google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策、玉川前小堀

 大丸用水二次堀の調査、今回は玉川前小堀です。多摩川ではなく玉川と書かれているのがおもしろいです。また、こう書くと何だか粋な感じがしませんか。

▼玉川小堀の位置
玉川前小堀
 この水路図で見ると、新堀から取水しているように見えます。しかし、実際には宿堀の流れが新堀に落とされる直前で宿堀から取水され、新堀を樋(とい)で越えることで水路が形成されていました。

▼取水口
取り入れ口
 カメラが思いっきり傾いてしまいました。手前が宿堀でその流れは新堀へと注ぎます。注ぐ直前に丸い取り入れ口があり、玉川前小堀はここから始まります。

▼新堀を塩ビパイプで渡る
新堀を渡る
 江戸時代に作られた古い用水路に塩ビパイプが使われているのは残念な気がします。昔はどんな樋が使われいたのでしょう。赤く錆びた鉄板が置かれていますが、これは玉川小堀の流量を調整するためのものだと思います。

 この先水路は暗渠になり、流れは旧川崎街道に沿って少し進みます。

▼旧川崎街道から外れる地点
旧川崎街道から外れる
 この場所で流れは右に曲がり、暗渠のまま細い路地に沿って進みます。

▼青胃通りに出る (正確には「さんずいに漢字の胃」です)
青胃通りに出る
 路地からこの通りに出て、流れは向きを変え、旧川崎街道に向かいます。

 旧川崎街道に沿って少し行った先で、再び向きを変えて旧川崎街道から離れ、グルメシティの駐車場の西側を流れていきます。
▼グルメシティの駐車場横を流れる
駐車場の横を北上
 ここでやっと水面を見ることができました。水量はかなり少ないです。ここは菅掘と新堀に挟まれた場所なのですが、そこに流れている水が、遠く南にある大堀から来ているというのも面白いです。

▼教会の南
教会の南側
 このあたりから先は、最近区画整理されたようで再び暗渠になってしまいます。

▼終点の少し手前
終点に向かって流れる
 再び流れは姿を見せ、

▼終点
終点
 残念ながら直接見ることはできませんが、この暗渠の中で菅掘へ注ぎ、玉川前小堀は終わります。

 玉川前小堀は市街地の中を流れているので、もう失われてしまっているのではないかと思ってました。しかし水量はごく少ないものの、流れは健在でした。

 文章だけでは正確な水路の経路が説明しきれません。詳しい位置は、グーグルマップの大丸用水水路図に記入予定です。よろしければご覧下さい。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード