google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

再び、バッテリーの容量測定(LONG 12V 8AH)

 4月22日の記事で紹介したバッテリーの容量測定の追加データーで,5時間率の再測定と10時間率の測定結果です。

▼放電カーブ
放電特性(5時間率と10時間率の比較)

1)黒い線は前の記事と同じデータで、1.6A(5時間率)の放電カーブ。
2)赤い線は 1)の測定後満充電して再測定した結果。
2)黄色の線は 0.8A(10時間率)の放電カーブ。

 再充電でわずかに容量が増えている感じですが、誤差の範囲でした。途中の電圧が少し上がっているので、内部抵抗が若干減少したのかも知れません。

 10時間率で放電させると、10.5Vになるのは6時間24分後。これは容量に換算すると5.12AHで初期容量(8AH)に対して64%ということになります。
 5時間率では60%の容量だったので、10時間率の放電では使える容量が4%増えました。

 負荷が軽いと使える容量が増えるのはバッテリーの特性として知られていますが、このバッテリーの場合は負荷半分で容量増加4%と見れば良さそうです。まあもっと重い負荷では4%どころのペナルティでは済まなくなるのでしょうが。
 それと、20時間率の放電カーブは測定していませんが、たぶんもう4%改善されて68%くらいの残存容量になりそうです。

 2年使ってこの残存容量なら妥当な結果のように思いますが、さて夏に向けてこのバッテリーを交換すべきか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード