google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

三沢川の風景 2009秋 京王稲城から源流まで(1/2)

前回は三沢川を下流に向かってたどり、終点のニケ領用水まで行きましたが、今回は上流に向かい源流までいってみました。ちょっと大げさですがこれで三沢川完全踏破です。あ、踏破といっても電動自転車なのでかなり手抜きではありますが・・

以前書いた下流側の記事はこちら
三沢川の風景 2009秋 京王稲城→ニケ領用水(1/2)
三沢川の風景 2009秋 京王稲城→ニケ領用水(2/2)

行ったのは今日(11/27)の午前中

▼出発点はここ、京王稲城駅から下った所にある稲城中央橋です
091128_IMG_0079.jpg
このあたりは両岸に遊歩道が整備されています。

▼武蔵野線の下を通って砂場の橋まで来たところ
091128_IMG_0083.jpg
武蔵野線の高架の上を貨物列車が通って行きました。鉄の血が多少入っている私としては、先頭の機関車が撮れなかったのは残念でした。写真の右側は鶴川街道です。

▼逆光にならない右岸を上っていきます。
091128_IMG_0086.jpg
このあたりの遊歩道は良く整備されています。

▼キセキレイがいました
091128_IMG_0100.jpg
このキセキレイが歩いている河床は、このあたりの深い場所の地層らしいです。こちらに詳しい解説があります鶴川街道を横切って更に進むと左岸に現れるのが、

▼三沢川分水路の取水口です
091128_IMG_0117.jpg
大水の時、写真の左上から流れてきた大量の水を、右側にバイパスさせて下流の洪水を防ぐ仕掛けです。三沢川分水路が出来たおかげで、多摩ニュータウンの向陽台地区の造成が開始できたというくらい重要な施設ですが、恥ずかしいことに、向陽台住民の私は最近まで知りませんでした。

▼導水トンネルの入り口です。
091128_IMG_0123.jpg
前の写真に映っている水色に塗られた10本の鉄パイプで守られた内側には、コンクリート製の壁で作られた整流板が二枚あり、水をスムースにトンネルに流し入れるような仕掛けになっています。ここで取り入れらた水は、多摩川の南武線の鉄橋の上あたりに放流されます。なんという壮大な仕掛けなんでしょうか。

三沢川分水路のトンネルについては、ここ以外にも水の流入口があるようで、もう少し調べてみたいと思います。まとまったら記事にしたいと思います。

▼さらに進んで、稲城運動公園から駒澤大学を結ぶ道を渡ると、その先は工事中です
091128_IMG_0125.jpg
ここは親水公園の造成工事中で、川沿いの遊歩道はここで終わりになってしまいました。この先の三沢川は鋭く地面を深くえぐっていて、渓流のようになっているので、工事の完成が楽しみです。
さて、この先は快適な遊歩道はなくなります。仕方ないので鶴川街道の歩道を使うことになりますが、その途中に、

▼上谷戸川にかかる、べんてん橋(べんという漢字が違っているかもしれませんが辮天橋か、)
091128_IMG_0130.jpg
ここで上谷戸川(かさやとがわ)が合流します。この川についてはあらためて探索してみたいと思います。

この先、川沿いに進める道はなく、時おりかかっている橋から流れを覗くと、倒木や倒れた竹などですごいことになっています。流れは驚くほど深いところを通っています。更に進むと、JOMOのガソリンスタンドの手前で川崎市に入ります

▼京王線の高架のくぐると、右岸に放棄された親水公園が、
091128_IMG_0135.jpg
計画倒れに終わったみたいで、いったん作ったものの荒れ放題になっています。この場所は川崎市ですが、昔は川崎のチベットと言われた地域なので行政の力の入れ方も違うのかも知れません。

さらに遡上しつつ川沿いの道を探しましたが、ごく断片的なものしか無いのでここでは紹介するのを控えます。

小田急多摩線の高架の下を過ぎて、黒川のT字路を直進すると右側に、
▼汁守神社があります091128_IMG_0141.jpg

この角にはJAの直売所セレサモスがあり、新鮮な野菜が安く手に入るので良く利用しています。

三沢川源流まではまだ先です。記事の最後の場所は下記です


続きは別の記事ということで、今回はこれくらいで、
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード