google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

データバックアップ用にネットHDD(NAS)を立ち上げ

 なんだか年末から新年にかけて忙しくて、今年初めての更新です。 

 PCのデータバックアップとテレビ(REGZA 37Z3500)のデータ保存のために、ネットワークHDDを立ち上げました。
 玄箱とかいじると面白そうですが、そんなことで遊んでいる暇も無いので、BUFFALOの2TバイトのNAS、LS-WX2.0TL/R1を買ってきました。

 こいつの転送速度は40MB/sです。上位機種としては、より高速な転送速度、72MB/sのLS-WX2.0TL/R1があります。高速機にしなかったのは、我が家のLANは100Mbpsで当面ギガビットLANに変更する予定も無いので、40MB/sでもオーバースペックなこと。さらに高速機は消費電力が増えそうな点です。
 と書くとなんか格好いいですが、正直に白状すると、単にお店に最新機種の在庫が無かったんです。

 接続は簡単です。
BAFFALOのNAS
 写真の中央が今回購入したNASで、その奥がVDSLモデム、左端がルータです。
 この3台合計でたぶん30W以上の電力を消費しています。その電力を消費するなら、情報処理以外にもっと有効な使い方は無いのか、考えちゃいます。

 さて、接続は完了して、設定です。

 このNASは1TBのドライブが2台入っていて、下記の3種類の使い方が出来ます。
1)通常モード:1Tのドライブを別々に使う(合計:2TB)
2)RAID0:2台のドライブをストライピングで1台で使う(合計:2TB)
3)RAID1:2台でミラーリングして使う(合計:1TB)

 出荷時の設定は 2) のRAID0になっています。RAID0は容量が大きくて良さそうですが、万一ドライブが故障した場合、全ての情報を失うことになります。このことは説明書に書いてありますが、いちばん大事なことが書いてありません。それは、2ドライブのRAID0では故障確率が2倍になることです。RAIDって冗長って意味のはずなのに、RAID0は冗長どころか、死なばもろとも、という足の引っ張り合いになっています。

 HDDが故障する原因はいろいろあるし、制御基板が死んでしまえばREID5にしていてもオダブツなのでしょう。しかし、とりあえず自分から故障確率2倍を選択する気はしません。ということで、容量は半分になってしまいますが、3)のRAID1で使うことにしました。

 あと、PCやテレビのDLNAの設定があるのですが、その話は次回で、

 明日は空倶楽部です、うーんネタ切れになってます。何か撮れれば参加したいと思います、すみません。
関連記事

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは~
2T購入!おめでとうございます(笑
私もつい先日、アウトレットにて、1.5Tを購入しました。
昔からファン音が嫌なので、ファン無しにしてますが、熱がこもるんですよね~(汗
バッファローの音はどんな感じでしょうか?
気にならないくらいならば、ほんとはファン付きがいいんでしょうね~!
明日の、空倶楽部、、、もしも、、撮れたら!是非ご参加くださいませ~。

追伸 この前、是政橋で粘りましたが、富士山は出ませんでした~(涙

No title

かず某さんおはようございます、
これファン付きですが、静音ファンなので音はほとんど聞こえません。しいて言うと、HDDのヘッドが動く時のコトコトという音が出る程度です。ファンのベアリングがへたってくるとどうなるか判らないですが。

空倶楽部の方、今朝早起きしてネタを集めてきました。まだPCで見てないのですが、午後には何かUPできそうです。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード