google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策、久保堀

 大丸用水の二次堀の調査、久しぶりの更新で、今回は久保堀です。
 久保堀はものすごく短い流れで、しかも大半が暗渠になっているので、実は書くこともあまりありません。

▼久保堀の水路図
久保堀水路図
 久保堀は、新堀が南武線の南側に回り込んだ後、再び線路の北側に戻る直前で分岐し、南に流れて大堀に注ぎます。

▼久保堀の開始点
久保堀の開始点
 判りにくい写真ですが、手前を右から左に向かって新堀の流れがあり、久保堀はここで上向き(南側に)分岐して始まります。稲作の季節が終わったためでしょうか、水量が大幅に減っていました。

▼久保堀の流れ
久保堀
 分岐点のすぐ先、川崎街道に向かって流れる久保堀です。この写真の奥で暗渠に入り、その先は・・・、 これまでの記事では、「水路は再び姿を現し・・・」というふうに書きつぐことができたのですが。この先、再び水面を見ることはできません。

▼久保堀の終了点か?
久保堀の終点
 川崎街道を渡った先の道路の交差点、大堀との合流点と思われる位置。一時停止の標識の下に鉄製のフタがあります。これが久保堀の終点と思われます。

 久保堀はここで大堀に注いで終わり、と考えるのが普通なのでしょう。しかし、以前の記事に書いた宿堀玉川前小堀の関係のように、水路図では無関係に見えていて、実は同じ流れの延長だったということもあるので、油断はできません。真相はこの鉄フタの下に隠されているわけですが、まさかこれを開けて中を見るわけにもいきません。いつか、大丸用水の管理をされている方と知り合いになれたら、真っ先にお伺いしたい点です。

 ということで、久保堀の調査はあっけなく終わってしまいました。

 このあとは引き続き、新堀から分岐する二次堀を上流から順に追っていきたいと思います。

 それにしても、のんびりと二次堀の調査をやっていたら、米作りの季節も終わりに近づいているのでしょうか。用水の水量が大幅に減っています。ちょっとゆっくりしすぎたようです。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード