google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ガス温水暖房の室内放熱器(ファンコンベクター)の修理

長年使ってきたTESのガス給湯器の温水を使った、暖房用のファンコンベクターが故障しました。型格はDH-40MEB-T、三洋電機製です

サービスに来てもらったら、温水弁が開かなくなっており、もう部品が無いので修理不能という話だったそうです。

相当古いので新しいのを買うしかないと思いましたが、ダメ元で修理を試みたら案外うまく行きましたので、自分用のメモを兼ねて記事にしてみます。

▼外観はこんな物
ファンコンベクター DH-40MEB-T

▼パネルを外した内部
ファンコンベクタ内部
右上に問題のバルブがあります。

〔以下は2009.12.24追記〕
バルブじゃなくて、制御回路のプリント板の不良を疑ったので、取り出しました。写真の右下にあるのがそれです。
プリント板を一応点検をしましたが、外観上で判る異常は無し。ま、点検といっても部品の焼損とか半田付けの割れとかしか判りませんが、
次に、温水バルブの点検。まずは、電圧を測ってみると動作時はACで97V印加、コネクタを外して抵抗を測ると170Ω。断線はしていないようです。あとで計算すると、この電圧と抵抗値だと55Wもの電力消費になって、こんな小さなバルブにはあり得ない値。この時点で気付けよなー、自分。


▼バルブの動弁機構
動弁部品
バルブのアクチェータを取り外して分解してみました。コイルと磁石が入っていると思っていたら、予想外の構造です。

動作原理はこうなっているようです。
・上の写真の銀色の円盤状の部品はPCTでバルブを開ける時はこれに通電して温度を上げる。
・この熱は左の黒いプラスチックの中の真鍮製の部品を暖めます。
・すると熱膨張でバルブ操作用のロッドが下向きに出てきて、弁を開ける。

うーん良く出来た構造です。バルブを動かすための消費電力は大きくなりますが、小さなメカで大きな力を出すことが出来るし、単純な構造なので故障も起き難いと思います。(実際には故障してしまいましたが・・)

車のエンジン冷却水のサーモスタットも同じ原理だったと思います。サーモスタットの動作は、80℃のお湯に漬けた時にバルブリフトがX.Xmmであることを確認、などの規定があったような。

そうです、バルブリフト量の確認がポイントとなるので、確かめてみました。

▼非通電磁のロッド位置
バルブオフ時
ロッドは引っ込んでいます

▼通電磁のロッド位置
バルブON時
ロッドが1.5mmくらい出てきます。
この状態で回りのフランジ面から僅か(0.3mmくらい)ロッドが出ている状態。

▼バルブの弁体側
弁側、黒い樹脂を下に押すとバルブ開
黒いプラスチックの部品を押すとバルブが開くわけですが、この高さはフランジ面より僅かに下。

これではバルブが開くわけがありません。何でこういう状態になってしまったのか判りませんが、多分ロッドを押す
ワックスが入った部品が変形してしまったのではと思います。

で、対策ですが、ここにシートをはさんでバルブリフトを調整するのが手っ取り早いのですが、固定が難かしそうです。

そこで、少し長くしたロッドを作りました。
▼上が新しく作ったロッド、下が元のロッド
上:新たに使ったピン、下:元のピン
ロッドと言っても見ての通り、M3のビスを加工したものです。

これを組み付ければ修理完了です。
ロッドは下向きの穴に入っていてそのままでは、弁体に乗せる時にストンと落ちてしまうので、落ちないように紙で支えて弁体に乗せ、そっと紙を抜けばうまくいきます。

▼修理が完了した温水弁
温水バルブ
真鍮の鋳物で出来ている部分が弁体、上の黒いプラスチックが動弁機構。この間は両側のビス2本で留まっています。

あ、左側のビスが異常に長いのに気付きました?実は、元あったビスは弁を動かすロッドとして使ってしまったのでこうなっちゃいました。なら、なんでこの長いビスを切断してロッドを作らなかったのか?と突っ込まれそうですが、このビスはステンレス製なので切るのは大変だったから手抜きをしました、はい。

ということで、修理完了。

ここまでやる人はほとんどいないと思いますが、誰かの参考になれば幸いです。
但し、もしおやりになるなら自己責任でお願いします。
------------------------------
コメント欄で、温度センサーや表示に関する質問がありましたので追記します(2010.04.14)

▼修理したファンコンベクターの操作パネル
20100414R0018865.jpg
温度設定は、上げる/下げるの設定だけで、温度の絶対値を指定できるようなものではありません。もっと突っ込むと今の温度表示もありません。

▼温度センサー
20104014R0018862.jpg
この写真の中央右下の白い四角形がセンサーだと思います。形状から判断すると赤外線を検出する焦電素子と思われ、これで床面の温度を測定しているのだと思います。あるいは単なるサーミスタかも知れません。

▼回路図
20100414R0018864.jpg
この回路図の左下のセンサーが温度検出だと思います。回路記号はサーミスタなのでやはりサーミスタなのでしょうか、しかし部品名称にはコンフォートセンサー(ルームセンサー)と書かれているので、単に空気の温度を測っているのではないような気がします。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

温度

はじめまして。

我が家ににも三洋電機製のこの手の機器があり、
どうも温度センサーの調子が良くなく、
室温が低いにもかかわらず本体が熱くなり、
(室温が20度ちょっとでも、本体の温度が30度以上をさす)
この機器を調べたら、ラジペンさんのページにたどりつきました。

大変失礼ですが、質問させてください。
温度センサーなるものがあったか覚えていますでしょうか?
もし覚えておられて、なにか情報をご存知でしたら、
教えていただけないでしょうか?
突然申し訳ございませんが、お願い致します。

No title

ご質問ありがとうございます。

当方のファンコンベクターの温度センサーは赤外線センサーのように思います。裏で直接温度を測定しているようなものがあるかも知れませんけど、

目の前に物があるので、先ほど前面パネルを外して写真を撮って、記事に追加しました。

何かの参考になれば幸いです。

ありがとうございました

わざわざ前面パネルを外し、撮影までしていただき、
本当にありがとうございます。
我が家にあるのは据え置き型で、下位モデルだと思います。
操作パネルはもっと単純です。

前面パネル、外してみました。
据え置き型なので、お湯の出入りのパイプが室外機に向かうため床まで伸びていて、カバーがしてあります。
他は、ラジペンさんと似ています。

そして、み、見つけました!
サーミスタです。
基盤から1本のサーミスタが伸びていました。
先は写真と同じ場所に伸びています。
ん?これではスイッチオン→お湯が循環→パイプが熱くなる→当然周りも温かくなる→サーミスタがすぐ反応するのでは?
そうです、本来あるべき場所にないのです。
以前、誰かが点検?掃除?した際に、他のコードと一緒にとんでもないところに押し込んでいたようです。
本来は、左下(前面パネルを外した写真の左の送風口の下に見える白いものだと思います)に取り付けるようになっていたのです。

これで風を出しても、すぐ室温表示が上がることなく、
快適になりました。

本体に関するサイトがなく、やっとたどりついたラジペンさんのページを見て、さらに追記までしていただいたのを見て、まずは外してみようと思い立った結果、直すことができました。
本当にありがとうございました。
家族全員で感謝しております。

長文、失礼致しました。


直って良かったですね、

poroporoさん、詳しいレポートありがとうございます。

室温を測る温度センサーが本来の位置に取り付けられてなく、もっと悪いことに、温水パイプの温度を検出する位置に置かれていたということですね。

これだと、温度センサーだけが「ぬくぬく」になって、室内は寒々になっちゃいますね。

こんなこともあるんですね、ともあれお役に立てたみたいで何よりでした。

温水暖房トラブル

初めまして、失礼ですが質問させて下さい。
向陽台在住です。去年あたりからファンの回りが悪くとうとう止まってしまいました。今開けてみましたがお湯はまわっています。円筒形のファンはカタカタしていて回りだしません。モーターの焼き付きではないかと思いますが何かアドバイスがあればお願いします。表記の機種と全く同じものです。私は平成5年に入居しました。
突然でもうしわけありません。

re:温水暖房トラブル

masamiさん今晩は

>円筒形のファンはカタカタしていて回りだしません。モーターの焼き付きではないかと思いますが

ここのところがよく判らないですが、軸受けの固着ならばらしてクリーニングして注油できれば復活できそうですが、最近のモーターは簡単に分解できないですよね。
あとはコンデンサモーターだったと思うので進相コンデンサの容量抜けとか・・

すみません、ちょっとアドバイスできそうにないです。

ちなみに、うちは昨年から暖房はエアコン使っていて、ファンコンベクタは片付けてしまってます。

それとそちらのWeb拝見しました。すばらしい!

No title

今晩ワ、masamiです。お忙しい所ご返事を頂きありがとうございました。
今日もいじってみましたが、回ったり回らなかったりと気まぐれです。全体の温度が上がると回らないのでやはりモーターと思います。窓を開けてドライヤーでチェックしましたが温風を当てると止まりますからセンサーはOKです。ヒーターコアーを外さないとモーターはとれそうも無いので今度は風呂場でやってみたいと思いますが、どうも戦中の世代はもったいないが染み付いていて直して使いたい気持ちがあります。
HPは家の近所を撮ったものです。秋の文化祭のUPは逃してしまいました。ありがとうございました。

re:masamiさん、おはようございます

モーターの軸受けが固着しているのでは無くて、少しは回転するのですね。

ならば電気系が怪しい気がしますが、回路図や測定器が無いと修理は厳しそうですね。

ひとつ思いつくのは、風量調整のスライドスイッチの接触不良かも知れないので、左右に何度もスライドさせて接触不良の回復を試みてはいかがでしょう。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード