google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

LTC3112を使った昇降圧コンバーター、LTspiceでシミュレーション

 昇降圧コンバーターは特性測定まで完了したのでこれでおしまい、と思っていたのですが、この際だからシミュレーションでもやってみるか。ということでLTspiceをインストール。

 最初は使い方の勉強を兼ねて小さな回路を動かして喜んでいました。そうこうやっているうちに、Webの解説サイトや解説本を読むと、リニアテクノロジーの石は全部ライブラリーに登録されていて、更にテスト用の回路まで登録されているということが判りました。

 ならば、

▼LTC3112をライブラリから選択
LTC3112を選択
 こんなふうにLTC3112を選択。普通は右下のOKを押すところですが、ここで、「Open this macromodel's test fixture」のボタンをクリック。

▼シミュレーション用の回路が開く
シミューレーション用の回路図

 おー、周辺の回路まで作り込まれた回路図が準備されてます。おまけにシミュレーション用のパラメーターも設定済みという親切さ。

 入力電圧5V、出力電圧5V、負荷抵抗2.5Ωの条件でシミュレーションを実行すると、

▼シミュレーション結果
LTC3112をシミュレート

 最初にグラフの設定などをやっておかないとこんなふうには表示されませんが、電源ONから出力が安定するまでの2.5msまでのトランジェント解析が実行されました。この石はソフトスタート回路が入っているので定常状態になるまで時間がかかります。ちなみにうちのマシン(Core i7-3770)で計算時間は約1分。

 この画面では波形がべったりと塗りつぶされていて判り難いので、拡大表示すると、

▼シミュレーション結果の波形
LTC3112の波形

 上から、入力電流、コイル入り口電圧、コイル出口電圧、出力電圧、コイル電流。

 これは凄い、オシロで測定した波形のまんま。さらに簡単に測定することが難しい電流波形まで見ることができます。

 これ面白すぎてちょっとはまりそうです。これさえあれば実際に作らなくてもいいか、という気さえします。でもそこはシミュレーションなので限界をわきまえて使わないといけないでしょう。

 評価用サンプルをタダで送ってくれて、こんなシミュレーターまで無償で提供してくれているリニアテクノロジー。すっかりファンになりました。
関連記事

tag : LTspiceIV

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

re:LTspice ですね

おー、EAGLEで基板作りですか。私もやってみたいです。

このシミュレーションは波形の変化が激しいので時間がかかるみたいです。タスクマネージャでCPUの負荷を見ると、8コアあるうちの7コア使って一生懸命計算してましたです。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード