google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策、落堀

 大丸用水の二次堀の調査、今回は落堀です。落堀は新堀の末端がそのまま道路に沿って延長された状態で残されています。ほとんど見所は無いので、現在こんな状態でした、ということを記録に残すに留めてておきます。
 なお、大丸用水の全体像については、まとめページをご覧下さい

▼落堀の水路図
落堀水路図
 水路図によると水源は菅掘のように書かれていますが、実際には冒頭に書いたように、新堀がそのまま続いている形で流れており、菅掘が南武線と交差する位置で菅堀に注いで終わることになっています。

▼落堀の開始点
落堀の開始
 右手前から流れてきた新堀は、ここで道路の左側の菅掘へ流入して終わりますが、落堀は新堀がそのまま続いた形で、この写真の奥に向かって流れていきます。

 この文章だけではわかりにくいので、もう少し手前から撮った写真がこれです

▼付近の菅堀
落堀開始点付近
 この写真の大きな流れは菅堀で、道路の右側を流れていた新堀はここで菅掘に流入して終了。落堀はそのまま道路沿いを直進していきます。

▼道路から離れ、南武線の方向へ
道路からそれ、線路の方向へ
 この先、南武線の高架工事地帯に入ってしまい、流れを見ることができなくなります。さらに、高架工事が終わった場所では暗渠にされたものだと思います、全く流れの位置を確認できなくなります。

▼南武線の鉄橋跡
南武線の橋の跡
 菅堀にかかる南武線の小さな鉄橋の跡です。かつて落堀はこのあたりで菅堀へ注いでいたと思われます。

 落堀は開始点付近にわずかに痕跡を留めるのみで、南武線の高架工事の影響でほとんどの区間が暗渠にされたようです。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード