google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

Arduino 事始め、タイマー割り込みの精度

 Arduinoの勉強をゆっくりとやってますが、割り込みのテストで面白い?写真が撮れたので記事にしてみます。

 持っているボードはArduino UNO R2。このクロックオシレーターはセラロックなのであまり精度が高くありません。じゃ、実際にどれくらいの誤差があるのか測定してみました。

 チップのクロックピンの周波数を直接測定するのでは、プローブの容量の影響で正確な値は得られないので、割り込みを使い、I/Oピンを1秒周期でON/OFFさせるスケッチを走らせます。

 周波数カウンターで測ってみると、

▼1秒割り込みの精度
Ardunio UNOの時間精度
 表示は周波数ですが、+0.024%くらいの誤差があることが判りました。セラロックの精度は0.5%くらいと言われているので、まあ当たりの個体だったのかもしれません。ちなみに、セラロックを手で触って暖めると、あっと言う間に1Hzを割るので、温度特性はかなり悪そうです。

 この誤差で丸一日動かすと、20秒のズレが発生することになります。時計のようなアプリを作る時には要注意ですね。
関連記事

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード