google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

USTREAMで宇都宮さんの「ガイガーカウンター製作ワークショップ」を視聴

 昨夜(2011年8月26日)、宇都宮泰さんの「ガイガーカウンター製作ワークショップ」の様子がUSTREAMで中継されました。

 私も同じようなガイガーカウンターを作っているので興味があり、気になっていました。

 中継は夕方から19:30頃まであったようですが、私は会社から自宅に戻った、18:30以降を視聴することが出来ました。

 宇都宮さんって、市民が使うレベルのガイガーカウンターでは権威だと思うので、興味深く拝見しました。番組全部を見ていた訳ではないのですが、以下は配信を見た感想です。

▼USTREAMの配信
 これはGJでした。sphinksという組織が中継したくらいしか私にはわかりませんが、音声も鮮明だし、カメラも制約の多い状況だったと思うのですが、うまかったと思います。 録画を配信できないのかな、

◆宇都宮さん、
 Webの記事を読んでいると、「ここを拭き清める、」なんて古風なことが書いてあるのでお年寄りかと思っていましたが、私よりずっと若い方でした。たぶん関西の方だと思うのですが、情熱を優しさに包んで熱く語る!てな印象を受けました。配信で拝見しただけですが、とにかくいい方でした。

▼配信を全部見ていたわけではありませんが、技術的な話で気になった点をいくつか、

1)ダイソーの歩数計を高速化改造すると、LCDの表示ががおかしくなる
 宇都宮さんの話によると、70個作ったら10%くらいがそういう状態になったようです。万歩計の高速化改造は私も記事にしているので、注意事項でも追加しておきたいと思います。
 「この点は反省してます、」という声が配信で聞こえてきました。お金を取ってイベントを行うって大変だなー、もちろん利益などは考えていらっしゃらないのでしょうが。

2)シーベルトという値
 自治体などが公開しているSv/hの値は、ガンマ線を測定している。SBM-20はベータ線にも感度があるのでアルミ板で遮蔽した値で比較しないといけない。という説明がありました。
 この点については、ご本人も「叩かれるかもしれませんが、、」という言い方をされていましたが、これは私が一番気になっている点なので遠慮なく叩かせていただきます。

 そもそも、シーベルトという値は人体(生物?)への影響度を測る指標です。この値に物理的な意味など無く、アルファー線からガンマ線、更にはエックス線やら中性子線などまで臨床的な影響度をまとめ、指標にしたと理解しています。

 SBM-20はベータ線にも感度があるのでこれを遮蔽して測るべき、というのはおかしいと思います。
 だったら、自治体が設置しているガンマ線にしか感度が無いシンチレーションカウンターの方がアホなので、こちらに係数を掛けてかさ上げすべきだと思います。

 そんなこと言っても、どれくらいかさ上げしないといけないか判らないじゃん、と言う人が出てくると思います。でも今問題になっている核種は、政府の発表が正しければSc137とSc134のはずです。もちろんベースに自然放射線の影響はありますが、そんなものは中学生くらいの学力があれば補正できます。このあたりの取り扱いが不明確なのは、実はセシウム以外の核種の汚染があるように思えてなりません。ここが私が一番心配している点です。

 あと、ガンマ線だけで基準を決めておけば、原発事故の影響面積は何割かは狭くなると思います。背後にそんな黒い思惑が無いことを祈ります。

▼まとめ。になってませんが、
 すみません、宇都宮先生のワークショップの話からあさっての方向に行ってしまいました。この機会に私の思いを吐露した次第です。お許し下さい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ラジオペンチ様へ

中継を視聴いただきありがとうございます。また、レスポンスいただき重ねて御礼申し上げます。
叩いて頂き、これも感謝します。
しかし、自分が権威になりたくない部分は、考えているのと違う方向に行っているようで、困ってしまいます。

さて、ご指摘のSI単位系シーベルトの問題ですが、かつて私が学んだ単位系はレントゲンで、今回の事故以降にシーベルトについては調べた付け刃なのですが、ご指摘のようにガンマ線以外を無視する手法には納得しがたいものがあります。ただ、外部被爆に限り、核種不明で、それでも統一尺度で表さなければならない場合、いたしかたないのか、という解釈です。それだけではなく、到底承諾しがたい測定位置(高さ)の問題など、思惑だらけなのですが、それも測定手段を手に入れ、測定方法を身につけて、はじめて批判できるものなのではないかと思います。

ワークショップでもこの点について、なるべく定確度測定で得られたCPMをオリジナルデータとすることを強く推奨しているつもりです。

まず、定量測定よりも先に定性測定を、計って見ることの「楽しさ」を広めることが、今現在必要なことなのだと思います。
また、シーベルト換算の問題や測定の方法論についても、これが問題提起になれば本望です。

utsunomiaより

Y.Utsunomia さん、おはようございます

コメントありがとうございます。まさかご本人から、しかもこんなに早くコメントいただけるとは思ってもいませんでした。重ねて御礼申し上げます。

シーベルトの件、外部被爆について統一尺度で表す必要があるならそういうことなんでしょうか。納得しがたいと考えていらっしゃるようなので安心しました。
今回の場合、核種が判っているのだからガンマ線だけの値でいろんな規制値が決まっていく状況は明らかにおかしいですよね。シンチレーターの測定値は、例えば1.4倍の係数を掛けるのが正しいような気がしますが、人によって1.3倍だ、いや1.6倍でとかの議論百出になって収拾がつかなくなってしまうのを恐れているのでしょうか。

あと、お金など度外視して一生懸命放射線測定の啓蒙を行っていらっしゃるお姿、立派だなーと思います。影ながら応援させていただきたいと思っています。

宇都宮様へ

連絡了解です、リンクしていただいてかまいません。

(非公開コメントで連絡いただいています > to others)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード