google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

Arduinoで作る気圧ロガー、ソフト解説 V4.0

 夏から気圧ロガーの製作に取り組んでいますが、途中で別な物を作り始めたりしてなかなか完成しません。まだ、ブレッドボードで動き続けていますがそろそろまとめに入らないといけません。

◆ブレッドボードで動作中の気圧ロガー
ブレッドボードの気圧ロガー

 とかなんとか思っていたら、SNSで知り合ったwho-taroさん同じ物を作るという話も出てきてソフトの仕上げを行いました。

 以下、作成した気圧ロガーv4.0のソフトの機能解説です。

 なお、回路図はこちらの記事参照下さい。それと、気圧ロガー関係の記事が多くなってきたので、気圧ロガーのカテゴリを作り,関連の記事をまとめました。使った部品の話などもあるので興味のある方は覗いて見て下さい。

◆表示画面
・通常の表示(NORMAL表示)
NORMAL表示
 起動して何も操作しないとこの画面を表示します。意味の説明は不要でしょう。

・気圧トレンド表示(PRESS trend)
気圧トレンド wait 2 Hr
 左の写真のように過去10時間の気圧の変化をグラフ表示します。画面左の数値は最大/最小値で、表示には毎正時の測定値を使用しています。こういうグラフがあると気圧の変化具合で、ある程度天気の予測が出来ると思います。

 なお、データが二つ以上無いとグラフが描けないので、最初の2時間は右上のようにWait 2Hrと表示します。気長に待って下さい。w データが二つ以上揃えば画面の右側からグラフを描画していきます。でもデーターが全部同じ値の時は FLAT _______ と表示しますが、まあめったに出ることは無いでしょう。

 それと、このグラフは最大/最小値の間を自動スケーリングして描いているので、常に画面いっぱいに表示します。ということで、気圧の変化の振れ幅は左の数値を見て確認する必要があります。

 ちなみに天気図で気圧が安定していても大気潮汐の影響で一日に二回、1.5hPa程度の気圧の山と谷がありますが、これもちゃんと捉えることが出来てます。

・温度トレンド表示(TEMP trend)
気温トレンド
 測定条件は気圧と同じです。このロガーは室内に置かれると思うので室温の変化ということになると思います。

◆表示切替
・SELECTボタンを長押しすると表示画面の切り替え
NORMALモード設定 気圧トレンド表示設定 温度トレンド表示切替え
 こんな画面が順に出てくるので、希望のモードが出たタイミングで指を離すとその表示モードに入ります。

・ENTERボタンを長押しすると表示の自動切り替え
FIXモード AUTO FLIPモード
 こんな画面が交互に出るので、AUTO FLIPを指定すれば「NORMAL」→「PRESS]→「TEMP」画面を2秒間隔で自動切換えします。FIXは自動切換え無しです。

 個人的にはAUTO FLIPが面白いと思いますが、画面がパタパタと変わって落ち着かないと感じる時はFIXにすれば良いと思います。デフォルトはFIXにしてあります。

◆初期設定機能
 気圧と気温のオフセット値および時計の時刻合わせ機能があります。
・SELECTボタンを押しながらリセット(電源ON)で気圧のオフセット入力
気圧オフセット設定画面
 ボタンを離すと上のような画面が表示されます。左は従来の値、右は変更後の値。数値は0.1hPa単位の値で指定、上の例では+7.5hPaの補正を行っています。補正値に負の値を設定することも可能です。
 数値はSELECTボタンで増加、ENTERボタンで減少、長押しすると早送りします。

 早送りのスピードはかなり高速にしてあります。他のことに使ったCPUを使いまわした場合、EEPROMにとんでもない値が入っている可能性があり、最悪では30000とかになっていることもあり得ます。これをゼロ付近に戻すケースを考えて、ちょっと使い難いですが速めの速度にしてあります。それでも最悪は5分くらい時間がかかると思いますが、AVRのライターを準備するよりは速いでしょう。

 なお、EEPROMの初期値は0xFFなので何もしないとオフセットは-0.1になっています。最初に一度はこの機能を使ってオフセット値の確認と調整をお勧めします。

 オフセットはEEPROMに記憶されるので一度設定すれば電源を切っても値は残ります。ちなみにATmega328Pの
EEPROM書き換え回数には10万回という制限があります。ボタンを長押しして高速で早送りした場合、プログラムで毎回書き込んでいるとEEPROMの書き換え回数制限をどんどん消費してしまいます。そこで早送りの最中はEEPROMへの書き込みは行わず、指をボタンから離したタイミングでEEPROMに書き込んでいます。

 このモードから抜けるにはリセット(あるいは電源OFF)して下さい。
 (ボタンが二つしか無いのでこのメニューから抜けるにはリセット以外に適当な方法がありません)

・ENTERを押しながらリセット(電源ON)で気温のオフセット調整
 上記の気圧のオフセット調整と操作方法は同じです。設定単位は0.1℃です

・SELECTとENTERを同時押しでリセットで時計の時刻合わせ
時刻合わせ画面
 SELECTボタンで数値の設定、ENTERボタンで項目(年月日時分)の移動。分の桁を合わせた後のENTERボタン入力のタイミングで時刻合わせを行います。もう少し詳しくはこちらの記事参照

◆その他追加機能
・オフセット値の表示
開始画面にオフセット表示
 気圧と気温のオフセットの値をロガーの開始画面に表示するようにしました。

 以上、V4.0のスケッチの機能説明でした。

 このスケッチは下記のリンクからダウンロードできます
 _20121215_DataLogger.txt(拡張子はTXTになっています)

【2013/11/30追記】
 このスケッチを使う時はRTCのライブラリ(RTC8465)の修正が必要です。詳しくは下記をご覧ください。
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-443.html
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

道草ちう

SNSではAMNJACK,ずっと以前作ったHPやblogではwhotaroなんです。AMNJACK(名字)+Whotaro(名)とでも思ってください。

スケッチはもうすばらしいできばえで,これをいただけるなんてとても幸せなんですが,まだ基板の方が届きません。
ということで,しばらく道草を食ってます。基板上で動作確認して,完成なんですが,今しばらく我慢です。

re:道草ちう

AMNJACKさん、おはようございます。

はい了解です、ゆっくりやってください。
こちらもケースに入れたいのですが、そのケースを買いに行く暇が無くて、いつ完成するか判んないです。
ロガーはACアダプタで動かしっぱなしにしていて、爆弾低気圧でも来ないかなーなんて不謹慎なこと思ってます。

快調です

コピーを作らせていただきました。
オルジナルから変えたのは、
マイクロSDカードを秋月の大きいSDカードにかえた。
これはモジュール内に3.3Vレギュレータが実装されており3.3V電源を作らなくて良い。
関連して分圧抵抗の360Ωの手持ちがなかったので390Ωと750Ωに変えた。
セラロックではなく水晶を使った。
回路はオリジナルそのままですので、快調に動作しています。
只、基準となる温度計も気圧計もなく適当にオフセット値は書き込んでいます。
すばらしい作品を有難うございました。

naoさん、おはようございます

製作成功連絡ありがとうございます。自分の作品が他でも動いていると思うとすごく嬉しいです。

3.3Vのレギュレータ付きのSDカードアダプタがあるとは知らなかったです。情報ありがとうございます。

Re: スケッチ情報のお願い

> 道草ちう様
>
> 始めましてy25ieyasu→ieyasuです。
> v4.0の完成おめでとうございます。
> 大変素晴らしい作品に出来上がったのを拝見し、私もArduinoシールドを公開頂いた配線図を参考に作成しました。
> 本日完成したので、Arduinoに公開頂いたスケッチ(20121215 datalogger.txt)を書き込もうとしましたが、「 Rtc.begin(); // RTCを開始」のところでエラーが出て書き込みできませんでした。素人で大変恐縮ですが、何が間違いなのかご教授賜りたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。Arduino IDEは「arduino-1.5.4と1.0.5」を試しましたが何れもエラーで書き込めませんでした。2013/11/28

道草ちうさん

いちばん可能性が高いのは何か変な文字の混入、全角のスペースとかです。

それ以外だと、RTCのライブラリで問題があるような気がします。
スケッチの最初に
#include "Arduino.h"
と書いておけばいけたような気がします。

こことか
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-330.html

ちょっとこれ以上は思いつかないというか、このロガーはブレドボードで動いた
ので分解してしまったので、すみません、すぐに確認できないです。

re:道草ちう様

昨日は詳しく調べる時間が無かったのでいいかげんなお返事になっていてすみません。

おっしゃっている現象は当方でも再現しています。コンパイル時に、
Rtc.begin(); // RTCを開始、でエラーになる現象ですね。

これはライブラリが古い場合に起こる現象と思われ、対処方法はこの前のコメントに書いています。
で、ちょっとやってみたらもそれだけだと完治しないみたいですね。

もう少し調べてみますね。

IDEのバージョンアップで互換性の無くなったライブラリの修正版をこちらで作って公開すればトラブルは減らせると思いますが、元の作者に著作権があるので、たぶん勝手にそんなことできないんですよね。

RTCライブラリの修正方法

記事の末尾にも書きましたが、RTCライブラリの修正でひっかかる方が多いので、修正方法のまとめ記事を作成しました。

http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-443.html

re:道草ちうさん

非公開でコメントされているので他の方には意味不明になってしまうのですが、

 ・Wire.send を Wire.writeに書換え
が全部出来てないのではないでしょうか。

ここからはお願いですが、コメントは公開でしていただけると助かります。道草ちうさんの遭遇された状況は他の方にも参考になると思います。

非公開になって申し訳ありませんでした。

ラジオペンチ様
こんばんはieyasuでございます。

非公開になっておりましたことお詫び申し上げます。
編集の仕方が分からなかったので、今までの全て公開頂いて構わないのですが、私にはやり方が分かりません。お手数お掛けいたしますが宜しくお願い申し上げます。
また、度々申し訳ありません。お知らせいただきました「Wire.send を Wire.writeに書換え」、26箇所(Wire.write(0x00;)を書き換えしましたが、以下のエラーがarduino-IDE1.5.4の下窓に表示されます。
全部と思いますが、見落としが無いか再度見直しいたします。
その他、ご教授いただけることがございましたら、お知らせ頂けます様、素人で大変恐縮ではございますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。
【エラー内容】
≪C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp: In function 'void spiSend(uint8_t)':
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp:35: error: 'SPI' was not declared in this scope
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp: In function 'uint8_t spiRec()':
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp:44: error: 'SPI' was not declared in this scope
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp: In member function 'uint8_t Sd2Card::init(uint8_t, uint8_t)':
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp:251: error: 'SPI' was not declared in this scope
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp: In member function 'uint8_t Sd2Card::setSckRate(uint8_t)':
C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp:507: error: 'SPI' was not declared in this scope

「C:\Program Files\arduino-1.5.4\libraries\SD\src\utility\Sd2Card.cpp:507: error: 'SPI' was not declared in this scope」が理解できておりません。
11/30

re:非公開になって申し訳ありませんでした。

ieyasuさんおはようございます。公開でコメントありがとうございます。

で、お尋ねのエラーですが、エラーログ見るとArduini1.5.4をお使いのようですが、確か1.0.5もお持ちということなのでそちらを使ってみてはいかがでしょう。

ちなみにうちのArduinoは1.0.5で、この記事にあるV4.0のスケッチをコンパイルしてエラーは出ていません。

1.5.x系はまだベータ版という位置づけですが、スケッチはたぶん完全互換にはならないような気がします。

ご教授頂きありがとうございます。

ラジオペンチ様
おはようございます。ieyasuでございます。
お忙しいところ、素人の私の質問に適切なるアドバイスを頂き、心より御礼申し上げます。
お蔭様で、少しプログラム関係の入り口を覗ける程度に近づくことができました。
早々、ご連絡頂きました「arduino-1.0.5-windows」IDEにスケッチを入れて検証したところ、スムーズに通りました。≪コンパイル後のスケッチのサイズ:27,730バイト(最大容量32,256バイト)≫と検証・書き込みとも同じ値でした。製作の気圧・温度・時計データロガーシールドをarduinoに乗せて動作を確認したところ、LCDの上一列が■■・・表示になるだけでした。恐らくプログラムの書き込みは正常に出来ている(マイコンボードへの書き込みは完了しました。と表示)ものと判断し、本日は製作シールド配線図に照らし合わせチェックする予定でございます。なお、arduino-1.0.5-windowsは別のWinndows XP Professionalに入れており、そのpcで無事コンパイル出来ました。現在、主に使用のXP Professionaruにもarduino-1.0.5-windowsを入れておりますが「ビルド用のフォルダが消えてしまったか、書き込みができません」とエラーが出てだめです。当pcにインストールしたarduino-1.5.4-r2-windowsでは、今までのコンパイルは問題なく通っていました。今後不都合が出た場合は2台のpcで切り分けするように致します。ラジオペンチ様より、ご教授頂きましたことが私に大変多くの学びとなりましたこと、心より御礼申し上げます。引き続き動作の確認結果もご連絡させていただきます。12/1

re:ご教授頂きありがとうございます。

ieyasuさんこんにちは。

コンパイラが通って良かったですね、完成までもう少しでしょう。

ちなみに、この記事に最初にコメント入れられたwho-taroさんが同じ物を作られてます
http://moon.ap.teacup.com/who_taro/927.html

こちらは基板まで起こして本格的な作りになっています。参考まで、

情報頂きありがとうございます。

ラジオペンチ様

こんにちはieyasuでございます。
貴重な参考情報をご提供頂き、ありがとうございます。
早速hpを訪問し、自作基板の素晴らしさに感動いたしました。
私は自作基板を作る技量がありませんので、部品配置等の構成を参考にさせていただきながら、今後は汎用基板に製作する予定です。今は、製作したarduinoシールド基板が正常に動くよう間違い箇所探しに奮闘中です。正常駆動まで、少し時間がかかりそうです。
12/1)

気圧と温度表示がまだ出ません。

ラジオペンチ様

こんばんはieyasuでございます。
回路の見直し(一箇所半田付不具合を修正)と動作確認は18:10分に終わり、その後時間セットとオフセット(気圧・温度)を行いました。今まで(20:43)動かして下りますが、一向に気圧と温度変化はありません。電圧5vと⑧ピン390HZ ⑦ピン1KHZクロックが出ておりますので、回路的には動いていると思います。また、Q1(PNP)トランジスタのコレクタ(周波数2KHZ)には数ミリボルトの変動(LEDは点灯しません)があります。このまま様子を見てゆこうと思います。ラジオペンチ様より、ご教授頂きここまで進展出来たことに、改めて御礼申し上げます。引き続き状況をお知らせさせて頂きます。ここまで、何か未だ手違いがあるようでしたらご教授頂けます様、何卒、宜しくお願い申し上げます。追)SDカードは1G~8G迄挿入しましたが、エラーは出ませんでした。12/1)

re:気圧と温度表示がまだ出ません。

iyeyasuさん、おはようございます

RTCと気圧センサは同じI2Cのバスで動かしているので、時計が動いていれば気圧センサも動いているはずです。
値が変化しないのはなぜでしょうね? センサを指で触って暖めてやると値が変化しませんか?

Q1はI2Cのバスの状態監視で、1秒周期でLEDが点灯していたと思います。トランジスタとLEDの接続に間違いが無いか確認した方が良さそうです。

LEDは点灯・気圧・温度変化はありません。

ラジオペンチ様

おはようございます。ieyasuでございます。
お忙しいところ、適切なご教授頂きありがとうございます。
ご連絡頂きました「Q1のLED周りとセンサの温度変化」につきましては、LEDのA→Kに半田クズが付いておりましたので、取り除き1秒間隔で点滅するようになり、ありがとうございました。
気圧・温度につきましては、手でセンサに触れても何の変化もありません。気圧オフセットを75にしたので、7.5hpaと表示。温度オフセットは0.1に設定したので、0.0℃と表示した状態が続くだけです。時計は昨日設定のまま全く狂いはありません。SDカードの記録内容は≪Record Start. tempOffset=0 pressOffset=75・・・・2013/12/2 10:30 0 7.5 0 0≫とCSVファイルとして記録されております。まだ、他に手違いがあるのでしょうか?・または、大気圧センサーの不具合が考えられるのでしょうか?
お忙しいところ、度々で恐縮ではございますが、ご教授賜りたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。12/2)

re:LEDは点灯・気圧・温度変化はありません。

ieyasuさん今晩は。

≪Record Start. tempOffset=0 pressOffset=75・・・・2013/12/2 10:30 0 7.5 0 0≫
このデーターの最後の二つは温度と気圧のADコンバーターの値なので、ここがゼロということはちゃんとセンサーの値が読めていないことになります。

気圧はADコンバーターの値がゼロなら500hPa付近を表示することになりますが、そっちもゼロということはセンサーのEEPROMにメーカーが記入した校正係数も読めていないみたいですね。

デバッグ用にシリアルにも少し情報を流すようにしてあるので、IDEのシリアルモニタを開いてみて下さい。リセット後に
1000 * coefficient a0, b1,・・・・・という表示の次の行に表示されるのが校正係数で6個あるはずです。たぶん全部ゼロなんだと思いますが、

で、こうなる原因は気圧センサーからデーターを読み出せていないようです。RTCは読めているようなので、問題の範囲はかなり絞られ、気圧センサーまわりの配線が怪しいです。
SCLとSDAが逆?、4番5番ピンが5Vになっていない?とか、

この回路図で何人かの方は動いているので回路図に間違いは、たぶん無いと思います。

何か新たな現象が判ればコメント下さい。なお、平日は仕事なので昼間はお返事できません。

色々とご教授頂きありがとうございます。

ラジオペンチ様

こんばんはieyasuでございます。
お忙しいところ、度々の質問に分かりやすくご連絡を頂き、ありがとうございます。
また、日中お仕事をされてお疲れのところ、大変恐縮しております。
先程、ご連絡頂きました気圧センサー周りの再確認について、ルーペで配線図と照らし合わせましたが、違っている箇所等は見つかりませんでした。少し前まで、大気圧センサを実験(簡単な回路)するサイト(http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/Arduino/Pressure/Pressure2.htm)を見つけ、その方法に沿って別のArduino unoにスケッチを書き込み、シリアルモニタしたところ「500.00 hPa 5654.43 m」とcom画面にデーターが送り込まれております。これは気圧センサが正常に動作しているとの理解で宜しいのでしょうか。度々で申し訳ございません。ご教授賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。12/2)

情報漏れておりました。

ラジオペンチ様

こんばんはieyasuでございます。
先程、当気圧ロガーのarduino-IDEのシリアルモニタデータの確認漏れがありました。大変失礼致しましたこと、お詫び申し上げます。
以下がデーターでございます。
「SD initialization done.
0, 75
1000 * coefficient a0, b1, b2, c12, c11, c22
0.00, 0.00, 0.00, 0.00, 0.00, 0.00
File Name = 131202.csv
2013/12/02 21:32:03, 0, 75」
ご連絡頂いきました通りの結果でございました。
回路に見落としがあるのでしょうか。再度回路図と照らし合わせながら確認してみます。12/2)

re:情報漏れておりました。

ieyasuさんおはようございます

きむ茶工房さんの記事拝見しました。
で、前のコメント訂正します。センサーの値が全く読めていない場合、気圧は500hPaになるはずです。それなのに0hPaになっているのは変です。
また気温も計算式からすると0などにはならないはずでこれも変です。

ちょっとわけがわからなくなってきました。Arduinoのボード名が正しく設定されていないくらいしか思いつきません。

そうやって、簡単なスケッチを試すのは良い方法です。簡単なスケッチが動くようになってから私のスケッチを走らせるのが良さそうです。

それと、配線のチェックはルーペだけではなくテスターで動通とショートしてないか確認することが必要です。

色々とご教授頂きありがとうございます。

ラジオペンチ様
こんにちはieyasuでございます。

早々に、対処方法について、ご教授頂きありがとうございます。
また、お仕事やサイト運営のお忙しいところ、素人の私に時間を費やして頂き、心より感謝申しあげます。
本日ご連絡いただきました、ご教授内容(テスタでの導通確認)に沿って当基板(何度もテスタとルーペを使い確認したのですが)の再確認と、きむ茶工房さんの回路で正常動作の状況を把握した上で、公開頂いたラジオペンチ様の作品に取り付けようと思います。
先程、大気圧センサーの不具合(考え難いのかも知れませんが)も考えられると思い、もう一個注文しました。2~3日で到着すると思います。新しい大気圧センサが到着しましたら、手持ちのセンサと比較してみようと思います。その結果を後日お知らせさせて頂こうと思っております。引き続きご教授賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。
12/3)

完成し、順調に動作しております。

ラジオペンチ様

こんにちはieyasuでございます。
この度はラジオペンチ様に、大変お手数お掛けしながら多くの時間を対や頂きましたことに、改めて御礼申し上げます。
先日注文しました、大気圧センサが先程届きました。試しに、製作しました気圧データロガーに組み込んだところ、気圧と温度が正常に表示され、戻ったデータ(下記)が確認出来ました。

≪SD initialization done.
0, 75
mbs = 64, lsb = 179
mbs = 177, lsb = 255
mbs = 190, lsb = 22
mbs = 54, lsb = 176
mbs = 0, lsb = 0
mbs = 0, lsb = 0
1000 * coefficient a0, b1, b2, c12, c11, c22
2070375.00, -2437.62, -1029.91, 0.83, 0.00, 0.00
File Name = 131204.csv
2013/12/04 15:12:12, 216, 10206
2013/12/04 15:12:13, 216, 10208

何か、先日購入した大気圧センサの不具合だったようです。
これで一安心出来ました。
この度、ラジオペンチ様に、ご教授頂きながら完成できましたこと、arduinoに関する多くのことを学ばせて頂きましたことに、合わせて御礼申し上げます。大変勉強になりました。ありがとうございました。
ラジオペンチ様より、HPで公開頂いております作品の数々が、私の興味を引くもの全てでございます。順次コピーさせて頂こうと思っております。今後とも、ご教授賜りますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます。追)今回製作させて頂きましたシールドは、以前に製作した「Arduino500」というものに乗せております。
12/4)

re:完成し、順調に動作しております。

ieyasuさん、今晩は。

うまく動いて良かったです。そうですか、部品不良とは・・。
連続動作させていれば液晶に簡易グラフが出始めている頃かなと思います。

ieyasuさんからいろいろ書き込んでいただいた内容は、他の方にすごく参考になるのでお気遣いなどいりません。
ともかく何でも勝手にコピーしてやってみて下さい。で、感想いただければこっちが成長できます。

それと、記事に書き忘れていて気になってたのですが、SDカード抜く時は電源OFFにしたほうがいいです。それと重要なファイルが入っているSDカードは使わないでください。

グラフも表示されるようになり、順調です。

ラジオペンチ様

こんばんはieyasuでございます。
お心使い頂き感謝致しております。
ラジオペンチ様より、ご教授頂きました結果、作品が完了出来改めて素晴らしい作品を公開頂けましたことに感謝し、感動しております。今は設置(窓棚に)した場所に動作状態を見に行くのが楽しみです。今週金曜日(12/6)より1週間の出張なので、その前に完成することが出来、心置きなく仕事が出来ます。この度はラジオペンチ様の経験豊かな知識をお借り出来ましたこと、公開頂いております多数のhpを訪問させて頂き、豊富な知識と発想をお持ちであることに、羨ましく感動させられました。どうか、これからもご自愛され、益々ご活躍なさいますことを、お祈り申し上げます。
12/4)

作りました

気圧ロガー作ってみました。素晴らしいです。大変な力作ですね。ありがとうございます。SDカードに保存されたログをグラフ化してみると面白いですね。

re:作りました

Mogartさん、今晩は

ブログ拝見しました。気圧ロガーとアナログ気圧計も作られたのですね。いろんな趣味をお持ちでうらやましいです。ちょくちょく訪問させていただきます。

ところで、どこにお住まいか判りませんが、本州の太平洋側だと今日はものすごい低気圧が通過したので、気圧を見ていて楽しかったのではないでしょうか。

当地では海面換算で986hPaまで下がってました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード