google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

aitendoのAVRライタ、USBasp-Bが何とか動いた

 買ったもののすんなり動かなかったaitendoのAVRライタですが、何とかArduino-IDE(V1.0.1)から動かすことができるようになりました。

 動かなかった原因はUSBのドライバーのバージョンの問題だったようで、USBaspの本家のサイトにある最新のドライバを指示されたとおりにインストールすることで動くようになりました。

 どうもaitendoのサイトから配布されているドライバは古いバージョンのようです。また、参考にしたUSBaspの解説サイトにもこれを使いなさいということでWindows-XP用のドライバが置いてあるのですがこれも古くてダメでした。ちなみにどちらのサイトのlibusb0.dllのタイムスタンプは2005年(月日は違う)
 現在の最新版のlibusb0.dllのタイムスタンプは2011/5/28。こんなに時期が違うとダメでしょうね、すぐに気付くべきでした。

 それと、ドライバファイルの下記のパスにあるReadMeの指示(下記)に従い、ドライバのインストール後に該当ファイルを差し替えを行いました。(インストール元を差し替えとけばOKかも)
\usbasp-windriver.2011-05-28\libusb_1.2.4.0\libusb-win32-bin-README.txt
ALL ARCHITECTURES:
x86\libusb0_x86.dll: x86 32-bit library. Must be renamed to libusb0.dll
On 64 bit, Installs to Windows\syswow64\libusb0.dll.
On 32 bit, Installs to Windows\system32\libusb0.dll.


X86 ONLY ARCHITECTURES:
x86\libusb0.sys: x86 32-bit driver.
Installs to Windows\system32\drivers\libusb0.sys
 ということで、Arduino-IDEの「書き込み装置を使って書き込む」ことが出来るようになりました。実はちょっとWarningが出てますが、そのあたりは後述します。

 動くようになるとケーブルとかも使いやすくしたいので工作。

▼USBaspで作った書き込みツール
USBaspをフリスクのケースに入れた

▼ケースの中は
フリスクのケースに収容
 基板の後ろの10Pinコネクタは外してケーブルを直付け。外したオスのコネクタは10Pin-6Pin変換ケーブルを作るのに流用しました。

▼ジャンパーの表示ラベル
aitendoのUSBasp-Bのジャンパー
 何だか変な順に並んでます。

▼あると便利な小物
ブレッドボードにあると便利な小物
 左はISPの6ピンコネクタをブレッドボードに接続するアダプタ。右はセラロックを接続するアダプタ。セラロックのアダプタはair variableさんのブログで知りました。ISPのアダプタの方はどなたのブログだったか忘れちゃいました。すみません。(^_^);
 まあつまり、どちらも私のアイデアではないということです。

▼ブレッドボードにISPコネクタを接続
ISPピンアダプタの使い方

▼格安なArduino開発環境完成
これで楽になる
 この状態でArduino-IDEが使えるのはめちゃくちゃ便利です。

 実は私、Arduino-UNO R2を一台持っているだけ。そのUNOを何かに使ってると別のことを始めるのがすごく不便だったんです。だったらUNOをもっと買えばいいじゃん、って突っ込みは、、、んー、それも考えたんですけどね。

 で一件落着かといういうとそうでもなくて。Arduino-IDEから外部書き込み装置を使ってISP書き込みを行うと
avrdude: Warning: Found USB device "USBasp" with old VID/PID! Please update firmware of USBasp!
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.
avrdude: warning: cannot set sck period. please check for usbasp firmware update.
 というワーニングが出て、ファームをアップデートしろと言ってきます。

 sckがセット出来ないというのは、たぶん「もっと高速に書き込めるのに、なんでその機能を使わないんだよ」って言ってるんでしょうね。まあ書けてるからいいのですが、UNOにUSBから書いた場合よりは書き込み速度が遅い感じです。

 うーん、面倒くさい。USBasapのファームをアップデートするためにはもう一台ライターが必要なんですよね。Arduino as ISPという機能を使えばできそうな気がしますが、やっぱ純正のAVRライター買っとけばよかったかも。秋月だと今は3000円で買えるんだよなー。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード