google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

電動自転車(エナクル)ライトのLED化

 通勤にも使っている三洋の電動アシスト自転車のライトが切れてしまいました。

 普通なら単純に電球交換ですが、この自転車のライトはモーターの電池の24Vで点灯されているので、24V 5Wという特殊な電球が必要になります。

▼切れた24V 5Wの電球
切れた電球、24V5W
 長いフィラメントを吊るす昆虫の触覚のようなサポートが2本あります。

 実は以前にもランプの球切れが発生してこの豆電球を探したのですが、簡単には手に入らず、結局その時は自転車を買った店で600円以上かかって取り寄せてもらいました。

 たかが豆電球、しかもクリプトン球でも無いのに600円以上です、しかも取り寄せです。ちょっと待ってください、これだと2回くらい電球交換したら格好のいいLEDライトが買えちゃいそうです。

 それに、そもそも24V 5Wの電球というのは、普通の6V 5Wの電球と比べると16倍高い抵抗値が必要になりますが、その分フィラメントを細く長くするしかないわけです。つまり、振動にとても弱くなるはずです。こんな電球を、自転車に使うのは無理があるように思います。

 そんなこと言っていても、不点灯で走っていたら最悪おまわりさんに切符切られてしまいます。そんなことで、本日の工作開始です。

 ちょうど他の目的で買った高輝度LEDがあったので電球の替わりに取り付けてみました。

 以下写真で説明しますが、切れた電球のプラグに、白色高輝度LED6個と330Ωの抵抗を直列に接続する作業になります。まずは電球を紙で包み、粉砕!

▼割った電球という非日常な光景
切れた電球を割る
 お前が悪いんじゃなくて、たぶん設計した人が悪いのよ、怨まないでね、

▼抵抗をプラグに通す
保護抵抗を付ける
 電球のソケットに電流制限抵抗(330Ω)を通し、

▼LED取り付け完了
LED電球完成
 はんだ付けの空中配線で接続完了。
 いいかげんに見えますが、線をからげ、仕上げに再はんだ付けしてあります。使ったLEDは6000~8000mcd、一個33円の物です。

▼自転車のライトに取り付け
自転車に取り付け
 このあとオリジナルのレフレクタレンズを付けて作業完了です。これで計算上は0.5WのLEDライトになりました。

 それで、使ってみると、
 ・自転車の位置を知らせる視認灯としては問題無し。
 ・光が広がりすぎで明るくない。LEDの素子の形が投射されていてかっこう悪い。

 ということで、いまいちでした。
 とりあえずおまわりさんに怒られない範囲にはなったようです。

 今回使ったLEDは放射角60度のものですが、時間があったら20度のものに変えて見たいと
思います。

【1/20追記】
 このやり方の場合、LEDに光拡散用のキャップを付けると、反射鏡にも光が廻るのでもう少しヘッドライトっぽくなりました。

 この後で、もっと高出力のLEDに変えてみました。大改造になりますが、本気でやるならこちら↓もご覧下さい。
電動自転車(エナクル)のライトLED化、たぶん完結編
関連記事

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト レッド TL-LD130-R |キャットアイ(CAT EYE)

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD130-R 3モードフラッシングライト...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード