google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

モバイルWiMAXルーターを固定環境で使う

 仮住まいに引っ越して一週間、やっとブログを更新する余裕が出来ました。w

 短期間だけ住む場所を変える場合に困るのがインターネット環境の確保です。今回引っ越した物件はケーブルTVかVDSLを契約すればインターネット接続が出来ます。でも2ケ月くらいの短期契約だと新規と解約手数料のオーバーヘッドを含めて全部で3万円くらいかかります。
 これじゃやってられません、もっとうまい手は無いかと思って探して契約したのが、 e-ca のレンタルWIMAXルーター

 キャリアはいろいろ選べるのですが、どれがいいのか皆目判りません。適当にWiMAXに決めて申し込み。料金は5180円/月+保証パック420円/月+事務手数料3150円。
 保証パックに入ってないと故障した場合でも5万円取られるらしいです。こういう製品の故障率ってかなり高いはずなので、無保険で使うのはかなりリスクが高いと思います。

▼届いたレンタルルーター、Ateram WM3600R
レンタルのWimaxモバイルルーター

▼パッケージの内部
パッケージの中身
 前に誰かが使ってた物なのできっちりとしたパッケージングにはなってません。A3サイズくらいの両面カラー印刷のクイックガイドが入ってますが、紙がかなりくたびれた感じになってました。

▼本体
モバイルWimaxルーター Ateram WM3600R
 写真では判らないですが、細かいスリ傷があります。商品の性質上、持ち歩いて使うものなのでカバンやポケットの中で、もまれて使われたのでしょう。ちなみに製造年月は2011年12月。

 で、我が家ではこれを固定で使うわけです。送られてきた状態のままでも使えるのですが、自宅で固定して24時間運転させるために、設定を少しいじりました。以下はモバイルルータの設定画面の一部です。

▼セカンダリーSSIDを停止
セカンダリのWEPを禁止
 セカンダリ側はWEP認証用ですが、WEPで使う機器は無いので「使用する」のチェックを外しました。WEPのセキュリティは甘いので使わないなら止めてしまった方が良いと思います。

▼無線LANの電波の出力を最大に
無線LANの出力を最大に設定
 デフォルトでは無線Lanの電波の出力が1/8(12.5%)になっていました。モバイルでの使用を想定してこういう設定になっているのだと思いますが、自宅で使うならこんなに絞る必要は無いので最大出力の100%にします。

▼ステルスモードに変更
ステルスモードに設定
 余計な電波というか情報をばらまかないようにステルスモードにしておきます。

 この変更をやってもWindowsマシンには影響無いですが、一旦接続した履歴が残っているiPhoneだと問題が発生します。そこらあたりの対策はネットにいろいろ情報があるので調べて下さい。

 あと、ここでMACアドレスのフィルタもやった方がいいのですが、接続する機器が多くて面倒なのででパス。短期間の利用だし、AES暗号なのでクラック出来ないはず。本当か?

▼窓ガラスにWiMAXモバイルルーターを貼り付け
窓に貼って24時間稼動
 モバイルルーターに直射日光が当たって色褪せや温度上昇とかするとヤバイので、窓の外にガムテを貼って遮光しておきました。
 ということで、仮住まいのインターネット環境の確保は完了しました。WiMAXの電波が弱くアンテナが6本中2本しか立たないので、通信速度は0.7M~3Mbpsくらい。以前の1/30程度の速度になっちゃいましたが、でもまあ特に不便は無いです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード