google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策、下新田堀

 大丸用水の二次掘の調査、今回は下新田堀です。なお、これまでの調査結果や、詳しい地図などの情報は記事インデックスのページをご覧下さい。

 下新田堀は新堀の二次堀で、柳田堀の次に分岐する流れです。ちなみに、今回の記事の下新田堀には関係ない話になりますが、柳田堀と下新田堀の間の間にはいくつかの小堀があり、今でもたくさんの田んぼや畑に水を供給しています。その様子は南武線から良く見えまます。いつかこのあたりにも足を踏み入れ、現地の様子を見てみたいと思っています。

▼下新田堀の水路図
下新田堀水路図
 下新田堀は稲城大橋道路の横から始まり、南武線と川崎街道を横切って南東に流れ、川崎街道の南側では、柳田堀の東を1区画くらい離れて流れ、最後は大堀に注いで終わりになります。

▼下新田堀の開始場所
下新田堀の開始
 松本医院の角で新堀から分岐しているようです。その後歩道の脇を暗渠で進み、左に曲がる小道の横、大きな民家の塀際で姿を現します。

▼石垣の横を流れる
石垣の横を流れる
 古い小さな側溝という感じで、民家の石垣の下を流れて行きます。

▼道は行き止まりに
工事現場で行き止まり
 南武線の高架工事のため行き止まりになっています。
 看板には、「小学校裏踏切一時閉鎖について」という看板がありました。近くの小学校は市立第一小学校なので、この道は通学路だったのかも知れません。

▼南武線の向こう側
工事現場の先を振り返る
 工事場所を迂回して、用水路の位置へ戻るとこんな景色。画面の奥から手前へ用水は流れていきます。こんな道が通学路なら、いろんな遊びができて、さぞかし楽しかったでしょうね。

 ついでに、このあぜ道から反対方向を撮った写真はこちらです。

▼川崎街道の先
川崎街道の先
 ここから先は暗渠になり、道の左側を進んでいると思われます。なお、少し右側にも水路があり、そっちの方が水量が多いようです。ひょっとしたらこのあたりの下新田堀の水路の位置は、昔の地図と少し変わってしまっているのかも知れません。

 この先、想定水路は「第一小学校前」の信号を横切ります。

▼姿を見せた流れ
姿を見せた流れ
 旧鶴川街道を渡り、小学校から道一つ北側で姿を見せます。このあたりは水面と道路の距離も近く、いい感じです。

▼再び暗渠に
暗渠の開始
 流れは再び暗渠になります。この写真ではよく見えませんが、水路トンネルの入り口には、水面ぎりぎりまで柵のようなものが取り付けられています。たぶん、いたずら小僧が、中に入って遊ばないようにするための処置だと思うのですが、違うかな?。

 この先、水路は暗渠のまま進みます。

▼暗渠の終わり
暗渠で進む
 この先で、突然暗渠のフタが無くなり、どこに堀の流れがあるのか判らなくなります。もう少し先に大堀があり、そこが下新田堀の終点なのですが、このあたりは大堀すらどこを流れているのか判りません。

 区画整理で宅地化されてしまったため、用水堀は雨水の下水管となって埋設されてしまったようです。もちろん、土地の所有者や行政の判断なのでしょうから、第三者の私がとやかく言える話ではないのですが。

 ということで、最初は順調に始まった下新田堀の調査ですが、最後は少し残念な結果に終わりました。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード