google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

キャラクタ液晶のコントラスト調整回路

 ちょっとネタ切れになってきたので今回は軽い話。SD1602などのキャラクタ液晶のコントラスト調整回路を簡単に済ませる方法です。

▼キャラクタ液晶SD1602
キャラクタ液晶SD1602
 16文字×2行表示でマイコン工作には欠かせないアイテム。

 このコントラスト調整は普通は以下の回路が使われます。

▼標準的なコントラスト調整回路
一般的なコントラスト調整回路

 でも、この回路だと5V電源に10kΩの抵抗がパラに入るので0.5mAも電流を消費してしまいます。ドライブ条件によって変わると思いますが、液晶本体は0.8mAくらいしか消費しないので、これはもったいないです。

 10kΩをもっと高くすればいいのですが、調整がクリティカルになってきます。また、半固定抵抗とか使うこと自体が面倒です。

 コントラスト調整端子(VO)の挙動を調べると、5Vに対して20kΩ程度でプルアップしてあるように見えます。この端子の電圧を0.5V程度になるようにすれば適正なコントラストが得られるので、以下のような回路にすれば簡単だし、ムダな電流を消費しないので具合がいいです。

▼簡単なコントラスト調整回路
簡単なコントラスト調整回路

 左の回路はWebで時々見かけます。液晶内部のプルアップ抵抗とR1で分圧してVO端子に0.5V程度の電圧を与えています。コントラスト調整なんて面倒くさいし調整なんか不要!と考えるとこの回路になると思います。ただ液晶モジュールの種類によってはプルアップ抵抗の値が違っている可能性があるので、R1の値は調整する必要があるかも知れません。

 右の回路は私がやっている方法で、R1をD1のダイオードに交換しただけです。こうするとプルアップ抵抗の値とか気にしなくても、VOに0.6V程度の電圧を与えることが出来るので簡単です。

◆まとめ
 たぶんSC1602など、このタイプの液晶ならうまくいくと思いますが、私がやってみたのはSD1602を2個だけなので、この記事の情報が間違っていたらすみません。
関連記事

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【ラジオペンチ】

 ちょっとネタ切れになってきたので今回は軽い話。SD1602などのキャラクタ液晶のコントラスト調整回路を簡単に済ませる方法です。▼キャラクタ液晶SD1602 16文字×2行表示でマイコン工作には欠かせないアイテム。 このコントラスト調整は普通は以下の回路が使われます?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

電流による調節

5Vでの運用では、100KΩを使って電流調節するという方法も、結構使えます。この場合は、無駄な電力は抑えられて、LCDの個体差も調整できます。
mbedを載せるボードオレンジは、その回路になっています。
 ttp://mbed.org/media/uploads/logic_star/starboard-v15-a4.pdf

air_variableさん、おはようございます

コメントありがとうございます

リンク置いていただいた回路図拝見しました。コントラスト調整したい時は抵抗直列で電流調整が良さそうですね。
特に3.3V電源で液晶を負電源でバイアスする場合は安定したVOを得るのが難しくなりそうですし。

ところで、自炊されててすごいなーと思いました。男子ごはんのケンタローさんの代役出来そう。なんて、
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード