google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
fc2ブログ

おもちゃ修理、R/C 建設車 スーパーショベル

◆まえがき
3月末開催のおもちゃ病院の修理事例紹介の最終回、今回はR/Cショベルカー RT-01(EXT)の修理です。修理内容としては、ラジコンのコントローラーのアンテナが取れたというものです。デカいおもちゃですが、修理内容は簡単なので楽勝だと思っていたら、分解するのに苦労しました。

◆外観
スーパ-ショベル
この写真は修理後なのでアンテナが付いていますが、緑色の矢印部にあるアンテナが無くなってしまったので修理して欲しいという依頼です。同時に、ラジコンの感度が悪いというコメントも付いています。

◆分解に手こずった
修理のためにコントローラーのケースを開ける必要がありますが、操縦桿のノブが邪魔してケースを分離することが出来ませんでした。ノブを引っ張ったり回したりしてみたのですがどうやっても外せませんでした。

そこで、ヒモにぶら下げた磁石を使ってノブの周囲を調べると、磁石が吸引されました。ということは、中でビス止めされている可能性が高いことになります。ちなみに、使った磁石は 電池の端子にくっつけて給電するための磁石 としていつも持参している物で、思わぬところで役に立ちました。

磁石による調査でどうやらネジ止めされているらしい、ということまでは判ったのですが、操縦桿の上面はプラスチックのカバーで蓋がされていて、このカバーを外さないとネジを廻すことは出来ません。仕方ないのでその蓋を無理やりむしり取ってしまいました。

実は、このカバーを外せばネジにアクセス出来そうな気はしていました。しかし、本当にネジがあるか確信が持てず、もしも蓋を破壊したけどネジが無かったなんてことになったら傷を広げるだけ、つまり医療事故になってしまうので踏み切れないでいました。

・操縦桿の取り外し後
操縦桿を外す
写真の右下の小さな赤い円盤が、むしり取った操縦桿の蓋。その上が取り外した操縦桿のノブです。蓋の下側は細いスリーブ状になっていてノブに圧入(あるいは接着)されたまま残っていて、その穴の底にタッピングネジが閉じ込められている状態になっていました。ともかく、そのネジを緩めることでようやく操縦桿のノブの取り外しが出来ました。

後になって判ったのですが、ノブの蓋を外すもっとうまい方法がありました。詳しくはこの記事の最後に書いておいたので、ぜひそちらもご覧ください。

・コントローラー内部
ショベルコントローラーの内部
緑矢印部がノブを取り外した操縦桿のシャフトです。

中はタクトスイッチをふんだんに使った、しっかりとした作りになっていました。砂がある場所で使われる可能性があるので、密閉型のスイッチでないと接触不良で使い物にならなくなる、という事情があるのだと思います。なお、この写真はアンテナの修理後です。

・アンテナ製作
アンテナを作る
アンテナは無くなってしまっているので、代替品としてボールペンの軸をアンテナケースとして使いました。長さはネットで入手した写真を参考にオリジナルと変わらないように寸法を調整しました。

ちなみに、27MHzのラジコン用としてはアンテナがえらく短い気がしますが、収納時に邪魔にならないように配慮した結果なのでしょう。でも、あまり短いとアンテナ効率も悪いでしょうから、写真のように導線をヘリカルに巻いて出来るだけ電気長を稼ぐように作ってみました。(爪楊枝を軸にして出来るだけいっぱい線を巻いてUVレジンで固定しました)

・アンテナの取り付けとアンテナ線の接続
アンテナ線の配線
アンテナのステーとなるL字型のプラ部品は残っているので、そこに2液のエポキシを使ってアンテナ本体を接着。引き出し線ははんだ付けした後で、収縮チューブとUVレジンを使って養生・固定しておきました。

◆後始末と試運転
操縦桿の上の蓋は取り外す際に変形してしまったので、そのままでは使えない状態になってしまいました。そこで、赤色のビニールテープを円形に切って貼り付けることで蓋の代わりにしておきました。この記事の最初の写真はそうやって目隠し処理を行った状態のものです。

試運転すると、シャベルの上下や旋回はもちろんのこと、左右のキャタピラを逆転させて旋回(超信地旋回)することも可能で、なかなかリアルな動きをしました。

◆まとめ
操縦桿の取り外しに手こずりましたが、何とか修理出来て良かったです。

後で気付いたのですが、ネットで見つけたトミーマックさんが 2023.06.18 付で公開されている R/C建設車 スーパーショベルの修理法(電源が入らない、アーム昇降しない) という資料では、操縦桿の蓋に小さな穴を開け、そこに小さなビスを入れて蓋を引き抜いていらっしゃいます。この方法なら蓋を傷めずに外すことが出来、小さな穴なのでそのまま残しても気にならないと思います。つまり、トミーマックさんのやり方の方が優れているので、まずはそちらの方法を試すのが良いと思います。

以上で一連のおもちゃ修理の記事はおしまいです。次回はたぶん8月頃になると思います。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

覚えときます

操縦桿の脱着方法、覚えておきます。
こればかりは、先達の体験談がむちゃありがたいので。
「どないして固定してあるねん?」がわからんおもちゃに遭遇した時、「こんなこともあったで」のヒントが助かります。

re:覚えときます

このおもちゃは結構出回っている感じなので、何かの時にお役に立てると幸いです。

No title

この手の記事は爺にも分かるので興味深く読ませていただきました。次の記事を待っています。

ガバチョさん、今晩は

この記事を楽しんで頂けたのなら幸いです。

砂場では困ることも発生します

お疲れさまです。同じおもちゃを9年前に手がけた際に、やはり操縦桿に苦しめられ、接着と判断した頭部のすぐ下で、スパっと鋸切断してしまいました。内部タクトSW交換などのあと、4Φボルトの軸部分を挿入する形で接ぎ直した次第です。頭部キャップの傷よりは傷が目立ちませんが、本質的ではなかったですね。
今回、ラジオペンチさんの磁石探査と、トミーマックさん(よく参照させていただいてます)のスマートな方法、勉強になりました。
なお、「砂場で使いたくなる」気持ちはよく判るのですが、私の扱った個体は、本体のギヤボックスがグリスまみれの砂が充満していて、全体洗浄はしたものの、駆動ギアがかなり削られて空回りも発生していました。また、リモコン内のタクトSWも長いレバーで押さえるせいか、ボタン部の円筒が粉砕されてました。「よく遊んでもらった」と言うべきかもしれませんが、耐久性に関しては問題が残る印象です。

re:砂場では困ることも発生します

このおもちゃ、9年前には存在していたんですね。
可動部が多くて壊れやすいのでまだまだおもちゃ病院に持ち込まれることもありそうですね。
願わくば、砂まみれになっていて中のメカがあちこち破損しているような物は入院して来てこないで欲しいですが、そんなこと言ってると本当に来ちゃうんでしょうね。
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。
記事の内容のご利用は読者の自己責任でお願いします。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード