google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

近所の放射線量を測定

 あの地震から三ヶ月。被災地の方々のご苦労や、いまだ収束しない原発の状況を見ているともっと早くなんとかならないものかと思います。

 ここから先は、この地に住む住人の思いです。福島の方から見るとすごいエゴかも知れません。

 関東このあたりの放射線量は、一ヶ月前の記事に書いたように原発事故で以前の値より上がってしまいました。今日見てみると、川崎市の大島局のデータでは、59.5nG/hで、やはり以前の37nGy/hには到底戻らないように思えます。こんなデータを見てしまうと悲観的になりますが、もっと長期間のデータをグラフ化しているページがあって、こちらを見ると、数ヶ月のスパンでは徐々に放射線レベルは下がっているのが見て取れます。こんな情報が一番知りたいです。

 安易な報道だと、関東の放射線量は全く問題無いように伝えていますが、そんなことは無いと思います。だったら、静岡県のお茶に影響が及ぶ訳はありません。結局は自分で確認した事実が一番重要だと思います。仕事でよく言っていた、「お前、自分で見たのか!、確認には何を使った?」、という言葉が自分に帰ってきたように思います。

 ということで、ここからがこの記事の本題。自作ガイガーカウンターで近所を測定してみました。以下の記事に出てくる数値は私の測定器で測った値なので無保証です。さらに測定値の換算方法にも諸説あるので、判断はご自身でお願いします。

 測定は近所のうしさん公園、かめさん公園、とけいの公園、野球場、城山公園などで行いました。

▼三和の裏の公園の測定風景 (この公園の名前忘れました、子供たちは知ってるんだろうな)
公園の放射線レベル測定
 測定は地面の上にレジ袋を敷き、その上にガイガーカウンターを置いて行いました。測定場所はできるだけ公園の中心で。水が流れた跡があるなら上の写真のように、流れが集まる場所で行いました。
 その結果、どの公園でも測定値は、20~30cpm(0.15~0.23μSv/h)くらい。私の胸の高さくらいだとこの60%くらいの値に下がります。

 原発事故以前の値が判らないので何ともいえませんが、原発事故の影響はあったが、この程度の軽微な影響に留まっているのだろう。というのが私の認識です。
 できれば小学校の校庭や、幼稚園の園庭の中心でも測定したいのですが、いまどきはそんな場所に勝手に入れません。いやな世の中になっちゃいました。

 全部こんな測定結果なら良かったのですが、

▼浅い側溝に溜まった土
浅い側溝にたまった土
 ここでは周囲とは明らかに高い線量!といっても50cpm(0.375μSv/h)程度。この場所以外にも同じような値を示す場所がいくつかありました。高い値が観測されたと言っても、側溝に使われた建材などの影響も考えられるので、土をサンプリングして持ち帰りました。

▼サンプリングした土を測定
サンプリングした土の測定
 ここは私の工作用の机で、放射線測定するための場所じゃないんですけど、

▼サンプリングした土の測定結果
サンプリングした土の測定
 念のために長時間測定を行いました。この写真は13分54秒の時点で、671カウント。ということは48cpm(0.36μSv/h)。ちょとこれー!絶対値は低いけどこのあたりではあり得ない高い値だと思います。断定はできないですが、福島第一原発から放出された放射性物質が濃縮さてれている感じです。
 側溝や集水枡には注意が必要という話を聴いたことがありますがその通りでした。浅い側溝に泥が溜まっているような場所はすぐに掃除した方がいいと思います。
 ちなみに、私がガイガーカウンターの動作確認用に買ったウランガラスの線量率は0.7μSv/hくらいです。ブラックジョークですが、これからガイガーカウンターを作る人は、ウランガラスなど買わなくても、ここの土をちょっとすくって持ち帰ればOKです。なんてこった。

▼バックグラウンドを測定
バックグラウンド
 念のために同じ状態でバックグラウンドを測ってみると、16分で287カウント。つまり18cpm(0.135μSv/h)でいつもの値と変わりません。測定器に異常は無いと思います。

 明らかにサンプリングした場所の土の線量率は高いようです。高いといってもたいした値では無いし、胸の高さあたりで測ると周囲と変わらない値に下がります。しかし、全く影響が無いと思っていたこのあたりで、はっきりと放射線の増加が認められる土壌があったのには驚きました。

 道路の脇でこの測定値を最初に見た時、ちょっと信じられなくて空を見上げました。この空が遠く200km以上離れている福島とつながっているのだなと。

 私が一番正しいと信じているフレーズですが、「自然は人間の思惑などは関係なく自然科学の法則の通りに動いている」。全くその通りだと思いました。
関連記事

テーマ : 東京・多摩地域
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

公園の放射線

私も先日、計ってみました。(主にγ線を拾うGM管を使用しています。)

東京都北東部の公園、約145cpm(地上高数十cm、複数箇所でほぼ同じ値)でした。自宅ですと屋内で30~40cpm、庭で50~60cpmですので、それよりも明らかに高い値でした。

ところでウランガラスのビー玉、探しているのですがなかなか見つかりません。

多摩地区住人さん、こんばんは

東京北東部で線量率が高いという話をよく聞きますが、どうも本当みたいですね。

ウランガラスですが、私は2ケ月くらい前にヤフオクで700円位で、出品者のガイガーカウンターで測った値付きの物を買いました。
今見てみたらその出品者はいなくなってしまっているので紹介できません。またビー玉ではありませんが、これなんか即決800円なのでよろしいのでは。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e115574975
購入の判断は自己責任でお願いしますね、

公園の放射線

他の用事のついででしたが、東京都北東部についての噂が気になり、計ってみたものです。

ウランガラスの件、ありがとうございます。通販等も含め、探してみます。

No title

こんばんは~
あ~~、、やはりそうなんですね~
離れているけど、関東にはもう影響がでているんだと思っていましたが、、。
三和とか京王ストアでアスパラやブロッコリーが福島産ということで、安売りされていますが、安いけど取って行く人は少ないですね。
早期に安定出来るように、東電の方は頑張っていると思いますが、1企業に任せていいんでしょうかね~

また、検査したらレポートをお願いします!

多摩地区住人さん、了解です

また何か情報があったら教えて下さい。

あと、前のお返事に書きませんでしたが、cpm値から判断すると、そのGM管ってソーセージくらいの大きなガラス管のやつですよね。
取り扱いがやっかいだけど、感度が良いのでいいですね。

かず某さん、了解です

そんなに心配する値では無いと思いますが、福島原発から放出された放射性物質が、このあたりでも、探せばはっきりと検出されるレベルで到来していたということだと思います。

福島の野菜、どんどん食べましょうよ。もっとリスクの高い場所でがんばって作っているのだから。

GM管

お察しのとおり、ソーセージ位の太さのガラス管です。

難点は、光電効果があるようで、あまりに明るい(直射日光位)所では、かなり余計にカウントしてしまいます。

ところで、電離箱式のも作ってみましたが、資料をかざしての一時的な変化を見るだけなら、かなり高感度の物ができたこともありましたが、絶対値が見られるような安定度のものは、できずにおります。

No title

初めまして。
私もそう遠くない所に住んでおりますので、放射線レベルが以前より高いというのがとても気になります。
側溝の0.375μSv/hという数値がどれぐらいのものかイメージできないのですが、子供の将来が心配です。今はもう誰も何も対策していませんし。
それにしても、歩数計がガイガーカウンターに化けるというのは驚きです。参考にさせていただきます。
話は変わりますが、ホタルはそろそろかなと思っていましたが、もう出ているんですね。明日にでも町田の方をチェックしてきます。もうダメかな?

oink!さん、おはようございます

はじめまして、コメントありがとうございます。
この数値についてはいろんな受けとめ方があると思うので、ご自分で調べていただいた方がいいかと思います。ただ、ごく一部の場所にしても、放射線量が高い土が剥き出しになっているなんていやですよね。福島はこの10倍くらいなんですが・・・・

あと、ブログ拝見しました。私と同じようなことやられてますね。工作の精度とかとても高いので感心しました。ちょくちょくおじゃまさせていただきます。

ウランガラス

ウランガラス、入手しました。

10個入りの袋を計ってみると100cpmほど。東京都北東部の公園(それも地上高数十cm)の方が高かったことに、驚かされました。

Re:ウランガラス

多摩地区住人さん、おはようございます。
GM管はJ408γをお使いだったと思いますが、感度は633pm(@1μSv/h)だったと思うので、100cpmの線量率は0.158μSv/hということでしょうか。
ウランガラスの線量率はもう少し高いような気がしますが、入手先にもよるでしょうし、大きなGM管に対して小さな線源だと、管全体に放射線を照射できない、ということもあるかも知れないですね。

でも、安定した線源があると、ガイガーカウンターの動作確認が楽になりますよね。

東京都北東部と比較されていますが、そうなんですよね~、私もこの記事の土を採取した場所のこと、ウランガラスを市松模様に敷き詰めたのと同じだーと思いました。

GM管

使用しているGM管は、最近出回ったCK1026です。残念ながら、換算に必要な数値は不明のようです。どなたかの頁で見た記憶では、単位μSVあたりのカウントはJ408γよりも少ないのではないか、となっておりました。

それはともかく、明にウランを添加した物を間近で計ったよりも高い値が、東京の公園(それも地表でなくて)で出ることが、考えさせられました。

多摩地区住人さん、おはようございます

CK1026でしたか、了解です。

ウランガラスに接近させた時以上の線量が、地上数10cmで観測される公園って、どうなんかかなーと思いますね。
最近になって、関東地方でも自治体がメッシュ調査のようなものを始めるようですが、もっとはやく開始すべきだったと思います。

自宅の庭

今頃になって、再びですみません。

少し前になりますが、電動グラストリマで自宅の庭の草を刈りました。最も水はけ等悪そうな裏庭から刈り取られた物の袋詰めにガイガーカウンタをあてると約100cpmで、ウランガラスのおはじき級でした。

草刈りの後、屋内で計った値は若干低下したような感じです。(直後はむしろ逆だったかもしれません。) 草刈り時には僅かとはいえ、きっと私は内部被曝源を吸い込みました。(若年ではないので、よいのですが。)

同じ多摩地区ということでご報告まで。

re:自宅の庭

多摩地区住人さん、おはようございます。
ウランガラス並みの放射線強度ですか、こんなふうに具体的な結果が出るのはショッキングですね。
このあたりに放射性物質が降ってるのは確実なのに、行政は、放射能の測定値に異常無しと言い続けているのには違和感があります。もっと詳しく調べるべきでしょうね。

PS:今朝の読売新聞の地方欄(多摩)で、府中市の農業高校で作った製茶から、規制値の3倍の放射能が検出されたとの報道がありました。

多摩地区のお茶

府中の農業高校のお茶の話、私も新聞で読みました。

昔はよくその前を通っていただけに、多摩地区でもお茶が... と思ったのでした。少しだけ離れますけれど、狭山茶とか、大丈夫なのでしょうか。

うちの庭で明らかに分かる位ですから、府中のお茶も不思議ではないといえば、ないのですが。

re:多摩地区のお茶

稲城市のHPに市内各所の放射線量の測定結果が出ていました。

http://www.city.inagi.tokyo.jp/iza/jishinkanren/housyasen/shinaisokutei/index.html

元の値が判らないので何とも言えませんが、じわっとバックグラウンドが上がったような感じの数値だと思います。
稲城の名産の梨に影響が出なければいいのですが、、

こんばんわ^^

コメントありがとうございました。
是非、一度お話を伺いたいのですが、出来ればメールいただけますか?

私の会社は東長沼ですが、雨どいの下で0.30出ましたT^T

稲城 放射能から子供を守る会さん、

おはようございます。

メールの件はちょっと考えさせて下さい。ずっと非公開にしていますもので、
ただ、このブログやそちらの掲示板を通じた意見交換などで、お手伝いできることがあれば協力させていただきたいと思っています。

あと、雨どいの下で0.3ですか、やはり。
市の調査の最大値は0.09くらいだったと思うので、もっときめ細かく調べる必要がありますよね。

こんばんわ

先日、稲城の東長沼側溝で、2.5-3μ出ましたので報告に来ました。
まだまだありそうです。

稲城 放射能から子供を守る会さん、おはようございます

高い線量ですね、そちらの掲示板
http://www.tokyo-inagi.com/cgibin/ga/joyful.cgi
の10月19日の記事のことですよね。

濃縮が進んでいるのでしょうか。近所を再度測定してみようと思っています。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード