google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

谷戸川の風景 2009秋(1/2) 源流から大丸親水公園まで

稲城市の用水と川を調べる遊びの第二弾、今回は谷戸川です。

谷戸川は米軍多摩ヒルズゴルフコースの川崎街道寄りから始まり、JR南多摩駅のそばで線路と大丸用水を横切り、多摩川に沿って流れ稲城大橋の上流で多摩川に注ぐ短い川です。長さにして4kmちょっとくらいでしょうか。それにしても谷戸川とはなんともそっけない名前です。

上流からこの川をたどってみたいと思います、行ったのは11月29日です。

▼ここが現在の谷戸川の源流みたいです
091205001.jpg
川崎街道のフェンス越しに見えるゴルフ場の斜面の窪み、その先のガードレールの横のU字溝が源流のようです。なんとも風情の無い。(フェンスの金網にコンデジのレンズを入れて撮影、明るさ調整、トリミングしたので 画質悪いです)

▼川は砂利道のガードレールの向こう側の谷を流れ下っていきます
091205002.jpg

▼川は砂利道を横切り手前へ、川崎街道沿いを流れます  
091205003.jpg
川というより、これでは排水溝です。一方で、このあたりの森は手付かずの原生林です。

▼途中に高い塔があります
091205004.jpg
これは東京都下水道局の東京アメッシュの稲城レーダ基地局です。そばに下水処理場、いや正確には南多摩水再生センターがあるので、そのつながりでここに設置されたのでしょう。

▼米軍施設のフェンスを越え流れは稲城市へ
091205006.jpg
ここは日米境界線ですね。このあたりから下流にはセキレイをたくさん見かけました。

▼川崎街道に沿って流れは続きます
091205007.jpg
このあたりは乗馬施設があり、馬がいます。

▼米軍多摩レクリエーションセンターの入り口を通り 
091205008.jpg
この施設では年に一回コンサート(通称多摩フェス)があり、コンサート会場付近までは入れますが、それ以外は私にとって全く未知の世界です。

この施設については、向陽台通信さんがHPで、多摩サービス補助施設訪問記、と 城山について(6)多摩火薬製造所で詳しく紹介されていますので興味のある方は一読されると良いと思います。

▼その先、稲城市立病院の正面右側に大丸立坑があります 
091205009.jpg
いきなり立坑とは場違いなものがありますが、この真下にJR武蔵野南線のトンネルがあり、その維持のために造られた施設です。トンネル内に湧き出た水はこの立坑を通して汲み上げられ、稲城市立病院のトイレの用水などに使われ、余った水は谷戸川へ流されているそうです。この湧き水の水質は一級品だと思いますが、はたしてどの程度の量が流されているのかまでは判りませんでした。

▼市民病院の先の大丸公園です  
091205010.jpg
昔はもっとそっけない公園で、川沿いにも大きな桜の木が何本もあったと記憶しています。見てくれはいいかも知れませんが、ここまでやらなくても良いのにと思います。

この先、川は暗渠になり左に曲がって川崎街道を渡り、南多摩駅の方角へ向かいます。

続きは次の記事で、
関連記事

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード