google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策 五反田堀(後編)

 大丸用水の二次堀調査、五反田堀の後編です。前編の記事はこちら

▼もう一度水路図です。
五反田堀水路図
 今回の記事は、この地図で稲城診療所と書かれている地点から先を紹介していきたいと思います。

 ペアリーロードの先で姿を現した水路はそのまま川崎街道へ接近していきます。

▼川崎街道へ向かって流れる水路
川崎街道に接近
 この写真の左側が川崎街道です。

 第3小学校からこのあたりまでの水路は、地図の東西に対し約7度くらい右に回転した直線上を流れています。
この角度は磁石の偏角とほぼ同じですから、堀の工事は地理学的な南北は使わず(使えず?)磁石で方角を定めながら行われたのではないでしょうか。

 ちなみに、この調査の発端になった古い水路図も、磁石の北の方角を基準に作成されていました。

▼川崎街道ぶつかり右に曲がる
川崎街道から南下
 川崎街道に接した地点で南東に方角を変えて流れは続き、大堀の方向へ向かいます。

▼ゆるやかなターンを描きながら流れる
梨畑の間を流れる

▼梨畑と住宅地の間を流れる
梨畑の間を、

▼他の堀の水を集める
新堀から流れてくる水路が合流
 この写真の奥から手前に、草に埋もれた用水路が合流してきます。この流れは新堀から川崎街道を横断して流れて来ていました。五反田堀はこの写真の左から手前へ流れています。

▼大堀へ合流
五反田堀の終点
 わかり難い写真ですみません、大堀の上から、五反田堀が流れ込んでくるのを見たアングルです。この地点で大堀に合流して、五反田堀は終わります。

 昔は大きな田んぼがたくさんあったと思われる五反田堀ですが、流域で今でも稲作が行われていた田んぼは、3枚だけでした。もちろん見逃してしまったものがあるかも知れませんが、あってもわずかでしょう。残り少なくなった水田、大切に守りたいものです。
 あと、水路としての五反田堀ですが、比較的人口密度が高い所を通っているという事情もあるのでしょうが、全てコンクリート護岸になっているのは残念でした。

 それにしても、五反の田んぼは5000平方メートル。稲城市の地価が20万円/平米とすると、10億円!!!すげー

 ここまでの記事の用水路の位置は、グーグルマップの大丸用水水路図としてまとめてあります。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード