google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ラプトル50で太陽黒点撮影

 最初にお断りしておきますが、この記事に出てくる写真はラプトル50の実力をフルに使っているのかどうかは判りません。この望遠鏡しか持っていないレベルの人が、こうやったらこうなった、ぐらいに考えてお読み下さい。

 今年になって太陽の活動がやっと活発になり、黒点も増えてます。何とか太陽面の観察ができないかと考え、こんなことをやってみました。

▼撮影風景
貧者の太陽望遠鏡
 ラプトル50の対物の前に、レスキューシートを3枚かぶせて輪ゴムで固定。これで普通に撮影できる明るさになりました。天頂ミラーは、液晶の画面を見易くするのと、直筒だとあまりにも後ろが重くなってしまうのを改善するために入れています。

 なお、ドローチューブは31.7mmの物に交換、三脚も写真用の物を使っているので、ラプトル50オリジナルの部品は対物レンズと鏡筒だけです。

 撮影はコリメート法。接眼レンズはWildの顕微鏡用ハイアイ接眼(10倍)。この接眼にはカメラ取り付け金具を付けっぱなしにしておいて、ここにコンデジ(RICHO GX100)を固定することでいつでも撮影できるようにしてあります。
 
 ちなみに、この接眼レンズは視野が広くて具合いいのですが、こんな金具を付けてしまったので眼視には使えなくなってしまいました。あと、顕微鏡用接眼なのでスリーブサイズは30mm。これを望遠鏡の31.7mmバレルに取り付けるために、フィルムケースの筒を割ってアダプタにしてあります。

 あと、この接眼は顕微鏡用なので、実体顕微鏡に付ければそのまま撮影に使えます。拡大して見てみようの顕微鏡写真はこのアダプタで撮影しています。というか、こっちの方が本職なんですけど、

 この構成で太陽を見るとこんな感じ。

▼コンデジの液晶画面
液晶に映る太陽像
 大きさはちょうどいいのですが、ピント合わせが難しいです。コリメート撮影ではコンデジのオートフォーカスで合焦させるのが常道なのですが、月ならともかく太陽のようにのっぺりした被写体にはなかなかうまくピントが合いません。せめてこの状態で液晶画面が5倍とか10倍拡大できればマニュアルで焦点合わせができるのですが、GX100にはそんな機能は無いです。

 こんな道具で撮ったのが以下の写真。

▼2011年8月7日
2011年3月12日
 8月7日の太陽面。右に1263黒点が映ってます。中央のやや左下に1267黒点が何とか写っています。変な影がありますが、これは接眼レンズのゴミが映ってしまったようです。
 この日の太陽の詳しい状態は8月7日の宇宙天気ニュースをご覧下さい。

▼2011年3月12日
2011年8月13日
 3月12日の太陽面。
 あの大地震の翌日です。電車が止まって自宅待機になったのでこんなことをやってました。大変なことが起こっているのにこんなことやってていいのだろうか、という罪悪感を感じつつ撮影していました。この時点では原発はまだ爆発していなかったんですよね。
 この日の太陽の詳しい状態は3月12日の宇宙天気ニュースをご覧下さい。

 この頃は太陽で大きな爆発がけっこう発生していたので、大地震発生時刻付近に太陽で何か大きな変化が無かったか確認したのですが、特に関連がありそうな現象は発見できませんでした。まあ、そんな因果関係を思わせるような活動があったら、太陽の研究者がいち早く気付いて、騒いでいるはずなんですけどね。

 ラプトル50で太陽面を撮った感想ですが、
 対物レンズ(アクロマート)のコーティングが1面しかないためだと思いますが、とにかくコントラストが悪いです。鏡筒の剛性などを含め、そろそろちゃんとした望遠鏡を買いたくなりました。

 でも、こんなに簡単な望遠鏡でも黒点の撮影が出来たので、とりあえずいい? うーんでも、やはり何とかしなくちゃ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます

来年の金環食の準備は全て出来ているのですが、太陽と少し小さい月の重なった姿だけを撮るだけ、というのもどんなものだろう?
たぶん、この金環食は日本史上一番多くの人が画像に残すことにななるはずです。
な~んか違うことを考えておかないと埋没しちゃいそう・・・と思う今日此の頃です。(かといって妙案はなし)
ラプドルはコストパフォーマンスの高い、いい望遠鏡です。下手な望遠レンズを買うより絶対いいはずです。
私も何台かお勧めして買わせてます。

オールトの雲さん、おはようございます

来年の金環食って、2012年5月21日(月曜日)で、東京では午前7時35分が最大食になることを今確認しました。

これは会社を遅刻してでも撮らないと。

No title

おはようございます!
す、、すごいですね~~。
黒点といえば、中学校だったか、、理科の実験でやったことを思いだします。
こうやって、写真を撮るんですね~
今年の夏の暑さ、、この黒い点を見ると、、さらに現実味を帯びます(笑

かず某さん今晩は、

この撮影は、空倶楽部のオールトの雲さんにもコメントで教えてもらって実現しました。

細かい話は置いといて、太陽は原発と同じ核反応なのですが、これくらい離れると安全なのが不思議、というか地球の生物の存在に絶対欠かせない存在なんですよね。

そんなことを思いながら汗ダクで撮影してました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード