google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

壁裏センサー(下地センサー)の製作、失敗でした

 自宅リフォーム後は壁などにいろいろと取り付けないといけない物があります。しっかりと固定するためには石膏ボードの裏に木材の下地がある位置にネジ止めする必要がありますが、この下地を探すのがやっかいです。

 こういう場合は壁裏センサーを使うといいらしいのですがちょっと大げさです。壁裏センサーの原理を調べてみると静電容量を測って下地の有無を判定しているらしい。うーん、ならばうちのテスターの静電容量測定機能でもいけるかも、と思ってやってみました。

▼センサー電極
下地センサーの電極
 プラスチックケースの底の内側に同軸状にアルミ粘着テープで作った電極を貼り付け。

▼静電容量式壁裏センサー
なんちゃて下地センサー
 電極をテスターの容量測定端子に接続すれば、なんちゃって壁裏センサー完成。デジタルテスターの分解能は1pFあるので検出できるのでは、と思っていたのですが、結果は全然ダメ。木がある時と無い時で測定値がほとんど変化しないのでこれでは使えません。

 もっと分解能が必要なのか、あるいは市販の壁裏センサーでは誘電損の測定までやっているのかも知れません。ファンクションジェネレーターとオシロを使い、振幅と位相測定すればもっと精密な測定が可能ですが、たかが壁裏の下地探しにそこまでやる気はしません。

 ということで、正攻法でいくことにして、買ってきました。

▼針式の下地探し
下地探し、「どこ太い」
 ホームセンターで980円。壁の裏の電線をぶすっとやると危険なので、コンセントなどの近くには使わない方が良いでしょう。

 使い方はあちこちのWebに書かれているので説明は省略しますが、これは便利です。下地の材木の幅は30mmが一般的だと思いますが、これでブスブスと探るとかなり高い精度で下地の位置の特定が可能です。小さな穴が開きますが、ほとんど気にならない程度です。

 ついでに、磁石式のネジ探しも作っておきました。

▼磁石式のネジ探し
壁裏センサー磁石
 ネオジム磁石に糸をつけただけです。使った磁石は100円ショップで調達した物で、この記事の後ろの方に出てきます

▼ネジ発見!
磁石で壁裏のネジを探す
 磁石を糸で吊ってぶらぶらさせると、石膏ボードの固定ネジの位置に磁石が直立するので確実に場所が特定できます。

 壁裏の下地の材木は300mmなり450mm間隔で入っているので、ネジの位置が判れば下地の位置を推定するのに有力な手掛かりになります。

 ということで、最初は簡単な電子工作のつもりで始めたのですが、電気なんか使わないローテクなやり方の方に軍配があがりました。

 こんど秋月のLCRメーターを買おうと思っています。こいつは0.01pFの分解能があるし、誘電損の測定も同時に出来るので、もしかしたら壁裏センサーとしても使えるかも知れません。うまくいったらまた記事で紹介したいと思います。
関連記事

tag : 静電容量 木材 テスター

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

見えないところの下を見るアイデアはいろいろあります。
いくつかの製品は確かに市場に出ています。
石膏ボードなどは定尺が決まっており固定はその下地の木の桟(サン?ヌキ?)にボードと同じ色の頭の小さいボード釘で打ちつけてあるので大体わかります。
分からないときは見当をつけ千枚通しで刺してみて手ごたえを見る。
違っていたら水でその穴を適当に塞ぎごまかす。

こんな事をよくしていました。
確かサーモグラフィ等で壁面を見ると表面温度の微小な差で下部構造を推察できる。セメントモルタルの浮き上がりなどを調べる。
又打音検査などでトンネル等の検査をしている筈。
いずれにしても確実性に欠けている筈です。

水が磁性により曲りメッシュがゆがんで映るのを見たのは初めてです。
これよりもっと強力のは磁性流体が現存しハードデイスク等の軸受けに応用されている筈。
簡単な装置で調べる熱意には脱帽です。

No title

そのLCRメータは、欲しいですね。
って、イギリスのPEAKのも大して使わないままですが(笑)。

石膏ボードの固定は、うちは鉄骨にアルミのフレームなので、磁石が使えないことがあります。
電気的に導電性のものがあるかないかを判断しないと、電線をブスリってのは怖いです。4面にコンセントを2個ずつとか、一般家庭住宅より多くの電線を通しているので(笑)。
だから、石膏ボードの差さずに、グルーガンで貼ってますね。どうせ、壁紙が破れようが、なにしようが、もう気にしません。

岡目八目さん、おはようございます

実は、この針を刺す道具を買う前はマチ針でやってましたが、何しろ刺し難いし、まっすぐ刺すのが大変だったんですよね。
専用の道具は使いやすいです、当たり前ですが。

Sunday Gamerさん、おはようございます

石膏ボードの固定方法にもいろいろあるんですね。

この秋月のLCRメーターは破格にもかかわらず多機能なので欲しいですよね。今度、スイッチングコンバーターを作る予定で、それ作るのに持っていた方がいいかな、と思ってます。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード