが無い!
モジュールの幅が広いので、片側に1列だけしか穴が残らないため、配線が難しくなります。(内側を通す手がありますが作業が面倒です)

この問題の解決策として、よく行われているのは6穴のブレッドボードを使う方法。あとは、二つのブレッドボードを合成して一つにして使う方法です。

どちらの方法もなんだかしっくりこないので、荒業で対処することにしました。それは、

▼ブレッドボードを半分に切断
半分に切断
何枚か持っているので加工しても困りません。

真っ二つに切断したブレッドボード
中のコンタクトが露出しますが、脱落はしないようです。切断面をやすりで仕上げて、

600ミルピッチに加工中
適当なプラスチック板を用意して裏板として使います。つまり裏板を使ってガニ股のデバイス用のブレッドボードを作ります。ESP32に合わせてピン間ピッチを1000ミルにしても良いのですが、Arduino NANOでも使えるようにピン間ピッチを600ミルにしてみました。

上の写真のようにArduino NANO を使って位置合わせを行い、両面テープで裏板を接着すれば出来上がりです。

▼完成
300ミルと600ミルの比較
右が元の状態のブレッドボードで、中央のピン間ピッチは300ミルです。左が今回の改造を行ったガニ股ブレッドボードで、中央のピン間ピッチが600ミルです。間隔が300ミル(3ピッチ)広くなっただけですが、部品エリアが広くなって使い易くなります。

▼ESP32では、
ESP32と改造ブレッドボード
今回の改造の目的であるESP32を挿した状態です。両側に2ピン分のスペースが出来ました。

▼使用例
改造ブレッドボードの使い心地を試す
両側に電源/GNDがあるので使い易いです。

◆まとめ
これでブレッドボードの用意が出来たので実際のプログラム作りに入ることが出来ます。ただ、そうは言っても具体的な作業を始める前に自動書き込み機能など、このモジュールに搭載されている回路の内容について調べておくことにします。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど

「おぉ。 なるほどね。」です。

re:なるほど

工作というか、機械加工で成果が出ると自慢したくなります。

情報ありがとうございます

ArduionoとESP32始めたばかりの超ビキナーです。 ESP32はメスのジャンプワイヤで配線してましたが不便なのでメスーメスのジャンプワイヤ(足りないので)を昨日発注したばかりでしたが今朝このサイトで拝見し早速手持ちのブレッドボードを切断してESP32用のボードを作成しました。 切断はピラニアのこぎりを使用しました。 ありがとうございました。

re:情報ありがとうございます

JJさん、このアイディアを試していただいたようで、ありがとうございます。

ピラニアソー、私も持ってます。刃が薄くて便利ですよね。

No title

ガニ股ブレッドボード。目鱗です。
どこか売ってくれないかな。。

あめやあさん、今晩は

売ってるのを見たことがありません。ノコで切っちゃうのが手っ取り早いかと、
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。
記事の内容のご利用は読者の自己責任でお願いします。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード