google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

秋月のLCRメーター DE-5000

 以前から欲しかったLCRメーターを手に入れました。買ったのは秋月で売っているDE-5000で、4700円という格安にもかかわらずデュアル表示が可能です。デュアル表示とは、静電容量(F)やインダクタンス(H)と同時に損失分も測定出来るということです。

▼DE-5000
秋月で販売のLCRメーターDE-5000
 0.1μFのセラコンを測定中で、容量は95.97nFで、D(tanδ)は0.006 。うん、ちゃんと測れてる。

 こういう物を買った時のお約束。早速中を見てみました。

▼分解!
DE-5000の内部
 心臓部の基板は一枚だけ。でもケースの作りの良さは特筆物で、電池カバーのメスネジはインサートモールドになっているし、そもそもモールドが厚くて裏表のケースの合わせ部の作りもしっかりしています。大きなLSIが二つあります。

▼測定用回路とLSI
DE-5000の測定回路部
 写真の下側がケルビン接続になってる測定端子。測定用と思われるLSIは48ピン。LSIの右には水晶があり周波数は24MHz。水晶の周波数がえらく高いのでひょっとしてDSPかな、と思って検索してみたら DSP Based LCR materというのがあるので、DSPで測定していると見て間違いないでしょう。

 LCの値の測定方法にはいろいろありますが、ちゃんと測定するにはベクトルインピーダンスの測定が必要になります。アナログ回路でベクトルインピーダンス測定をやろうとすると、ものすごい高級な回路と部品が必要になります。ところがDSPを使えば、精密な位相とレベル測定なんて簡単なので4700円という安さでLCRメーターが出来ちゃう、ということだと思います。

▼コントローラー部
DE-5000のコントローラー部
 DM5000-1Cと捺印された100ピンのLSIが一つ。これで全体の制御やら単位系の換算、表示とかをやっているのでしょう。このLSIの左下の8ピンのチップは256バイト(2k bit)のEEPROMで、校正係数などの保存に使っているものと思われます。
 写真の奥の中央の白い棒状のものは赤外線通信用のLEDでしょう。

▼ケースの裏側
LCRメーターDE-5000の光インターフェイス
 左が赤外線通信用の光ポート(何と呼べばいいんだろ?)。受信用の素子は無いので無手順でデーターを垂れ流していると思われます。
 左側に変な穴がいっぱいありますが、これはビープ音を聴き易くするために開けたものです。年取ると高い音が聴き難いんです。

▼タンタルコンを測定中
タンタルコンの容量測定
 足の長い部品なら本体のコネクタに挿せば測定出来ます。でも足の短い部品の測定は出来ないので不便。ということでミノムシクリップを使った測定端子を作ってみました。

▼自作の測定端子
DE-5000用の自作測定端子
 どういう部品を使ったのか、電子工作をやり慣れている人ならすぐに判ると思います。長い線がガードです。

 でもこれ、前後にぐらぐらして具合が悪いのでもっと基板を大きくした物で作り直す予定。というか、本体の性能があまりにも良いのに敬意を表して、純正オプションの専用測定用テストリード、TL-21を買おうかと思っています。純正オプションはミノムシクリップの位置でケルビン接続されているのでより高精度測定が可能になると思います。

 純正のテストリードは780円で、内容から考えると悪くない価格です。んんんー、でも同じ780円使うなら別の部品買った方がいいか? どっちにするかは、今度秋月に行った時に店内で決めますw
関連記事

tag : インダクタンス 静電容量 測定器 格安 分解

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

LCRメーター

やはり購入されたのですね・・。もちろん私も愛用しています。 ところでVisual Analyser というイタリア製FFTのフリーウェアがあるのですが、それの最新版(2012・・フォーラムからしかダウンロードできない)にはZLCR測定機能が実装されているようです。少しのハードウェアは作らなければいけないようです。その部分の説明はhttp://www.sillanumsoft.org/ZRLC.htm 並べて使ってみたくなりませんか。すでにご存知でしたらスミマセン。

re:LCRメーター

宇都宮先生、今晩は。何と先生も購入されてましたか・・

それと紹介していただいたリンク先、ざっと読みました。FFT-ZRLC meterですか。というかPCのオーディオ入力でいろんなことが出来るんですね、しかも性能が高い。
この方面は私にとって未知の世界です。覚えておけば何かの時に使えそうです。

No title

ケルビン接続蓑虫クリップもいいですが、SMD用のピンセット型プローブも値段のわりにしっかりしていました。このLCRメータ、米国では相応の値段で販売されているようで、秋月の価格が不思議です!

re:Y.Utsunomia

宇都宮先生今晩は。

SMDプローブ具合がいいですか。ただうちにはSMDの部品は無いです。

でもSMDで何か作ってみたいので実は密かに準備中です。そこいらへんはうまくいったら記事で紹介しますので気長にお待ち下さい。

それと、ebay見ると、高いのはフルオプションだと$140なんですね。
http://www.ebay.com/itm/NEW-DE-5000-High-Accuracy-LCR-Meter-with-SMD-Chip-Probe-Clip-/200933885714?pt=LH_DefaultDomain_0&hash=item2ec897c712#ht_6502wt_1034
こりゃたまげました。

re:Y.Utsunomia追記

あらー、リンク貼ったやつはフルオプションじゃなかったですね。

でも送料入れると秋月のが3台くらい買えそう。転売すれば儲かりそうで、そういう人もいるみたいな感じですねw

No title

なんと! この方は秋月で購入してebayで販売しているんですね。本来はフルセット、専用ケースつきで400ドルくらいのようです。結構転売の人、いますね。 
私の周りの若手連中も、ユーザー多いです。ネット上ではこの機種について賛否両論のようですが、使い方次第と思います。

re:Y.Utsunomia

なんと、確かに。出荷が福岡で日本語の取説付いてますね。
評価欄から履歴見ると5月末にも$140で出品して$172.5で落札されてるw
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード