google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

テクトロのアナログオシロ、2465Bの修理が完了

 故障したオシロの修理用の部品がようやく到着したので修理作業再開です。故障の内容は以前の記事に書いてますが、

▼このハイブリッドICが故障したと思われます。回路図ではU950, P/Nは155-0242-01です。
故障したIC
 ロットNo.は JUN 19 96 つまり製造年月日がそのまま印字されてます。

▼新しく購入したIC
購入したIC
 ロットNo.は 422 660 と書かれていますが意味不明です。

▼故障したICを外すとコネクタが見えてくる
ICのソケット
 ここに新しいICを取り付けます。

▼IC交換完了
交換完了
 放熱フィンの付いた大きなICが三つ写ってますが、交換したのは左の少し白っぽいやつです。

▼全体
全体はこんな状態
 全体はこんな感じになっていて、交換したのは左上のICです。

 で、恐る恐る電源を入れると、

▼修理成功!
表示が出て、めでたく修理完了
 ちゃんと画面が表示されるようになりました。値段の高い部品(これ94.99ドルです)を交換する場合は診断ミスが一番怖いのですが、判断は間違ってなかったようです。良かったーー

 この後はサービスマニュアルに従って、Grid biasやFocusなどを調整して修理を完了。

 オシロはもう一台ありますが、やっぱりこの2465Bが動かないと回路いじりする時にモチベーションが上がらなかったです。いつまで動くか判らないですが、大切に使っていきたいと思います。

 なお、修理部品はeBay経由で、 Qservice Electronicsというショップから入手しました。ここは値段は高いですが貴重な部品の宝庫です。インターネットを使ってレアな部品を入手出来るなんて、いい時代になりました。
関連記事

tag : Tecktronix テクトロニクス ハイブリッドIC

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いやはや、恐れ入りました。
オシロを自分で治せるとか、たいしたもんです。
ということで、今年も、いろいろお世話になりました。
また来年もよろしくです(^^)/~~。

ラジオペンチさんと知り合えて、今年は、自分の本来やりたいことへの進捗が大きく進んだことに心から感謝しています。あきらめなくて良かった。

Sunday Gamer さん今晩は

はい、来年もよろしくお願いします、

SGさんのWeb見てると自分の守備範囲外の話題がどんどん出てくるので楽しませてもらってます。

こんにちは

ラジオペンチさん今日はJS1GMUと申します。
私のオシロはTEK2466(350MHz)です。
このオシロは数年前に、静岡県の某有名どころのTEK専門修理会社がオークションに出品したのを落札しました。(確か1万以下、この機種は人気がないらしいですね、DMM付きでした)
で、先週の日曜にラジオペンチさんのオシロと同じ症状になり画面に何も現れなくなりました。
そこで、某修理会社に連絡したら、Z Axis IC U950の交換を薦められ、個人で修理されたらどうかということで5040円で分けてもらえることになりました。
今度の休みに交換してみます。

貴殿のサイトが見つかったのはラッキーです。
ずいぶんとお仕事をされておられるようで、ゆっくり拝見いたします。

2466は画面が小さいので、やはり大きいほうが見やすいですね。アマチュア無線が趣味ですが、にらめっこするのはスペアナが多く、オシロの出番は少ないので、画面が小さいけれどこれでいいかなと思っております。
失礼します。

re:js1gmuさん

今晩は、コメントありがとうございます。

2466をお持ちですか、うらやましいです。
U950が5040円ならすごく良心的なお店ですよね。

私、元は無線やってたのですが、アンテナやら無理なので裏口をごそごそと嗅ぎまわってます。何かお気づきのことなどありましたらコメント下さい。

2466、というか2466Bだと思いますが、直るといいですね。

Tek 2466

ラジオペンチさんこんにちは。
js1gmuです。
オシロの修理ですが、U950を交換してもやはり画面に何も出ず、動作しませんでした。

そこで貴殿と同じように、故障診断フローシートを頼りに探ったところ、高電圧基板に非安定のー15Vが来ておらず、電源基板のー15Vヒューズが飛んでおりました。高電圧基板にー15Vが来なければ、ヒーターも点灯しないし高圧も発生しないということでした。

静岡の某修理会社に連絡したら、乗りかけた舟ということで格安で引き受けますよと、連絡が入り、ありがたいことです。

私は、判りかけた図面といことで、このスイッチングレギュレータ&トランス周辺を少し探ってみてから、トランスとか 高圧モジュールになったときにはギブアップしようと考えております。

失礼します。

re:Tek 2466

js1gmuさん今晩は。

非安定の-15Vが来てませんでしたか。

以前、インバーターユニットの取り外しについて質問された方がいらしたので、そこも壊れやすいのかもしれませんね。
すでに読まれたかも知れませんが、この記事のコメントです。
http://radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-331.html#cm

電解コンがお漏らししたくらいなら直すのは簡単なんでしょうが、トランスや石が死ぬと厄介です。でもそういう部品はめったなことでは死なないので修理頑張ってみて下さい。

お返事ありがとうございます

ラジオペンチ様
js1gmu です。毎日暑いですね。
別宅に計測機器を揃え、修理場にしているのですが、クーラーはありませんので、こうも暑いと体も頭もまるで働きませんね。
さて、オシロの話で恐縮ですが、ちょっと私の説明が不足しておりました。
電源基板は正常らしく各電圧は出ております。非安定のー15Vは高圧基盤に分岐するラインの途中に0.75Aのヒューズが入っており(電源基板に実装されています)これが飛んでおりました。

オシロの電源を入れた状態で、HV基板にー15Vを外部から入れたら、外部電源の電流リミットがかかりー5Vで1A流れます。

自励型のスイッチング電源のような回路ですが、
ブロッキングの変形でしょうか。
マニュアルの説明を読んでも良くわかりません。
トランジスタがON OFF するきっかけはどういうことなんでしょうかね。

長くなりました 失礼します。
 トランジスタは サトー電気に A1646があったので注文しておきました。
土曜と日曜に作業を続行します。

re:お返事ありがとうございます

js1gmuさん今晩は。

失礼しました。コメント書いた後ちょっと引っかかってたのですが、電源はOKで高圧ユニットの-15Vのヒューズが飛んでいたんですね。

そこの回路は一石のブロッキングオシレーターなので、発振しないとトランスが飽和して電流がだーっと流れて、、という状態なんでしょうね。
トランジスタが生きているかどうかはテスターで診断できると思います。でもトランスの不良(確か日本のタムラ)だったらちょっと修理は難しいでしょうね。

高圧の基板(High Voltage Board)はユニットで中古を買う手があるように思いますが、その浜松の業者さんならそこらはよくご存知のような気がします。

修理がんばってください。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード