google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ダイソーの3LEDライトをパワーアップ

 久しぶりに光り物、今回はダイソーの3LEDライトを改造してパワーアップさせてみます。

▼ダイソーの3LEDライト
ダイs-の3LEDライト
 金属製のボディでなかなかしっかりした作りで、明るさも結構あり、これが100円とはちょっと信じられないです。Webを検索してみるとこれを素材にした改造記事がたくさん書かれています。
 このライトを分解するのには、電池ケース側から内部の基板を押せば前面ガラス(プラスチックですが)側から
内部の部品が出てきます。押すといってもかなり強い力が必要なので、私は外径22mmの塩ビパイプで叩き出しました。

▼秋月の白色3WパワーLED
秋月の3W白色パワーLED
 200円でした。ちなみに値札が二重に貼られていて、下の値札には500円の表示が・・・・。最大電流800mA、光束200ルーメン@700mAです。
 以前、電動自転車のライトをLED化した時は1Wの物が300円でしたから、高性能化と価格下落はどんどん進んでいるようです。

 このLEDを取り付けるためには放熱のための仕掛けがポイントになると思います。そこで、作ったのが放熱板

▼LEDの放熱板
放熱板
 厚さ0.6mmのアルミ板が素材で、対向する面の間隔は20mm。金切り鋏で切り出したので面が歪んでいるのが難点。
糸ノコで加工すれば歪まないのですが、めんどうなので手抜きしました。

▼放熱板にLEDを取り付け、配線
LEDの配線終了
 取り付けと言ってもLEDはニ液のエポキシで接着しました。熱伝導度の高い接着剤があればその方がいいのですが、そんな物は持っていない。汗;
 あと、放熱板とプリント基板は両面テープで止めてあります。

▼電池側
電池側配線、抵抗は結局無し
 LEDへの給電ラインを配線します。なお、この写真の時点では電流制限抵抗(2.2Ω2本の並列で1.1Ω)が付いていますが、最終的的にはこの抵抗は無しにしました。そのあたりの話は最後にまとめて書くことにします。
 当然ですが、この作業の前にオリジナルのLEDは全部取り外します。

▼ベロの先端付近にシリコンの伝熱グリスを塗る
シリコン放熱グリスを塗る
 この小さな放熱板だけでは熱の処理は無理なので、ベロを通じてケースへ放熱させる作戦です。ベロとケース間の熱伝導が良くなるよう、パソコンのCPUと放熱フィンの間に塗る伝熱グリス(写真の下の白い物がそのチューブ)を塗っておきました。

▼LEDを本体に差し込む
LEDを本体に入れた状態
 ベロが適度の面圧で出来るだけ広い面積でケースに接触するよう、何度か手直しが必要です。伝熱グリスはベロの形が決まってから塗った方がいいです。

 この上にリフレクタを取り付け、おっとリフレクタが配線を踏んでしまうので、その部分をカットする必要があります。前面の窓を押し込んで取り付けたら完成です。
 この窓は側面がテーパーになっているので、エッジが引っかかる方向、つまりエッジを外側にして押し込めば簡単には出てこなくなります。

▼完成
組み立て完了
 元のLEDがあった穴などが丸見えで格好悪いです。それに裸電球ならぬ、裸LED状態。こうなると、何か文句ありますー、とか言って開き直るしかないです。(笑
 時間があればLEDの周囲にリング状の反射板でも付けて、ボロ隠ししたいです。

▼他のライトと比較
左端が今回製作した物
 左端が今回改造した物。光の放射パターンとしては、裸電球に傘を付けた感じで、放射角120度くらいの広い面積を照射します。明るさが半端じゃないので屋外で撮影しています、それにしても安物ばっかです。

▼電気的な仕様など、
 ここまでは構造的な話だったので、電気的にどんな仕様になったか少し説明します。

 電流制限抵抗はオリジナルの回路では6.8Ωのチップ抵抗がついていて、この状態では130mAくらいの電流しか流れません。抵抗を1.1Ωにしてもアルカリ電池で370mA、ニッケル水素電池で340mAくらいの電流しか流れませんでした。そこで、電流制限抵抗は無しにしています。

 この状態で、新品のアルカリ電池で700mA,満充電状態のニッケル水素電池で550mAの電流となり、このLEDの定格まで電流を流すことが出来るようになります。光量としては200ルーメンは出ているはず。なお、電流はデジタルマルチメーターの10Aレンジで測っているので、測定のためのに入るシャント抵抗は無視できるぐらい小さな値のはずです。

 ちなみにこの状態って、LEDのVfと電池の起電力と内部抵抗の関係が偶然うまく合っていただけだと思われるので、いつも同じようにいくとは限らないと思います。

▼まとめ
 欲を言えばもっと照射角が小さければいいのですが、反射鏡やレンズを持たない光学系なのでしょうがないでしょう。何より、小さなボディから圧倒的な量の光が出てくるのは何だかとても痛快です。それに、補助材料を除くと買った部品の総額はたったの300円なんです。

 なお、改造にあたっては oink!さんのサイトの以下の記事などを参考にさせて頂きました、ありがとうございました。
ランチャー228LM [ヒカリモノ]
関連記事

テーマ : *HandMade*
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。私のランチャーは計算で出た1.3Ωが付いていますが、必要ない可能性が高いですね。私も週末、久々に100均改造ライトを作りました。今度は12V仕様です。安くで遊べるのはいいですね。

oink!さんおはようございます

100均ライト改造で12V仕様ですか、どんなの作られたのか、いろいろ想像するだけで楽しいです。
そのうちブログの記事で紹介されるのかな、

No title

ここのところ老眼の進行が著しく、細かい作業に難儀しています。
近眼の老眼なのですが、どうしても見えない範囲が発生して、それがまた手元附近なので甚だ不愉快・・・
虫眼鏡が必要な雰囲気です。

オールトの雲さん今晩は

そうなんですよね、こういう細かい作業をする時、特にハンダ付けをする時などはもう一枚老眼鏡を掛けてます。
それでもヤバイ場合は実体顕微鏡使ってますが、ここまでやると実視界との差がありすぎて困るんですよね、

明るそうですね

車いじりが趣味なので(直すふりして壊してるとも言われてますが)、こういうの気になります。自動車って電球が多用されているので、そういうのをLEDに換装して消費電力を抑えるのにも興味があります。
LEDの自動車用前照灯もありますよね。高照度のものだと、未だHIDのほうがコスト安みたいですけど。ちなみに170Wくらいのハロゲンランプだとフィラメント断線もよくあるので、その明るさだと50WくらいのHIDのほうがランニングコストでは安く(!)なっている昨今です。

ところで懐中電灯って英米人はフラッシュライトと呼ぶのですが、ドイツでは通用しませんでした。トーチライト(発音はトーシュライト)と呼ぶようです。

そしてJI1Vというのは、お察しのとおり。今月末にその手のイベントがあるらしいので久々に行ってみようかと思っています。

JI1Vさん、今晩は

そう言われれば、前に10年近く乗っていた車はHIDでしたが、一度も球切れはありませんでした。
今はハイブリッドに乗っていて、LEDヘッドライトなんですが、これも明るくて具合がいいです。だけど、ハイビームにすると電球に切り替わって、ちょっと情けない感じになっちゃうんですよね。

それと、やはりJI1Vって、アレでしたか。調べてみたら月末にビッグサイトですね。

分解の方法

自分も改造しようとして買ってきたのですが分解できなくて困ってました。ラジオペンチさんの中からたたき出す方法で無事分解することができました。自分は紫外線LEDを組み込んでUVライトとして、ウラングラスや、蛍石、カルサイトなどの蛍光鉱物を照らして楽しんでます。
ありがとうございました。

オパビニアさん、今晩は

コメントありがとうございます、お役に立てたようで良かったです。

紫外LEDですか、面白そうですね。うちに、ガイガーカウンターの動作確認用に買ったウランガラスがあるのですが、蛍光を出すらしいことは知っているのですが、実際に見たことがありません。
今度買ってみようかと思います。

No title

突然すみません
この方法で改造してみたいのですが
まだ初心者なので全く分からず。。。


この改造に必要な材料を箇条書きみたいに
わかりやすく教えてくれませんか?

ぜひお願いします

Re:すみません

どの程度の知識をお持ちかで必要な材料リストは変わってくると思いますが、

パワーLED: http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03778/
シリコングリス:PCデポみたいな店で
アルミ板:記事中では0.6mmですが、1mmくらいの方がいいです。但し加工が大変になりますが
ニ液のエポキシ接着剤:100円ショップで
配線用の細い電線:DYIショップで

工具は糸ノコやヤスリなど

こんなとこです。うまくいくといいですね。

No title

100均ランチャーライトの基盤をそのまま使用するんですか?
基盤についているLEDライトは力で外すんですか?



あと今日ホームセンターに材料調達に行ってきたんですが
2mmのアルミ板しか売ってませんでした。
2mmでも製作可能ですか?

代わりになるものはありませんかね?

Re:すみません

おはようございます、ご質問を見ていると、そちらで自力で作れるのかすごく不安になりますが、一応回答しますね。

>100均ランチャーライトの基盤をそのまま使用するんですか?
そのまま使います。

>基盤についているLEDライトは力で外すんですか?
はんだゴテではんだを溶かして外します

>2mmでも製作可能ですか?
2mmでは厚すぎて、前面の透明なプラスチック窓が取り付けできなくなると思います。
ホームセンターならもっと薄いアルミ板は置いてあると思うのですが、

>代わりになるものはありませんかね?
銅か真鍮板なら使えますが、アルミよりもっと入手が難しいし、加工も大変だと思います。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード