google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

空気GM管による放射線検出実験、その後

 空気GM管による放射線検出、前回の記事"ではガスを入れないで検出を試みましたが、見事失敗。ガスを入れると感度の再現性が悪くなるはずなので、あまりやりたくは無かったのですが、このまま何の収穫無しで引き下がるのも情けないので、有機ガスを入れて実験してみました。

 ちなみに、作ったGM管はこれ。前の記事と同じ物です。

▼空気GM管
空気GM管 窓無し

 これにライターのガスを注ぐと、

▼オシロに大量の放電波形が
ガス入れ、7000V
 これは印加電圧7000Vです。このスパイクが全部放射線起因だと1万ベクレル以上ということになりますが、そんなはずは無いので、自然放電しているようです。

 5000Vくらいまで電圧を下げ、さらに中心電極も0.5mmくらいのスズめっき線に変更しました。

▼ガスを入れて窓をラップで塞ぐ
ガスを入れて窓をラップで塞ぐ
 ガスはライターのガスを入れましたが、不燃性のエアガンのガス(HFC134との表示)でも大丈夫でした。カセットコンロのガスでもたぶん大丈夫だと思います。

 ちなみにガスを入れるには、100円ショップで売っている化粧品の移し替え用の20ccのシリンジを使い、ボンベからシリンジにガスを逆流させてチャージ(一気に入れるとピストンが飛ぶので、ゆっくり慎重にやりましょう)。その後チャージしたガスをシリンジで10cc導入。という手順でやりました。
 もちろんガスを入れたら素早くラップをする。ガスは空気より重いのでラップが終わるまでは検出管は下向きにしない、などの注意が必要です。

▼測定風景
測定風景
 回路の全体像としては、カメラの「映るんです」のストロボ回路を使ってコッククロフト回路で昇圧。10MΩの抵抗で中心電極にプラスの電圧を印加。周辺電極に直列に接続した100kΩの抵抗の電圧をオシロで測定しています。

 放射線に感度があることを簡単に確認するには、何らかの線源があったほうが簡単です。ということで、調達したのがこれ、

▼ウランガラスのおはじき
ウランガラス
 簡単に手に入る放射性物質としては、キャンプのランタンに使うマントルや、蛍光灯のグローランプがあるようです。しかし、最近では全く放射線が出ない物もあるようです。

 それでは困るので探して手に入れたのがこれ、微量にウランを含むガラスです。こんな物がヤフオクで売られていて750円でした。親切なことに、出品者のガイガーカウンターで測った値が添付されていて、その線量率は0.6μSv/h。

 これって、自然放射線と比べると10倍くらい高い値ですが、これは測定器に接近させた時の値で、50cmくらい離れればバックグラウンド以下のレベルになり、安全な線源と言えると思います。といっても、余分な被爆を避けるためには、ポケットなどに入れて持ち歩かない方がいいと思います。

 この線源を検出管の前に置くと、

▼放射線検出成功
放射線検出成功
 盛大にパルスが検出され、この簡易GM管が放射線に感度を持つことが確認できました。見づらいですが、オシロの画面に出ている波形が検出されたパルスです。

 何だか開始からずいぶん時間がかかってしまいましたが、とりあえず空気GM管による放射線検出は成功です。

 でもこれ、中学校の理科の実験レベルの域を超えてません。私が作りたかったのは、東京の今の放射線レベルが測定できる物です。

 ということで、実はSMB-20という本物のGM管(ガイガー・ミューラー管)を入手しました。これを使うと私の住んでいる場所の放射線レベルが測定できているようです。その内容は近日中に記事にしたいと思いますが、測定回路などちゃんとした情報を解説した記事を作りたいので、ちょっと時間を下さい。

【5月18日追記】
本物のGM管を使った製作記事はこちら。
と、その改良記事
関連記事

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>ちょっと時間を下さい。
待ちますとも!

No title

オールトの雲さんおはようございます。
何だかいろいろ忙しくて、最近記事の更新が遅れてます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード