google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

大丸用水散策の最終回、中堀

 大丸用水の二次堀の調査もやっと最終回、最後は中堀です。

 中堀という名前ですが、喧嘩口で分かれる菅掘の支流にも同じ名前の堀があるので要注意です。この記事の中掘は、第一小学校の少し先で大堀から分岐し、大堀(清水川)切方堀の間を流れ、切方堀が三沢川へ注ぐ少し手前で切方堀に合流して終わりという流れです。

▼水路図
水路図

▼取り入れ口と思われる水門
中堀の取水用の水門
 青色の可動式の水門があります。大堀は写真の左側を手前から向こうへ、中堀はここで右に分岐しているものと思われます。
 今でも使われているかどうかは別にして、現在の大丸用水の中ではたぶんこれが一番大きな水門では無いかと思います。単に一定の比率で分水するのなら、このような仕掛けは必要無いはずです。中堀の水量調整には何か特別のルールがあるのかも知れません。

▼水門の先
水門の先
 ここは水路が立体的に流れていて、上側に二本の水路があり、その一段下の水路に中堀の水は流れているようです。
 古い水路図によると、中堀の開始点付近で、名前の書かれていない堀が二本分岐しています。ひょっとしたら、この写真に写っている上側の水路がそれにあたるかも知れませんが、定かではありません。

▼道路をくぐった先
道路をくぐって
 このあたりはまだ農地があります。遠くに見えるのが、区画整理によって鶴川街道に沿って生まれた住宅街です。

▼区画整理地域に到着
区画整理地に向かって流れる中堀
 この写真の奥から手前に水は流れています。米作りが終わったためか、水量が減っていますが、ちゃんと水がながれています。

 この先、区画整理された地域に入るため、前の記事の切方堀と同じく、流れを追う事はできなくなります。

 鶴川街道を渡り、読売ランドへ向かう道路の横でやっと流れは姿を現します。位置は古い水路図の示す通りでした。

▼道路脇に姿を現した中堀
ランド坂へ向かう道路の先
 このまま矢野口の弁天通り商店街に向かいます。

▼弁天通り商店街と交差
弁天通り商店街の先から暗渠
 歩行者と自転車のみ通行可、の標識のある路地の下に中堀は流れているようです。ここから先は、全て暗渠になっていました。暗渠ではありますが、は車が通らない遊歩道として整備されています。

▼第七小学校手前
遊歩道の始まり
 暗渠の部分の舗装につなぎ目のような跡があります。この先遊歩道は小学校の向こう側まで一直線に続きます。安全な通学路として活用されているようです。民家の北側で日当たりが悪いためか、ちょっとじめじめした感じなのが残念な感じがしました。

▼終点まであと少し
カラー舗装の下
 小学校の先で流れは右に曲がり、切方堀の方向を目指します。遠くには京王線の高架橋が見えてきます。

▼中堀の終点
切方堀への合流点
 正面は松葉保育園で、右側の道路から流れてきた中掘は、左の道路に沿って流れてきた切方堀とここで合流して終わりとなります。
 古い水路図が示す通りに書くと、上記の文章になります。しかしどうも現在では中掘の方が立場が上で、この写真でわかるように、中掘はそのままコンクリートの暗渠で美しいカーブを描いて流れおり、そこに切方堀が横から合流する形になっているようです。

 けっこうな長さのある中掘ですが、残念なことにその流路の大半は暗渠になっていました。ただ救いは、区画整理された地域を除いては、古い地図が示す通りの場所を流れていたことでした。

 以上で中掘のレポートは終わりです。これで大丸用水の散策は、二次堀までの全ての流れの調査が完了したことになります。

 大丸用水については、2009年11月30日の記事が最初なので、全体の調査を終えるのに11ケ月もかかってしまったことになります。この間、多摩川の取水堰の工事が完了し、水がたくさん流れるようになり、田起し、田植え、暑い夏、堀の水量減少、稲刈り、といろんな現象を見ることができて面白かったです。
 それと、全体で70kmあると言われる大丸用水のうち、30km以上の区間にわたり、現在の姿を体系的に記録に残すことができたのも収穫です。最初はここまでやるつもりは無かったのですが、・・・

 あと、大丸用水についてはもう少し書き残したことがあるので、もうひとつふたつ記事を書く予定です。ただそれより今後はこのブログのテーマの、「ものいじり」に比重を移していくつもりですが、どうなることやら。

 最後に、大丸用水の全体像については、大丸用水のインデックスページをご覧下さい。この用水について興味を持っていただける方が増えれば嬉しいです。
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード